ひまつぶし日記 2002年12月上

12月15日 SSLv3

Mac IE5のルート(CA)証明書のパスワードダイアログが消えない件。出るのはブラウザを立ち上げて最初にSSLページ(他のサイトでも)にアクセスした場合等1回だけで、すごく邪魔という程ではないけど嫌い。

で、環境設定のセキュリティの証明機関の「リセット」クリックでダイアログが出なくなった。せっかく入れた証明書も消えたけど。

試しにもう一度証明書のインストールをしてみた。パスワードをキャンセルしても空欄のパスワードとしてセットされてしまい、ダイアログの出現は止められない。前に試したときは出なかったと思うんだけど、なにか変わったのかな?

SSLサーバ」にアクセス権の変更を追加。自動起動のためにパスフレーズを解除してしまったら絶対必要かも。そうでなくても秘密鍵へのアクセス制限しなくては。

mod_sslのサイトでhttpd.confで設定するSSL関連ディレクティブを調べる。で、「SSLProtocol all -SSLv3」てのがAppleの設定ページの手本にあるけど、それって、SSLv3を使わない設定だよね。って、Mac IE5.2.2で試してみたら「-SSLv3」がないとエラーになる。なんと、Mac IEのためだけにSSLv3の128bit暗号が使えないの?

【と思ったら使えた。勘違いでした。12.17】

検索したらWin版IE5にも問題があるんだけど、そっちはSSLCipherSuiteに!EXPORT56を書けばSSLv3をあきらめなくてもいいらしい。暗号の輸出規制絡みの問題なんだそうだ。「mod_ssl: F.A.Q.

mod_sslじゃなくApache-SSLだとどうなんだろう。

目次 / 次の日

12月14日 Mac OS XでSSLサーバ

きのうの「Mac OS XでSSLサーバ」の続き。

ベリサイン サーバIDとSSL(セキュア・ソケット・レイヤー) 暗号化通信」を読んでSSLの認証システムをやっと理解。変な訳語を使ってたわたし。private keyは秘密鍵のことだったのか。プライベートは秘密なのか? そんな訳語を中心に、意味もかなりおかしかった説明を書き直し。

ベリサインの使う訳語がほぼ標準なのかな。しかしサーバ証明書をデジタルIDと言い切ってしまうと、ちょっと違うと思うが。

プライベートCAの認証だからブラウザでは警告ダイアログが出る。MozillaだとCA証明書のca.crtをそのままサーバ領域に置いてダウンロードさせたら組み込まれたけど、IE5(Mac)だと

openssl x509 -inform pem -in ca.crt -outform der -out ca.der

としてPEM(Base64)からDER(バイナリ)へ形式変換したうえ、MIMEタイプの関係か拡張子.crtにしてやっと読み込まれる。が。

証明書のパスワードってのをうっかり入れてしまったら、それ以降他のサイトのSSLアクセスでもパスワードダイアログが出るようになってしまった。消えないよー。

というわけで、「Mac OS XでSSLサーバ」の最初の版は意味不明な解説だったわけで、これでやっと広く公開開始。

詳しいサイト発見。

Certificate(電子証明書)とは?

目次 / 次の日

12月13日 セキュアなの

OS Xで「FTPサービス」をオンにしても上位ディレクトリが丸見えなまま。それを防ぐため/etc/ftpchrootを置くとアクセスできないバグだか仕様なのは不便。10.2.2でもまだダメだった。どうせならSFTPがいいって、Fetch以外のシェアウェアFTPソフトはだいたいみんな対応してるんだね。

「リモートログイン」オンでSSHになるってことでOS X2台繋いで実験。Terminalからだとこっちのユーザとあっちのユーザで同じ名前じゃないとダメなのか。そのためにわざわざ新規アカウントを作成してみたり。

