ひまつぶし日記 2002年11月下

11月30日 iMacうちに来る

預かってたiBookを渡しに行って、下取りのようにiMac DVをもらって来る。iMacはCRTモニタ式としては小さくても、液晶ディスプレイが主流の今どきかなり大きいね。ノートのiBookとはえらい違うわけで、それが知人の買い換えの理由。とりあえず、インターネットをやりたがってる母に使わせてみよう。でもそのまえに色々実験。

まず9.6GのHDDを3Gと6.6Gの2つにパーテーション分けて、3Gの方にOS 9をインストール。忘れずにFirmwareのアップデート (じつは忘れててFirmwareアップデートのマイブームで助かった)。6.6Gの方へOS X Jaguarをインストール。

OS 9とOS XとのAppleTalk接続もなんとか。OS 9側がサーバならいいが、OS X側がサーバの時はTCP/IPを使わないAppleTalkが繋がらないね。なにかコツがあったりして。セキュリティ的に、ADSLルータ経由で接続したMac同士にはTCP/IPを使いたくないんで。

目次 / 次の日

11月29日 AppleTalk

じつは、OS Xが動くMacを2台繋いでファイル共有するのは初めて。そもそもOS XでAppleTalkで共有も初めてだったりする。最近Winとばかり繋いでるし、WebDAVの実験とかして遊んでたりするし。

互いにネットワークの設定で「AppleTalk 使用」にチェックするとAppleTalkで、チェックせずIPアドレスを設定して、TCP/IPの通信できるようにすればAFP over TCP/IP (TCP/IP上のAppleTalk) になる。両方設定してある時はTCP/IPでないAppleTalkかな (未確認)。

クライアント側ではFinderの「サーバに接続」からマウントできる。これは分かりやすい。サーバ側はOS Xのユーザシステムそのままのアクセス権を使う。原理的にあたりまえでも、どこでも適当に共有フォルダを作ってアクセス権を設定する旧Mac OSとの違いが新鮮。

でも、旧Mac OSでの所有者は強力な権限を持ってるかわりにアクセス不許可にできるが、OS Xでは管理者権限のユーザのアクセスを止められないみたいだね。てことはrootのスーパーユーザを作ってしまうと、root権限でアクセスされる可能性もあるってことかな。

旧Mac OSでの内 (ローカルマシン) と外 (ネット) との明確な区別と比較すると、OS Xはずいぶん開かれたシステムって感じ。

小松平さんが冷陰極放電管を入手したのもR-OAさんからで、これがきっかけでバックライト交換サービスを始めたんだしたっけ?

なるほど。そんないきさつもあったのですね。

目次 / 次の日

11月28日 バックライト交換

ネット上でみつけた、ノートブックの液晶のバックライトの蛍光管交換。1は交換サービスとパーツ販売。2は販売だけ。パーツ価格は3,000円から。買うだけなら海外のサイトでもいいし。

  1. R-OAネットサービス
  2. ★★★コムコム通販ホームページ★★★

下記は貝形iBookでの交換方法。1と2で液晶パネルが違いますね。部品メーカーが違うみたい。

  1. ibookバックライト交換方法
  2. iBookのバックライトの交換

秋葉原なら1,000円で売ってるという情報もあり。交通費と探す手間を考えれば、行くことが楽しい人向けですけどね。ちょうどいい長さのものがあるとは限らないし。

そういえばまだだった自分のiBookのFirmwareアップデート。

"iBook Firmware Update 4.1.7"を行うと「規格外の他社製メモリを使用できないことがあります」のがちょっとどきどき、でも大丈夫だった。システム・プロフィールで探すとブートROMが4.1.7f4になってる。FirmwareってブートROMの中身のことだったのね。いまさら納得。firmって堅いって意味だけどhardほどは堅くないんだね。

PRAMをクリアされたせいでOS X起動時に「"network initialization"を待っています」でかなり待たされるようになってしまったけど、一度Ethernetに繋いで起動したら外していても待たされなくなった。普段繋いでないなら、ネットワークの設定でEthernetを外しておいてもいいんだけど。

