ひまつぶし日記 2002年9月下

9月25日 記憶に無い

仕事に行く途中で川に立ち寄り。早朝に現れないとなると早く行く意味も無く7:30。いつものポイントには1人、ですが、下流の方にポイントが移って、そっちに10人ほど。30分もいませんでしたが、タマちゃん現れず。

いつもの本屋でイタリア料理の本を物色。買うほどの本に出会わず。

ケイパーを買う。昨日のWeb検索では写真付きの記事は見なかったのです。オリーブ並にイタリア料理の必須食材なんだから、見れば絶対記憶にあるはずと。イタリア系食材売り場。これ?記憶に無い!

刻むことが多いからでしょうか、見たことも無い不思議なぶつが瓶の中に。直径8mmほどの球形で、モスグリーンに白っぽいつぶつぶ模様の表面。酢漬けです。歯ごたえはしゃきっとしていて、香ばしい味ですね。この味も記憶に無い。はて。

目次 / 次はまだ

9月24日 ケイパー

今日も行ったんですよ。早朝の散歩って思いのほか気分いいものですね。川を覗き込んで、川面とそこに映る空を見てるだけでも面白いです。鯉だけでなくボラも泳いでるし。人が6、7人と少ないのも落ち着いてていい。それでも、1時間以上見てると飽きてきて。いつものように7時まで。

そしたら、なんと10時に出現でしたか。そんなに待ってられませんね。椅子持ってって仕事しながら待つとか。

今日のOS X

OS X系でマシンの引越しに伴うユーザーの移行方法は?

/Developer/Tools/CpMacコマンドなんて知らなかった。リソースフォークもコピーね。-pオプションをつければ変更日もそのままコピー。-rオプションはディレクトリコピー。

今日の料理メモ

料理ってもパスタしか作ってませんが。

ケイパー:フウチョウソウ(風鳥草)のつぼみを酢漬けか塩漬けにしたもの。

ニンニク:味にえぐみが出てしまうので緑色の芯は除く。(白ければいいのか?)

オイル系パスタの基本、ニンニクと唐辛子のオイルを作るのは慣れてきました。しかし、本とテレビとWebの情報だけでどこまでできるのでしょうか。もちろんプロになるわけではありませんが、可能な限りうまいものを食べたいんで。

目次 / 次の日

9月23日 スマートメディアリーダー

今日もタマちゃんですよ。少し早く家を出て現場には5:35。来てる人、減ってますね。昨日の1/3くらい。この時間の10分差は大きくて、ずっと暗いです。雲も厚いのかな、小雨も降ってくる。夕べの雨の影響か透明度が少し高く、50cm程もある大きな鯉が沢山泳いでるのが分かる。7:00まで粘るが現れず。今日は少し下流まで行って、折り返してうちに返る。

いやー、もう去年の2月の話ですよ。ラトックシステムのスマートメディアリーダー (REX-SMA03) が、iBookとiMacで読み込みに失敗するって気が付いたのは。メディア1枚のうち、1個か2個の画像ファイルが正しく読み込めないのです。Windowsに繋げば問題ないのが謎で。3回も修理に出して、2回も本体丸ごと交換になって、結局メーカーでは不具合確認できずに解決しなかった話。販売店にねじ込んで他社の製品と交換してもらっても良かったのですが、Windowsで読み込めばいいやって、面倒になってそのまま。

でね。昨日のどさくさで入れたのが、つい先日2002.9.6に出た、REX-SMA03 用ドライバ(MacOS9.2以前用) 。それが直ってるんですよ。それ使うと読み込み失敗してたファイルがちゃんと読み込める。

今までずっとそのままだったバージョン1.3から一気に2.0になって、「スリープ時の不具合を修正」ってことですが、「ドライバ新規作成」なんですと。なんだよ、ドライバのバグだったんじゃん。

ちなみにOS X 10.2対応版でも大丈夫。(昨日あちこちのシステムでマウントしなかったのは接触不良かな、やはり)

OS XのIMEのことえりって、変換時の同音異義語の横に意味が出るのねー。間違いやすい文字だけかな。便利だよ。

LANのジャックって、電話のモジュラープラグもUSBのプラグもすぱっと刺さりますね。それ3つ並んでるiBookで手探りで入れて間違えても気が付かない。

目次 / 次の日

9月22日 タマちゃん

目撃情報が朝の5:50とか、とにかく早朝に行かないとダメ。てんで早起きして出発。の前にデジカメのスマートメディアがデータでいっぱい。

数カ月ぶりにラトックシステムのUSBスマートメディアリーダーを出してきて、そうそうOS X用のドライバが出たみたいなのでダウンロードしてインスートール。接続。マウントされない!

じゃあドライバが入ってるWindowsを起動して接続。読み込まれない! うう。

iBookにもどってOS 9で起動して接続。ドライバが無い! 入れてなかったっけ。

HDDのなかから探してきて機能拡張書類をコピー、再起動。ドライバが無い!