で、SSHで繋いでFTP的なことをするのがSFTP。とかうろうろしてたら発見。

Using mod_ssl on Mac OS X

おお、WebDAVのページ作った時にSSLまで書こうと思って、めんどそうでやめてたことだのだ。

書いてあるままにさくさくやったら簡単に成功。勢いで「Mac OS XでSSLサーバ」なんてページを作ってみた。殆どAppleのページの受け売りだけど。まだなにがどうなってるか理解してないで書いてるので、こっそりここだけで公開。

日本語フォントが入ってないコンピュータで日本語表示ができるのは便利。

Shodouka

文字を画像にしちゃうって、10文字くらいまとめて動的に生成してるわけ。ADSLでも表示は遅いけどね。

たとえばとむねこのページとか。

なるほど、S社仕様でしたか。スペースはあるのにね。

目次 / 次の日

12月12日 DVDプレーヤのコントローラ

昨日の続き。

OS XのDVDプレーヤのコントローラには、4つのメインの操作ボタンがある。1クリックでchapter移動、押しっぱなしで早送り巻き戻し再生になる。右側の円形のボタン郡は謎。


OS Xに付属のコントローラ 実物の2/3

OS 9でDVDプレーヤを起動したのは初めて。こっちには、ちゃんと早送り巻き戻しとは別にchapter移動専用のボタンがある。早送り巻き戻しは1クリックで2倍速、2クリックで8倍速再生。それにしても、このかっこわるいデザインにはびっくり。Appleらしくないよね。


OS 9に付属のコントローラ 実物の2/3

OS 9でDVD再生して驚いたのは、メニュー表示やこのコントローラの移動だけでも再生中の画面が止まること。OS Xでは、そんなことくらいで止まったりしないぞ。とても同じマシンで動いてるとは信じられない違い。OS Xの圧倒的な優位さを初めて実感したのだった。

目次 / 次の日

12月11日 WASABI

これまたDVD借りて見た。

広末だと思って見ると、がんばってる具合が気になって落ち着かない。それを忘れて見れば吉。

オープニングの格好良さは、ちょっとどうにかして〜〜〜〜、てくらいに良い。良い良い。

ワイヤーアクションも良い。たとえば、ぶっとばされた相手がおもいっきり後ろに飛んでく動作。最初に使ったのは香港映画だけど、当時のはけっこう不自然だった。この映画の洗練され具合は歴史だね。

例によってDVDのおまけ映像によると、殆ど日本で撮影だからスタッフも日本人が多いのね。のせいか、TAXiと比べれば滑稽な日本趣味というか、日本人表現が少ない気がする。まだあるけど。

盛り上がりに欠けるきらいはあるが、そこそこ面白かった。

DVDって早送り、巻き戻しができなくて不便。かと思った。AppleのDVDプレーヤのコントローラには、「再生」「止まる」とあと2つ、それらしきボタンはある。で、そのボタンをクリックすると次のchapter(章)へ飛んでしまって早送り(早送り再生)されない。戻る方のボタンも前の章まで戻ってしまう。他にはそれらしきボタンが無い。できないんだ。

そんなもんだと思った。chapterは10分程度で区切られてるから、目当ての場面が来るまでじっと我慢。使いづらいが、きっと市販の専用プレーヤならちゃんと早送りと巻き戻しができるんだろーな。iMacのプレーヤはしょうがないな。と結論。

ところがどっこい。今日になって、押し続けると早送り巻き戻しができるのを発見。ひどくない?

押し続けの方がクリックよりも先に進まないってのは理に反してる。押し続けてもいつかは離す。つまり、じっと力を入れ続けたクリックなのであり、押してすぐ離すクリックよりもコンピュータへの働きかけが大きい。大きいんだから大きく移動するのが理の当然のはずなのだ。

逆にすれば理屈は通るが、微妙に早送りするには押しっぱなしを早送りにした方が確かに便利。ならばchapter移動は別のボタンを作るべき。

まあ、いまのままで無理矢理理屈付けるならこう。早送りはコンピュータが頑張ってるからできるんだ、だから押し続けて励ますんだ。なんてね。

他のプレーヤはどうなってるんだろう?

