ひまつぶし日記 2002年12月下

12月31日 大晦日

うだうだとすごす。つーか掃除をする。

三洋電機のビデオにバグ があって、年越しのタイマー予約でリモコンからの予約ができない、という話。うちのも三洋。録画予約してみたら見かけ上はうまくいってるけど。て、機種が違った。

ビデオテープレコーダーの予約録画不具合について

目次 / 次の日

12月30日 無線LAN暗号化計画 (6) (OS XのIPsecの鍵編)

正月用品の買い出し。しかし食品売り場は混んでんね。正月ったって、元日からやってるスーパーはあるし、2日ならだいたい開いてるよ。みんな本当に必要で買ってるのかな? 寝正月だったら、買物に行かなくて済む分は必要だけどね。

そういうわたしは、正月に作るスパゲティの材料を買ってたりする。

IPsecは繋がった。けど、そういやパスワードも鍵も作ったり書いたりした覚えが無い。わざわざ読めないよう600に設定してるpsk.txtてのに鍵があるらしい。見てみたらどっちのMacも同じだよ。そうだよ、最初から入ってるんだから、どのMacでも同じだよ。これじゃぁ全然秘密になってない。みんなが同じ鍵持っててもね。

というわけで、鍵の設定。このさいracoon.confを全く書き換え無しで使ってみよう。てんで、psk.txtの内容。

macuser@localhost    ***************

と*部分を適当に書き換えて鍵にする。

kame        hoge

は意味不明だからコメントアウト。

psk.txtのパーミッションは600でないと動かない。で、はまる。FAQなんだね。AとBと鍵が同じなら繋がって、違うと繋がらないのを確認。これでやっとセキュアになった。

参考:RacoonにおけるさまざまなIDの取り扱い

あとはracoonctlをどう使うのかが謎。

せっかくできたけど、GUIでの設定ソフトもあるんだって。まあ、それはそれとして。

AFP548.com: Vapor

【せっかくだから「Mac OS XでIPsec」としてまとめた。03.1.2】

OS X側でIPsecができるとなると、Win95機はUNIXにしたくなる。95用のIPsecクライアントも見つけたけどね。IPsecルータ機器のおまけソフト。ライセンスがいまいちはっきりしないんだけど。

Linuxにしようかなって、最新版添付のLinuxマガジンを買いに行ったはずが 、FreeBSDもいいかもって考え直す。なぜって、せっかく覚えたKAMEとRacoonのIPsecはBSD用なんだよね。Linuxにはまた別のものを使うことになる。ううむ。

「Web&Mail&Mac講座」の更新履歴がうっとおしいくらい多くなったので別ページにした。ちょうど年の区切りだし。

目次 / 次の日

12月29日 無線LAN暗号化計画 (5) (OS XのIPsec編)

「エグゼクティブ・デシジョン」て映画。

スチーブン・セガールが主役かと思ったら、カート・ラッセルが主役。この手の“悪の計画を阻止する系”の物語は、主人公が成功すれば心配するようなカタストロフィが起こらない、のがジレンマだね。映像表現としては見てみたいわけで。さすがに主人公の想像上の映像なんてのはかっこわるい。

OS X 10.2でIPsecが標準で入ったのだが、GUIのクライアントが無いし、どうやって使うのか書いたページも見つからなかった。

つらつらとwakatonoさんの「Linux以外のIPSecスタックとの相互接続[前編]」を読んでて、

% sysctl -a | grep ipsec

としてみたら、お、OS Xでもまったく同じだ!

OS X内のファイルを探したらいろいろ出てきた。

etc/racoon/racoon.conf
etc/racoon/psk.txt
/usr/sbin/racoon
/usr/sbin/racoonctl

Simple Configuration Sample of IPsec/Racoon」読んだら、なんだか簡単にできそうな予感。

やってみた。

簡単に動いた。

簡単すぎてちょっと不安。

ホスト A <192.168.0.2>とホスト B <192.168.0.8> を接続する場合。

  1. Aの/etc/racoonにkame.confを作る。下記が内容。
    spdflush;
    spdadd 192.168.0.8 192.168.0.2 any -P in ipsec esp/transport//require;
    spdadd 192.168.0.2 192.168.0.8 any -P out ipsec esp/transport//require;
  2. Bの/etc/racoonにkame.confを作る。下記が内容。
    spdflush;
    spdadd 192.168.0.2 192.168.0.8 any -P in ipsec esp/transport//require;
    spdadd 192.168.0.8 192.168.0.2 any -P out ipsec esp/transport//require;
  3. AとBのTerminalで下記をそれぞれ実行。
    % sudo setkey -f /etc/racoon/kame.conf
    % sudo racoon

以上で、racoon.confはまったく書き換えずに動いた!