おや、これいつものOS 9じゃなくて昔バックアップした古いやつじゃん。正しいOS 9で再起動して接続。マウントされない! もう。

最近バージョンアップしたOS 8、9用のドライバをダウンロードしてインストールして接続。マウントされない!

せっかく早起きしたのに、あせるあせる。

メディアを2、3回抜き差ししたら、おや、マウントされた。ひさしぶりなので接触が悪かったのかな。データをHDDにコピーして削除してしゅっぱーつ。

5:45。出現ポイントの某高校の裏。なんてったって地元ですから、大岡川。2回目のチャレンジです。先週は10時近かったですが。すでに20人近く集まってますね。お、テレビカメラまで、って午前2時から来てるってフジテレビ。

昨日見たっておばさんが、熱心にしゃべってます。なんと昨日は6時くらいから10時近くまでこの辺りで泳いでいたとか、向い側の川の縁で休んでいたとか、期待が高まります。

今日はやけに水位が高いですが、水面を見ていると徐々に下がってきます。ここらは海から結構あるけど、流れが緩やかなので潮の満ち引きに影響されるみたい。6時少し前がピークなのかな。それにあわせてタマちゃんが川をさかのぼってくるのでしょう。

7:00。なんと、200人くらい集まってきました。しかし、川の水位は50cmくらい下がってます。下がり始めたらもう来ないんじゃないかな。じっと待ってたら強めの風で寒くなってきたし、てなわけで、ここはあきらめ。

川沿いに下流に行くことにします。一度潜れば7分は潜っていられるし、泳ぎが速いですから、単純に通過されてしまったら行き違いだなあ。

黄金町、日ノ出町あたりの川沿いは怪しいところなので、しろうとにはお勧めできません。あやしいおねえさんに「おにいさん、おはよう」とか、道の向こう側から声かけられたり。軽く微笑みを返しつつ、立ち止まったりしないですたこらさ。

どんどんどんどん歩いて、桜木町だぁ。そのままずっと赤煉瓦倉庫まで。改めて見るととても美しい建物。そこに、なんだか場違いな黄色い派手な車が止まってると思ったら、新しいカウンタックだね。なんと、テレビカメラがあってエンジンルームを写してる。新車紹介番組とかの撮影らしい。こういうのは早朝に撮影するのでしたか。しっかし、その色、ここに似合わないよ。

日曜日の朝がこんなに静かだとは。癖になりそう。赤煉瓦倉庫の向かいに見える大桟橋も、最近建て替えられてきれいになって、とってもSF調な外観。スタートレックのエンタープライズ号が停泊してても違和感ない。旧貨物高架線跡の遊歩道を歩き、途中で下に降りて銀杏並木の大通りにでる。銀杏が何個も落ちてる。強烈に臭いので、ビニール袋かなにか持ってないと持ち帰りはできないね。

9:00。スターバックスを通り過ぎて、そのさきのベローチェで休憩。帰りは地下鉄に乗るが、気になってさっきのポイント近くで途中下車して再びもどる。9:30。人はずいぶん減っていて水位も1m近く下がってる。タマちゃんは現れなかった模様。テレビカメラはまだいる。また明日かな。

平井堅の「楽園の彼方に」って番組を再放送してた。古時計を探してアメリカへ。そこで歌の作者の子孫の家で、歌のもとになったおじいさんの、今はもう動かない時計に会う。

声がいいっていいよね。

目次 / 次の日

9月21日 迷惑メール

「MediaVision OnLine News」てのが「メディアヴィジョンOnLine Shop 」から来るのですが、

このご案内は、体験版ダウンロードサービスをご利用いただきましたお客様に配信しております。 今後、情報を希望されないお客様は、誠にお手数ですがこのメールの内容を残したまま“希望しない”とご記入いただき返信してください。メールアドレスの変更希望の方は、旧アドレスと新アドレスを必ずご連絡ください。

やめるよう返信したのに止まらないのです。「希望しない」ではなく「“希望しない”」と書かないと止まらないとか、なんてどうしようもないバグの結果だとしても許しがたいですね。すごい迷惑。

すでに「再送信禁止義務違反メールの情報提供について」のページから情報を送ったのですが、ここはそれで何かしてくれるのでもないのかな。情報収集だけしかしてないみたい。

OS X版IE5のCookie保存場所は「~/Library/Preference/com.apple.internetconfig.plist」らしいですが、さすが記述はXMLですね。でも、エンコードしてあるのか、読める形のデータがないです。0S9だとブラウザのくせに、ずうずうしくシステムが使うInternet Preferencesに書き込まれてましたが、これもそんな感じですね。

目次 / 次の日

9月20日 OS XにApache 2をインストール

というわけで、これまでの経緯。

9/10

WebDAVサーバがApache 2でクライアントがOS XのFinderの場合、ファイルを読むことはできるが、ファイルやディレクトリの作成 (書き込み) ができない問題。

Mac OS X: Difficulty Using WebDAV Server
This occurs when the WebDAV server is using the Apache 2 Web server. Users of Mac OS 10.0 to 10.1.5 should update to Mac OS X 10.2 or later. Additionally, a configuration change is required for the server. Refer your server administrator or Internet service provider to this document.