目次 / 次の日

12月10日 マトゥラー/ガンダーラ彫刻展

今日は晴れたのにかなり寒かった。

仏像ファンとしては、仏教美術系の大きな展覧会は見逃せない。パキスタンのガンダーラとインドのマトゥラーは同時期に仏像が作られるようになったそうで、同じクシャーン朝の支配者のもとで交流もあったとか。

一つの展示会にしてもよさそうなものだけど、東京国立博物館の平成館2階のフロアを左右2つにわけて、インドとパキスタンそれぞれの彫刻展を同時開催している形。仲の悪い両国が対抗心を燃やして良いものを持ってきたって感じかな。面白い企画。

マトゥラーの方は白い斑点のある赤色砂岩で、おおらかでやさしい顔の仏像。ガンダーラは青黒い岩で、彫りが深く鼻が尖り口ひげを生やしたアラブ系の顔。互いの影響は肩にかけた布を両方にかけるか片方かってところで、顔つきはあくまで変わらない。釈迦を表現するにしても、自分達にとっての理想像を表現するから、自分達に似た顔になるんだろうね。

目次 / 次の日

12月9日 プリンタ

一日中雪がちらほらでも積雪は午前7時がピークの5cm。横浜の12月としては寒い日だった。

プリンタはたまにしか使わないけど、そろそろ写真画質プリンタもいいかな、と下見。寒い日には暇な店はもっと暇になる。プリンタに詳しい店員をつかまえて、気兼ねなくいろいろ質問。エプソンとキャノンの選択肢なら、小さい、速い、静かでキャノン。きれい、安いでエプソン。だって。

キャノンも十分きれいだけど、機種による差が大きいのと、粒っぽさがまだあるね。今でもキャノンの方が色の再現性が正確なのかな。きれいに見えても意図した色にならないのは使いにくい。

しかし、最高機種のプリンタでも、まだ写真屋さんのプリントにはかなわないんだよね。

目次 / 次の日

12月8日 依頼人

うっかり洋画劇場で見てしまいました。ストーリーに関係ない部分だからって、ばさばさカットされると映画のコクがなくなるんですよね。

面白いです。弁護士役のスーザン・サランドンは昔の女優風に目が大きくてくりくりパーマなのは、なんでか、とか、M.I.Bのおじさんトミー・リー・ジョーンズがちょっと敵役、とか、ERのグリーン先生、アンソニー・エドワーズが出てるとか、本筋と関係ない部分で楽しかったり。

さっきまで紫色だったはずの“おちょこ”がすっかり水色になっている!

今頃回答しますが、それはネオジウムが入ってるガラスです。色合い的に和食器に使われることが多いですね。

ガラス原料あれこれ(2)

目次 / 次の日

12月7日 の作り方

「○○ 作り方」で検索していろんな料理を見てみると面白い。同じものでも材料や作り方が様々あって、それがその料理の定義の幅を知ることにもなる。

なんて理想的な展開では済まなくて、それはないだろって「間違い」な作り方もけっこうあるね。料理のこつと言うか、つぼを外してるんだけど。それが分かるようになった自分が成長したってことだね。むふふ。

そういうわたしが作るのは相変わらずスパゲッティ、しかもニンニクと唐辛子のペペロンチーノ系ばかり。トマトの水煮缶も入れたりするけど、本格トマトソースとは違うし。

次はカルボナーラにチャレンジの予定のつもり。

目次 / 次の日

12月6日 色温度

印刷前提ならモニタの色温度を6500°Kにするとプリント結果と近くなるので気持ちいい。iMac程度のモニタだと、どうせ印刷とは違うんだからって早々に諦めてたけど、ちゃんと設定すればかなり近くなる。プリンタが、色の正確さで定評のあったアルプスのだけどね。

某所BのiMacが起動しなくなったとの連絡。HDDクラッシュ来たー、と思ったら機能拡張書類のコンフリクトだった。使わないものが結構入ってたので、必要最小限に減らして再起動したらあっさり復活。