不安どおり、このままじゃ全然セキュアじゃなかったのだが。

つづく

MACお宝鑑定団
http://www.tcp-net.ad.jp/danbo/#anchor12/26
2002/12/26

信頼出来る情報筋によれば、最近Mac OS Xの方針が変更され、Finderのデスクトップメタファーを世界に向けて発信するべく、Core Foundationで濁点文字を1文字として扱うなど、積極的なアプローチを進めるようです。

そう来たか。いくらUnicode3だからって、日本語の濁点反濁点付きの文字を2文字の合成として扱うのはひどすぎるからね。Windows等のUnicode2の環境との整合性が切れて大変だった。決定メンバーにひとりでも道理のわかった日本語ネイティブ人がいれば、選択しなかったはずの方法だよ。やっと反省したわけだ。しかし、それなりの対応が進んだいまごろ戻して意味あるのかな? よけい面倒な予感。

参考:Unicode Normalization Forms

目次 / 次の日

12月28日 無線LAN暗号化計画 (4) (Win95のCygwin+SSH編)

BlackJumboDogがプロキシとして繋がる。「待ち受けるネットワーク」の設定は、BJD側のIPアドレスで良かった。FAQなんだけどね。

さてCygwin+SSH。

  1. Autoexec.batに追加。PATHが既にある時は、2つめ書かずに;から繋げる。Win2000やXPならもっと簡単な設定方法がある。
    set CYGWIN=ntsec tty
    set PATH=C:\cygwin\bin
  2. SSHの準備はCygwinの窓から。
    $ ssh-host-config -y
    $ ssh-user-config -y -p""
  3. cryptして/etc/passwdファイルの*と入れ替え。
    $ crypt hoge
    eP2PAiXu1dusU
    hoge:eP2PAiXu1dusU:500:544:/home/hoge:/bin/sh
  4. Macから接続してみる。
    % ssh 192.168.10.1
    繋がった。
  5. トンネリング開始。
    % ssh -2 -N -f -L 8080:localhost:8080 192.168.10.1

MacのTerminalからWin95にSSHで繋ぐとCygwinに繋がるわけだが、なんと緑色の文字までそのまま表示される。そんな情報まで送ってくるのか。Terminalがカラー表示対応だったのも新発見。

[Macintosh:~] tom% ssh 192.168.10.1
tom@192.168.10.1's password: 
Last login: Sat Dec 28 08:29:50 2002 from 192.168.10.2
tom@MICHELLE ~
$ 

HTTP以外にもFTP、POP、SMTPでもトンネル実験。FTPはうまく繋がらない。FTPのデータ転送のUDPプロトコルはSSHを通らないのだった。あとは成功。1時間ほどでタイムアウトがあるのは設定変えれば何とかなるかな。

しかし、HTTPで画像が多いページを表示しようとしたらSSHがフリーズ。HTTPではまともに使えないことが発覚。Mac同士のときやWin98SEなら大丈夫なのに。OSが古いのかハードが古いのか。

目次 / 次の日

12月27日 無線LAN暗号化計画 (3) (Win95のインストール編)

リカバリーCDでまっさらのWin95 (といってもそれなりの付属は付くが) にして、有線LANカードをつないでフロッピーからそれのドライバをインストール。付属のIE4じゃあ、まともにMicrosoftのページが見られないので、セキュリティアップデート前にIE5.0.1SP2をインストール。適当にセキュリティアップデート。無線LANカードをつないで、こちらはWin98でダウンロードした最新ドライバをインストール。