クライアントはOS X10.2以降にしろって? クライアントがアップデート必須となると、14,800円かかるんだけど本当なんでしょうか。

9/16

Apache 2をOS X 10.2にインストール。config.layoutに書いてありますが、そのままだと1.3に上書きされてしまいますね。Apache のデフォルト/usr/local/apache2でもいいですが、OS X10.2 Serverと同じディレクトリにしてみます。

./configure --enable-layout=Apache --prefix=/opt/apache2

(prefixだけだと一部上書きされるので)

--with-layout=Apacheは古い書き方。

--show-layoutも使えない。

簡単にコンパイルしてインストール成功。ブラウザのアクセスも大丈夫。

しかしcofigureとmakeに35分もかかるとは。

つーわけで最初からしてれば良かったmod_davを有効化。

./configure --enable-layout=Apache --prefix=/opt/apache2 --enable-dav=shared

mod_dav.soがインストールされるのに、httpd.confに書いたDAV関連ディレクティブがのきなみエラー。

./configure --enable-layout=Apache --prefix=/opt/apache2 --enable-shared=yes --enable-dav=yes

Loadするsoファイルがないって、だめ。

結局DSOが有効にならないわけね。スタティックしか使えないのか。

コンパイル済みのApache 2を持ってくる手もあるけど、それじゃ面白くない。どーしてもダメな場合ね。

IT Boost - Apache 2 のインストール」ではautoconfとlibtoolが必要だって、しかしOS Xにも入ってるぞ。

9/18

Apache Cross Reference
If you are building on Mac OS X (Darwin), make sure to use libtool 1.4.2 or newer.

だってさ。

んで、libtool-1.4.2.tar.gzをダウンロードしてきてインストール、が、失敗。ここで躓くとは。

9/19

ダーウィン・フィンチって鳥が、ガラパゴス島の各島に、少しずつ違う進化をして存在しています。そのフィンチのドイツ語がFink。

Finkってのは、OS XにUNIXのオープンソースプログラムを入れるためのもの。個人が苦労してconfigureのオプションを変えたり、makeファイルを書き換えたりせずともすむよう、パッケージ化してあるものを配付し、また、簡単にインストールとアンインストールができるようにするプログラムもあります。つまり、一つのソフトに対して誰か一人だけが苦労すれば、ほかのみんなは苦労から免れるってこと。

libtoolをインストールするためにはFink。インストールは簡単。うちはプロキシ通るんでその設定。しかしFTPのポート21でだめでHTTPと同じなら動くのが謎。

% fink install libtool14

日本語が表示されますが、10.2ならターミナルの設定でEUCにすれば化けないですね。でもtarで止まる。ファイルが変だって。なのでIEで同じファイルをダウンロードしてきて入れ替えたら成功。うちのプロキシ関係が変なのかな。

さてApache 2のインストール。FinkにはApache 2は無いので、ここは今までと同じ。ありゃだめだ。OS X 10.2ではだめみたい。

OS X 10.15にもFinkのインストールからApache 2まで。こっちは大成功。

9/20

やっとWebDAVの実験。

OS X10.1.5にApache2.0をインストールして、ローカルのFinderからアクセスする方法で実験。読み込み専用ボリュームとしてマウントされてしまうので、リクエストを送る前に拒否されます。httpd.confに「BrowserMatch "^WebDAVFS" redirect-carefully」を書き加えても変わらず。

OS X10.2ではDSOが有効にならないので、スタティックでmod_davを入れて実験。こちらは、ファイルアップロードできても名前変更ができなかったのですが、httpd.confに「BrowserMatch "^WebDAVFS" redirect-carefully」を書くことで正常に使えるようになりました。

というわけで、Apache2.0のDAVサーバに対して、OS XのFinderを書き込み可能なクライアントとするためには、OS X10.2以降が必要ということで間違いないですね。それ以前のユーザはDAVExplorerでも使うしかないです。

おや、変わってる

Mac OS X: Difficulty Using WebDAV Server
This occurs when the WebDAV server is using some versions of the Apache 2 Web server. Users of Mac OS 10.0 to 10.1.5 must update to Mac OS X 10.2 or later. Additionally, a configuration change may be required for the server. Refer your server administrator or Internet service provider to this document.

ねばならないのだった。

目次 / 次の日


(C) Toshiyuki Mori,2002