特に何かの機能拡張書類を追加するようなことはしてないので、どれかの書類が壊れたのだろう。一部のアプリケーションでは、機能拡張書類に設定データまで書き込んでたりするので、たまに壊れる。

すっかり忘れてたけど、HDDのクラッシュより前に考慮することがあるよね。起動しないと言ってもどこで止まるかで全然違って来る。とりいそぎ、症状別に対策リストを作って渡す。

焼きたてのパンを食べたのは久しぶりかも。炊きたてのご飯のようにおいしい。

最近舌が肥えてきて、感動が減ってきたような気がする。困ったもんだ。

目次 / 次の日

12月5日 バッテラはサバ

なななんと、わたしのiBookのバッテリの持ち時間が1時間18分だって? いつのまに。最近まで2時間以上は使えてただよ。

貝形iBookのバッテリって6時間使えるのが売りだった。買った当時を思い出してみると、実際はネットをさまよってて4時間半ほど使えた。

で、256Mメモリを入れて、AirMacカードを入れて、HDDを6Gから30Gに換装して、その都度メモしてないから影響の程度が分からないけど、それにしても1時間18分とは、いよいよ弱ってきたか。

うーむ。

暗くなったディスプレイも影響あるかもね。最高輝度にしてあるから、明るくなくても電力は使ってるかもしれない。

ちなみにAppleの在宅バッテリ交換(つまり送ってきて自分で換える)で17,000円。

iMac DVの後ろの端子から、17インチCRTモニタに繋いでみる。比べると17インチが赤い。ミラーリングだけで同じ信号を送ってるから、調整すると今度は本体の方が青くなる。まあ、それはいいけど、本体だけモニタオフにできないのかなぁ。

映画映してみた。すこし大きくなっただけでも感じがいい。iMacの解像度の限界だから、これ以上大きくしても荒くなるだけなんだよね。iMac DVのDVDプレーヤとしての限界ね。

目次 / 次の日

12月4日 マフラーしよう

今日のガッテン

マフラーを巻くと手足の先が冷えない。

手足が冷えるのは、もともとは、寒い時に手足に行く血流を減らして内臓の方を保護する生存に必要な機能。で、そのセンサーが首(特にのど側)にあったのでした。

つまり、厚着をしていても首を冷やすとオンになります。しかも一度オンになると1時間近く戻らない。オフにしておくには、マフラーをきちんと巻いてから寒い所に出ること。

ということは、体を冷やして首だけ温かくするのは危険なのかな?

もともと貰い物のYAMAHAのISDNルータRTA50iを知人にあげたんだけど、設定はやっぱり難しいみたいだね。高機能でデザインとネーミングとサポートが最高なのにね。それに比べて今使ってる某社のADSLルータのちんけなこと。

サポートが良かったのは、ひとえにYAMAHAの担当者の熱意だったと思うけど、他の製品はどうなんだろう。

目次 / 次の日

12月3日 FireWire HDD

某所AのiMac DVは、単にFireWire HDDをマウントする機能拡張がこわれていただけで、フリーズもそれの読み込み時に起こってた。

使ってるOS 9.0.4はちと古いが、9.1、9.2とかなり大幅な変更があって、OSだけバージョンあげても動かなくなるソフトもあるから古いまま。その代わりFireWire HDDを繋ぐために、FireWireだけのバージョンアップとマウントソフトの追加が必要で、それが壊れてたのです。

9.1以降なら、OSデフォルトのままで繋がるしマウントできます。

ついでに。Macの純正FireWire端子は電源オンの時(スリープ中もダメ)に繋げてはいけません。
Macの本体標準 FireWire ポートのご使用に関して

てなわけで、iMac DVはただHDDが壊れてただけってことですね。自分のマシンでは、ソフト的にクラッシュしたことはあってもハード的にお釈迦になったことがないし、今回はよそんちのマシンなので、だんだん壊れてくHDDの微妙な徴候を把握できなかったのでした。