無線LANカードのドライバがうまく認識されない。いじってると有線LANカードまでおかしくなる。壊れたか。

原因がどこにあるのか分からないから、結局、リカバリーCDからやり直し。インストールは、30分くらいかかるから、何回もやると時間がかかって大変。

セキュリティアップデートをしなくてもダメ。IE5インストール前にドライバをインストールすれば認識するが、IE5インストール後にダメになる。てことはIE5がダメ。以前入ってたのはSP1だから、SP2がダメなんだね。どうせこのマシンでは殆どブラウズしないから、IE4のままにして解決。

プロキシサーバのBlackJumboDogをインストールして設定。なぜかプロキシとして動作しない。簡単だから設定のバックアップを残さず、1からやり直したのが間違いだった。

教訓:動いてるものは止めるな。

目次 / 次の日

12月26日 無線LAN暗号化計画 (2) (Win98のCygwin+SSH編)

こんどはWin98SEにCygwinをインストールしてsshのトンネリング実験。

CygwinのデフォルトにSSH関連を追加してインストール。

Autoexec.batなんて昔なつかしいファイルに変数とパスを記述。Mac上のSoftWindowsのWin3.1のときにいじった覚えがある。記述を間違うとWindowsが起動しなくなるって注意がある。あれ、ほんとに起動しなくなった。

コマンドラインでなんとか編集しなおすか。そういやAutoexec.bakというバックアップファイルがあったのを思い出し、MS-DOSのコマンド一覧ページを参考に

rn Autoexec.bat Autoexec.bat+
rn Autoexec.bak Autoexec.bat

PATHを2行書いたのが敗因。ひとつ書いて、「;」区切りで並べれば良かった。

しかし、パスワードがちっとも認識されない。

passwdコマンドはエラー。

「欠落エクスポートNETAPI32.DLL:NetApiBufferFreeにリンクされています」

FAQらしいが、Cygwinと95、98との相性に少し問題がある。/etc/passwdファイルを編集し、パスワード部分にcryptで暗号化したものをペーストして解決。cryptは追加インストールね。トンネリング成功。

tom:ここにペースト:500:544:/home/tom:/bin/sh

参考:
Cygwin情報
ウィンドウズにSSHサーバーを入れよう!
Cygwin のインストール(setup 2.24)
MS-DOS command

いよいよWin95で実践。

このさい、リカバリーCDからOSを入れ直して、てのが間違いの始まりだった。

目次 / 次の日

12月25日 無線LAN暗号化計画 (1) (MacのSSH編)

さて、SSLの続きとしてはクライアント認証。クライアントで秘密鍵を用意し、CAが署名した公開鍵を含む証明書を相手に送るってことで、サーバ認証でやってることと基本的に同じだった。PKCS#12形式てのは、クライアント証明書と秘密鍵をまとめてクライアント・ソフトにインストールする書式。

運用的には、サーバ側でクライアントの秘密鍵と証明書まで作ってあげて、クライアントに渡すって手順もありだね。

SSLの秘密鍵と公開鍵はペアで一度に作られるんだった。秘密鍵を作ってから公開鍵を含んだ証明書をつくるのではなく、秘密鍵ファイルには公開鍵も含まれている。そりゃそうだよね。別々に作る方がずっと難しい。

なんてところで、SSLは自分じゃ当分使うことなさそうなので一区切り。

実際自分で暗号を使うとしたら、無線LANのセキュリティ強化かな。クライアント側はOS Xだけど、問題はサーバ側がWin95だってこと。

  1. IPsecてのがおすすめらしい。クライアント側は、OS X 10.2で対応したそうだけど、設定方法が見つからない。サーバとしてWin95用ってのも見つからない【じつはそれぞれ方法はあった。03.1.2】。UNIXなら簡単らしいが。
  2. PPTPというのもある。これはOS Xの「インターネット接続」からクライアントとして使えるが、問題はサーバ。UNIXならあるんだけどね。
  3. SSHはトンネリングができる。OS Xの「リモートアクセス」はSSHサーバだし、クライアントとしてはTerminalから繋がる。Win95はCygwin+SSHという手があった。

ということでSSHに決定。SSHのトンネリング (ポートフォワーディング) は、自分のローカルのポートを相手のポートに割り当てるのだから、プロキシ接続にはぴったり。