目次 / 次の日

11月27日 Windows Media Player for OS X

Windows Media Player for OS Xのバージョンで、後から出た日本語版が先行する英語版よりバージョンが低かった謎。英語版と日本語版の主な違いはインストーラの説明文の違いで、英語版でもインストールすれば日本語メニューです。OS Xのローカライズは簡単ですからね。パッケージの中を見ると日本語版の方のファイルの変更日が全部古い。

これは9月に発見し、マイクロソフトに報告して、一月ほどたびたびチェックしてたのにさっぱり変わらず。今日ダウンロードしてみたら直ってました。入れ替わったファイルでインストールして、パッケージの中を見ると、ファイルの変更日と容量は英語版と全く同じに。やはり手違いで古いものを公開してしまっていたのですね。

「Windows Media Playerについて」で確認してバージョンが7.0.01.0125になってる人はバージョンアップしましょう。どこが違うのか定かではありませんが。

マイクロソフトの唯一の脆弱性受付窓口は下記ですが、

http://register.microsoft.com/mswish/suggestion.asp

英語で投稿するのはすごく面倒。なんとかして。

図書館でOS XでJavaの本を借りてくる。最近、読み終わる前に期限切れで返すことが多いですが。

目次 / 次の日

11月26日 new iBook

知人が買ったぴかぴかのiBookを預かってます。セッティングをまかされて持ってきたのですが、まだ箱を開ける前に。

まず持ったときの軽さが印象的。

わたしの貝形iBookと並べると、ディスプレイの明るさが全然違いますね。最近暗くなったと思ってましたが、新しい方の明るさ調整を半分近くまで落としたのと同じとは。しかも黄色くなってるのが古っちい。やはり2年の年月は。

びいさんがディスプレイの蛍光管を取り替えてましたが、わたしも変えよう。以前ちらっとiBookの蛍光管取り替えのページを見たら、ハンダ付けは必要なようで。蛍光管は秋葉で売ってるかな?

バッテリーは75%充電状態。ACに繋いで100%にしたら3:50の残り時間。これはわたしのiBookの新品時の状態とほぼ同じ。今はAirMacカードと256MRAMも入ってますが2時間程度なので半分ですね。リチウム電池は熱で劣化するそうですが、充電時にけっこう発熱しますからね。充電で劣化するニッケル水素電池とあまりかわらないのかも。たぶんACに繋ぎっぱなしが一番長持ちするのはどちらも同じ。って、せっかくのモバイルが。

某ソフトをインストールしようとしたら、シリアルナンバーを入れろと。CD預かったのにシリアル聞くの忘れてた。だめもとでてきとーに入れてみたら通った! これってナンバーくじより当たる確率低いのでは? つまらない所で運を使ってしまった。

目次 / 次の日

11月25日 iMac乱れる

某所BでもiMacの調子が悪いとかで往診。フリーズしたりなかなか起動しなくなったりの症状がでるそうだけど、診てる時には再現しないんだよね。「変な音がする」のはHDDのかな?起動するときのモニターオンのリレースイッチかもしれず。なにはともあれ大事なファイルのバックアップをして、FirmwareのアップデートとOS9.1から9.2へ入れ直し。

先日の某所AのiMac DV、HDDの入れ替えが功を奏さず再発? FireWireの外付けが認識されなくなったと。HDDが壊れたのは確かだが他にも問題があったらしい。電池切れかなぁ。電池が弱くなるとPRAMのデータがおかしくなるらしいし。

iMacの不具合を検索してて発見。某所Aの古い方のiMacに、初期型iMac (CDがトレー式) 用のCPUアップグレードカードを入れると上のDVより速くなる。SonnetのはFireWireポートも増設できてかなりイイ。500MHz版なら約3万(並行輸入で90日保証)から約4万(正規で3年保証)。業務で使うから当然3年保証だけど。勧めてみるかな。
Sonnet | 製品情報

昼食が「横浜家」なんてラーメンチェーン店。きれいで広くて落ち着いた店。具沢山でまずまずおいしい豚骨スープ。麺の堅さを指定できる、が、初めてなので「ふつー」にしたら堅くてダメだった。残念。

目次 / 次の日


(C) Toshiyuki Mori,2002