そうそう、ついでにマイブーム、Firmwareのアップデート。iMac Firmware Update 4.1.9 (DV用)ね。実行するには9.1以降のOS上からしかできませんが、したあとは9.0.4でもちゃんと動きます。って説明がほしいぞApple。

で某所Aの忘年会に参加。

目次 / 次の日

12月2日 60セカンズ

iMac DVはDVDが見られる。じつはDVDプレーヤは初めてだから、さっそく体験。

レンタルビデオ屋で、いつもは見て見ぬ振りのDVDコーナーで物色。VHSカセット程かさばらないにしても、店の一角だけで品揃えはまだまだ。

で、選んだのが「60セカンズ」。車泥棒の話ね。いいひと世界一って感じのニコラス・ケイジ主演ですよ。でもこの役にはぴったり。アンジェリーナ・ジョリーの唇はあいかわらずえっちだし。ストーリーは単純だけど、かっこいい映画。

'67 シェルビーGT500 だって、くぅー。それでカーチェイスやるのかーーー。じつはふつーのマスタングを外見だけそっくりに改造した、なんちゃってシェルビーをスタントに使ったらしい。そりゃそうだよね。

さて、気になる画質は、iMacの15インチでシネマサイズの横長画面は小さい。テレビを見る時より近付いて、コンピュータのディスプレイを見る感覚で見ればいいけど。今度は17インチの外部モニタを繋いで見てみよう。

DVDは英語でも日本語でも字幕でも選べるのが便利。あと特典映像ってのがあって、これは映画館で買うパンフレットの動画版だった。好きな映画だったら所有したくなるのがDVDなんだろうね。

OS X 10.2.2のバグをわざわざ使って、カーネルパニックを初めて経験。画面が暗くなり、中央に白い半透明の窓が出て4か国語の注意書きが出る。フォントがギザギザですごく読みにくいんですけど。わたしの環境だけ?

OS X 10.2.2にカーネルパニックのバグ

ちなみに、10.2.0だとパニックにならないね。

家の側の電柱にバックしてきたダンプがぶつかって、その音にびっくり。5度くらい傾いたね。電柱差し替えだって。

目次 / 次の日

12月1日 OS Xのファイル名

某ソフトのインストールCDを探してたら、7年前のクリスマスCDが出てきた。ワムのLast ChristmasがメインのCDだよ。クリスマスソングってどれもこれも切ない気分になるね。や、そういう思い出ってことより、妙に感動を呼ぶ映画やTVドラマの影響だと思う。。

OS 9では問題ないが、OS XのFinderでは文字化けして読めない日本語のファイル名があって、OS X同士のファイル共有でエラーになる。AppleTalkオンでは、それが入ったフォルダのコピー中にいきなり切断されたし、AFP over TCP/IPでは「表示できない文字か長いファイル名のファイルがあります」とアラートが出て、そこでコピーがストップ。

そのファイルはOS 9同士の共有なら問題なくコピーできる。そもそも旧Mac OSではタブや0x00までファイル名にできてしまってエラーにもならなかったから、なにかの間違いで変なコードが混じってる可能性はあるね。

今回の場合は頭と尻に0x83が余分に付いてるんだけど、OS 9のFinderでは1バイト目を無視して、2バイト目から2バイト日本語文字として認識して表示するので見た目じゃわからない。それがOS XのFinderでは0x83から文字として認識して、他の文字も全て1バイトの欧文文字として表示する。

それは本来のファイル名じゃないから文字化けと言うけど、欧文のアクセント付き文字をファイル名として表示できてるOS XのFinderがえらいよね。どのあたりまで各国語のファイル名を付けられるんだろう? たとえば、チベット語はフォント入ってないから表示はできないが、コードとしては付けられそう。

しかし、相手がOS Xとは限らないAppleTalkだと、OS 9的には2バイト日本語と欧文アクセント付き文字は共存できないから、表示できない文字ってことになるのかな。

前の日 / 目次 / 次の日


(C) Toshiyuki Mori,2002