まずMacどうしで実験。サーバ側のリモートアクセスをオンにして、クライアント側のTerminalで、

% ssh -2 -N -f -L 8080:localhost:8080 192.168.0.2

これでパスワードを入れれば繋がった。すごい簡単。

フランスなど「一般市民による暗号化通信の使用が許可されていない」環境

びっくり。そんな国もあるんだね。

目次 / 次の日

12月24日 クリスマスケーキとか

せっかくだからケーキ買う。最近のクリスマスケーキは、ショート系とチョコレート系とが拮抗してるんだね。それ以外の選択肢が殆ど無いのが不思議。らしくなくたって、ケーキなら何だっていいじゃん。だったらケーキじゃなくてもいいか。そもそもなんでケーキ食うんだ? わたしはチョコレートケーキでいいけど。

スパゲティのトマトの酸味を押さえられるようになって、成功率アップ。スパゲティの茹で時間は厳密だし、茹であがってすぐ食べるのが基本だから、ソースの方を先行して仕上げるのがポイントだね。材料だけ紹介。ニンニクみじん切り、リング状の唐辛子、オリーブオイル、アンチョビ、トマトの水煮缶(湯剥きしたトマトの角切を使うこともある)、チーズ、乾燥バジル、塩、スパゲティは1.7mm。

やっとWindowsのWebフォルダのSSL接続成功。

IE5.0から6.0へアップデートした環境だったのを、削除とインストールの繰り返し、なんと4回。6.0ダメ→5.0ダメ→5.5ダメ→5.0で成功→5.5も成功。httpd.confは結局最初のままで良し。関連するファイルのどれかが足りなかったか壊れていたんだろうね。やれやれ。

目次 / 次の日

12月23日 白雪姫

白雪姫に扮するのは、新進気鋭の美人女優クリスティン・クルック(日本語吹き替えは安達祐実)、継母のエルスペス妃にはTV「不思議の国のアリス」に出演のミランダ・リチャードソン(吹き替え・山本陽子)。

だって。継母はスペードの女王だったわけだ。それはそうとして、よくできてて楽しかった。

白馬に乗った王子様が来るのは眠り姫も同じだけど、白雪姫の物語的にはまったくの脇役。今時王子様もないだろっ、ってことでおまけみたいな扱いなのも必然かな。

OS XでApacheを起動すると、付属のファイアウォールのPort80が開いてしまう。プロキシとしてだけ使うにはPort8080だけでいいわけだし、余計なお世話だよね。サービスとしての登録をはずせばいいのかな。ちょっと面倒。

目次 / 次の日

12月22日 OS Xでプロキシサーバ

わけあって、

ルータ〜Win機(1)〜Mac〜Win機(2)

という構成なんだけど、Win機(2)をインターネットに繋ぎたい。しかし、Win機(1)がプロキシ接続だから、OS X10.2に付属のMacのルータは使えない。ルータは外向きIPアドレスじゃないと通さないからね。ならば、Macもプロキシにすればいいわけだ。

で、Mac用プロキシソフトってのは聞いたことが無いけど。そういやOS XにはApacheがあるじゃん。プロキシサーバにもできるはずだよん。ってことで以前調べたときはhttpd.confの設定をよく理解してなくて、安全確認とかも面倒でやめてしまったのだった。

今やってみたらすごい簡単。下記の3行の#を消すだけでプロキシ。

#LoadModule proxy_module       libexec/httpd/libproxy.so
#AddModule mod_proxy.c
#ProxyRequests On

あとはWin機(1)のプロキシの登録ね。それにアクセス制限とか。

<IfModule mod_proxy.c>
    ProxyRequests On
    ProxyRemote * http://<Win機(1)のアドレス>
    <Directory proxy:*>
        Order deny,allow
        Deny from all
        Allow from <Win機(2)のアドレス>
    </Directory>
</IfModule>

残るはWebサーバとして公開されてしまう部分をアクセス制限すればOK。

Win機(2)が繋がって感動。

SSLでWebフォルダが繋がらないWinのIE6.0をアンインストールしたら5.0になった。5.0でもだめ。5.5にしてみたら、WebDAV接続時にオンデマンドインストールとかされたけど、ダメ。

もうね。

目次 / 次の日

12月21日 OS X 10.2.3アップデート

IEのWindow描画時に虹色アイコンが出にくくなったみたい。

たとえば/.JPで、「ネストする」に変更する時、いままでなら必ず虹色アイコンが回転していたのに、それがなくなった。速くなったと言うより、ポインタが動く自由を得た。

FinderからのFTP接続できるようになったのはいいが、ユーザディレクトリに行けない。ftpchrootファイルはまだ有効にならない。

そうこうしてたら、フリーズしてどうにもならなくなった。ポインタは動くけど。command+option+escでもダイアログ出なかった。

今頃気が付いたけど、SSLって変化しないIPアドレスかドメインを持ってる必要があるね。一般人にはあんまり手軽なセキュリティじゃないわけだ。OS Xをサーバにするなら、リモートログインからSFTPを使うのがいいのかもね。しかし、ディレクトリ制限はどうやるのかな?

どうでもいい話になるが、英語をカタカナにするってJPEGのようなもんで、不可逆なんだよね。rとl、sとzとth、cとk、bとv、fとhの区別がなくなるし、単独子音にいらない母音をくっつける。見た目には漢字のように意味がないから、無駄に字数を使ってじゃま。アルファベットのままの方がずっといいんじゃない?

フジテレビの「ドキュメンタリー 『中国からの贈りもの』」は「私たちの留学生活〜日本での日々」の関連番組だね。またやってた。今回は監督の張麗玲さんの7年間の軌跡の紹介。頑張る人なんだよね。

あたらしいガスファンヒータを買って、使うガスホースが「ガスコード」という名だと知る。ワンタッチで抜き差しできるのが便利なわけだ。今までも使ってたんだけど、なんちゅう呼び名なんだ。業界人にはホースじゃなくコードと言うだけで新鮮だったのだろうが、一般人には一般名詞にしか聞こえない。正式名は「小口径迅速継手付強化ガスホース」だって。

目次 / 次の日

12月20日 ザ・ハリケーン (The Hurricane)

題名聞いてパニック映画かと思って見始めたら全然違った。意識的に見ようと思わないで見てしまうテレビにはこういう面白さがある。無実の罪のボクサーと少年の話。実話だって。少年が古本市で初めて買った本が、ボクサーが獄中で書いた本。読み終わって感想を送る少年。

てところで、昔々ある本の読者カードで、ものすごいきっつい感想送ったことを思い出した。著者の人泣いてたかもしれないなぁ。いまごろ反省。

デンゼル・ワシントンがすごくいい味だね。

しかしビートルズもそうだけど、あたまにカタカナの「ザ」を着けるのはかっこわるいぞ。

えーと、ひつじって、顔の毛刈ってるんだよ。知ってた?

暑いからって農場の人が刈ってるんだ。全身毛だらけなのに顔だけすっきりってのが、どーも怪しいと思ってた。そういわれてみると、前髪たらしたようなのや、はげ頭ふうのがいるよね。

目次 / 次の日

12月19日 デンジャラス・マインド

思わせぶりなタイトルと、モノクロ画面とマイナー調ラップで始まるオープニングが無気味だけど、シリアスというより人情ものの映画。といっても実話が元だから荒唐無稽にはならない。不良高校生ばかりの特別クラスと熱心な先生の話。「ごくせん」だねえ。一方的に生徒が変わるだけじゃなく、教師も影響を受けるって部分をちゃんと描いていて○。先生がミッシェル・ファイファーじゃ美人すぎだけど、よかった。

Windowsと繋いでSSLとWebDAVの実験、その2。まだ98SEにIE6.0。通常のSSLは相変わらず「信用されない証明書」だけど動作した。IE6の詳細設定にSSLv2、SSLv3とともにTLSv1もあるが、チェックされてない。IE5からのアップデートだからかな。使わないのはもったいないね。

WebDAVのWebフォルダもIE6から開くが、SSLだと繋がらない。SSL無しのDAVなら問題ないのに。例の信用ならないってダイアログはIE6のhttps接続時とは違うものがでて、Basic認証のダイアログに入力するまで行くが、そのあとでフリーズする。認証無しでもダメ。ログを見るとセッションは正常に終了してるらしい。つまり、送られてきたデータを描画できずにフリーズなのか?

なにがいけないんだろう。httpd.confをいじりまくったけど、正解出ず。おかげでSSLのディレクティブに詳しくなってしまう。Googlってもそこで引っかかってる例が無い。PHPやらsuexecやらはずして、/etc/httpd/httpd.conf.defaultから、DAVとSSLだけの最小限の設定追加でやってもだめだった。ちなみにhttpd.conf.defaultがOS Xインストール時点のもの (OS のアップデートでも変わる)。httpd.conf.bakは、他のモジュールインストール時に変えられてなければ、Apacheのインストール時点のもので、OS X用に最適化される前らしい。

どうしてみんな一日の日記にタイトルをつけるのだろう?

わたしの場合楽しいから。タイトル付けもセンスを磨くしね。ってほどでもないけど。

木や皮は静電気を通すんだってね。金属ほど急激に流れないからパチっとはこないけど。たとえば畳の部屋で木の机に向かって(正座して)メモリ取り付けなら安心なわけだ。障子の向こうに庭園が見えるといいね。

そうか、例の静電気防止リストバンドは、へたにアースにつなげて感電の虞れを増すより、木の机にでも噛ませりゃいいんだ。

目次 / 次の日

12月18日 ホワイトアウト

織田裕二だよ。さむいよー、いや、雪の中の話だから。夏見るといいんだよね、こういうの。

面白かった。織田がんばった。って感じ。「ハリウッドをこえた!」なんて宣伝してたの思い出さなきゃいい映画。アクションものでハリウッドを超えるのは、なかなか大変なんだろうけどね。本と俳優と景色って素材がいいから、目指したのはわかる。でも比べてしまうと違うんだなー。

カメラワークがつまんないんだよね。視点が目線の位置のままだったり、構図が美しくなかったりで凡庸。顔のアップを多用したテレビチックなチープな画面。せっかく雪山で撮ってるんだから、雪景色の美しさを写して欲しかった。NHKの自然紹介番組の方がよっぽどうまい。これは絵コンテの段階でダメなんだろうから、監督の美意識の問題だね。美意識通すにも金はかかるが。

まあ、そこいらの2時間スペシャル企画ドラマ、なんかよりはずっと面白いのだから、ダメなドラマなんかじゃないんだけど、ハリウッドって言うなよ、ってところか。

Windowsと繋いでSSLとWebDAVの実験。98SEにIE6.0。

SSLだと繋がらなくて躓く。Win IEはIPアドレスだとだめな場合があるって思い出して、DNSサーバでもたてようかと思った。ら。OS X 10.2からはランデブーがあるって。デフォルトでネームサーバがオンになってるじゃん。

参考:Mac OS X 10.2: コンピュータの Rendezvous(ランデブー)名について

ぬか喜び。ホストが対応してなきゃダメ。つまりランデブーがインストールされてないWindowsじゃ使えない。

とかなんとか、パーソナルファイアウォールがオンでport443が閉じてただけだった。

OS X上のMozillaだけど、証明書が違うって出て繋がらなくなった。Winとの実験のため、ローカルの127.0.0.1から192.168.0.2にサーバ名を変更して、SSL関連書類を入れ直したのだが、CA証明書まで新規作成してしまったので、すでに入ってるCA証明書では認証されなくなってしまった。

で、それがなぜか削除できない。削除ボタン押してもダメなのはバグかな。新しいのと入れ替えできるかな。面倒なのでユーザを変えて起動し直し。

MacのWebDAVクライアントのGoliathで、対応してるはずの日本語ファイル名が文字化け。ときどきなったり直ったり、httpd.confを書き換えて立ち上げるとまた化けたり、かなり謎。化けるときはUTF-8でなくShift_JISで処理してるらしい。

調べてみたら、@niftyのプライベートパックのSSLはSSLv2で動いてた。40bitかよ。

そんなサイトは他にもけっこうありそう。

マイクロソフトの脆弱性報告窓口だけど、下記によると secure@microsoft.com に英文で報告しろって。やっぱり翻訳係はいなかったか。

参照:セキュリティ問題に関する情報をお寄せください

目次 / 次の日

12月17日 イタリアン

図書館行ったら、おもわずイタリア料理の本を見てしまう。パスタの部分ね。いいムックがあった。イタリア仕込みのシェフ6人がレシピを書いてる本。7年前のだけど。わたしの「師匠」(って勝手に決めた)の落合務もいるじゃん。

素材を炒める順番とか、味付けのタイミングとか、基本的な部分は作る人によっても違わないのを確認して安心。ニンニクを炒めたものを一旦取り出して後からのせる方法がのってて感動。わたしもその方がうまいと思ってた。

新発見事項:

  1. トマトの酸味は加熱時間で調整できる
  2. ニンニクのみじん切りは細かいほどいい
  3. ケイパーは手でほぐして入れてもいい
  4. アンチョビはフォークで潰して溶かせる
  5. カルボナーラは炭焼き職人の意。黒胡椒が落ちた炭の粉みたいだから。
  6. アラビアータは「怒ってる」の意。辛いから。

快晴で風の強いこんな日は、富士山がよく見えるはず。と気が付いたのはすでに夕方。高台にのぼってみると、まぶしい太陽の右にシルエットではっきり見えた。東側の富士山ウォッチャーとしては朝に見るのが基本なんだけど。

図書館で暗号の本とCocoonの本を借りて来る。

なんと、Mac版IE5でSSLv3が使えないと思ったのは勘違いだった。さすがに今時40bitだけじゃござんせん。失礼をば。

SSLの確認のために入れたMozilla 1.0.1には3種類のhttpsプロトコルがあって、それぞれオンオフできる。

SSL version 2
SSL version 3
TLS

いまのところmod_sslはSSLv2、SSLv3、TLSv1に対応。Mac版IE5には選択肢がないけど、SSLv2、SSLv3に対応。

日本ベリサイン - ルート証明書ダウンロード

こんなこともしてたのね。フィンガープリントの確認はあるが、なりすましページじゃない保証は無いよね。SSLの根幹にかかわる部分としては緩いような気がする。まあ、ブラウザのダウンロード時に、正当性をあんまり気にしてない自分を棚に上げといて。

「奇跡の旅2」も見てしまう。昨日の3匹がそのまま出てくるが、似てないような気がするのは3年経って成長したり年とったから? ジョディ・フォスターのように役を降りたとか。ほのぼの、面白いっつえば面白いかのう。

もともと名作「三匹荒野を行く」1963年米のリメークだって。オリジナルが見たくなった。

おかげさまで20万アクセスです。10万から7ヶ月。

目次 / 次の日

12月16日 奇跡の旅

「奇跡の旅」なんて犬猫映画を見る。NHK BSね。

猫がよく走る映画。えらい。猫って走らせて走るもんじゃない。ひょっとして吹き替え? CGはまだない時代だね。犬猫がしゃべるけど口は動いてないもん。小さい犬が入ってたりして。

人間も赤ん坊は双子を使って、機嫌のいい方を撮影するらしいが、動物ものだと何匹も替え玉と言うか、得意分野別の吹き替えと言うか、影武者と言うか、全員本人(猫)だけど、してないのかな。わからなかった。

丸ちゃんたちすごいね。ゴルフW杯優勝。

MSの窓口は英語だけかと思ってたら、日本語でも投稿できた。

http://register.microsoft.com/mswish/suggestion.asp

このページ、わたしにはずっと英語で見えていたのに、日本語表示にもなるのだった。

IEの「言語/フォント」の設定で
日本語 [ja]
英語 [en]
と日本語が上にあるだけではダメで、英語 [en]を削除しないと日本語のページとして表示されない。変な判定だね。

WebDAVサーバ」にSSL接続の説明を追加。そう、ついにSSLでWebDAVなのだ。FinderでSSLのDAVが使えないみたいなのは残念。かわりにGoliathがいい。日本語ファイル名に部分対応してアップロード、ダウンロードができるようになったが、名前変更はまだ。1.0Jになってかなり安定したみたい。落ちなくなったもん。証明書のインストールもできる。

あとDAVExplorerでもSSLが使える。SSLモードで立ち上げるには、Terminalで「java -jar -Dssl=true ./DAVExplorer.jar」と入力し起動。

前の日 / 目次 / 次の日


(C) Toshiyuki Mori,2002