ひまつぶし日記 2003年1月上

1月5日 無線LAN暗号化計画 (7) (Win95のPGPnet編)

デュアルブートできなくても方法はある。Win95とUNIXと別々のHDDにインストールして、それごと取り替えればいい。Win95機 (ノート) は裏のビス6個外せばキーボード面のパネルが外れて、あとはHDDカバーのビス6個を外せば取り替えられる。iBookとはえらい違い。HDDカバーを嵌めずにキーボード面のパネルを置くだけでも使えるから、UNIX化が完了するまでビス止めせずにHDDを取っ替え引っ替えしててもいいわけだ。

それでも面倒と言えば面倒。

と、先日のwakatonoさんの連載の続きにWindows用のIPsecソフトが出てるじゃないの。PGPnetだって、設定も詳しく載ってる。Win95にも対応!これだ! 前に見た時には、OS Xで出来るかもってことで舞い上がっていてPGPnetが見えていなかった。

PGP6.5.1iというインターナショナルバージョンをダウンロード。US版は暗号輸出禁止にひっかかるんだよね確か? あとは設定説明どおりにさくさくと進む。Hostってのは相手側だからね。

で、問題はOS X側のracoon.confとpsk.txtだった。どうしてもracoon.confデフォルトだと繋がらない。

racoon.confは2箇所にある下記identifierをコメントアウトしてIPアドレス指定に変更。

my_identifier user_fqdn "macuser@localhost";
peers_identifier user_fqdn "macuser@localhost";

my_identifier address "192.168.10.2";
# my_identifier user_fqdn "macuser@localhost";
# peers_identifier user_fqdn "macuser@localhost";

psk.txtは全部消して下記だけ。(x部分を適当な英数字に置き換えて暗号キーにする。デフォルトのバックアップは残した方がいいかな)

192.168.10.1    ***************

まずOS X側でIPsecを有効にして、

% sudo setkey -f /etc/racoon/kame.conf; sudo racoon

PGPnet側のHostsウィンドウでHostを選択して「Connect」ボタンクリックで繋がった。できてみれば簡単。やったね。

tcpdumpが機能しないとおもったら、内臓Ethernetがen0でAirMacはen1だった。無指定だとen0らしい。-i en1を追加してOK。

% sudo tcpdump -i en1 host 192.168.10.2 and 192.168.10.1

ブラウザやメールは全く問題ない。暗号化が無いよりも若干遅いのはわかるけど、SSHトンネリングの時のような不安定さもなくて、処理も速いようだ。

FTPクライアントのFetchが繋がらなくて悩む。なんとClassic環境のクライアントからはIPsecのTCP/IPには繋がらない。IEのClassic版も繋がらなかった。Fetch 4.0.1J1はわざわざClassic環境で起動するよう設定してある。OS Xだとパネル表示が文字化けするし、ドロップしてのアップロードができないから (ファイルリストじゃなく外枠にドロップすれば送られるが)。あきらめてOS Xで起動するようにして解決。

PGPnetは、完全に一つのネットワークアダプタ (ここでは無線LANカードの) を乗っ取るので、接続のすべてをコントロールできるようだ。他のIPアドレスからの接続を拒否するオプションもある。解説ページにはチェックしてあったけど、PGPnet - Options - Generalの「Allow communications with unconfigured hosts」のチェック外せばいい。これ外すと登録してない他のIPアドレスからはpingにも応答しなくなる。ちなみに、登録したIPアドレスでもIPsecが成立しないとpingができない。OS X側は、他のIPアドレスには開いてるので気をつけよう。

困ったのは、OS X側でシャットダウンやスリープして一度接続が切れると、PGPnet側で「Connect」ボタン押さないと再開できない点。そんなことでいちいちWin95機のところまで行くのが面倒。PGPnet - Options - Generalの鍵の有効期限がなぜか1分だったのを8時間 (0d 08h 00m) に設定したら、スリープでは切れなくなった。シャットダウンはどうしてもダメ。

そうそう、有効期限設定の窓が変で、数字の表示が右側切れてるし、横のアップダウンボタンは使えず、キーボードから数字を打ち込まないと変わらなかった。Win95だから?

OS X側でIPsecを切るにはracoonを止めればいい。killでいいのかな。

% ps ax | grep racoon
  399  ??  Ss     0:00.75 racoon
  467 std  R+     0:00.00 grep racoon
% sudo kill 399
目次 / 次の日

1月4日 歴史もの

NHKで昔の大河ドラマ、竹中直人の秀吉をやってた。

去年の「利家と松」とは主役が違うだけで、登場人物はほぼ同じ。秀吉の描き方以外もずいぶん違うよね。前田利家がちらとしか出てこないし。時代劇って事実として記録があること以外は、しょせん想像による捏造なんだから、いくらでも違いは出せるわけだ。

放送時点の視聴者にとって共感できるような解釈で人物を描いたりするから、今見るとちと古い。秀吉が信長の死に対してクールなのが今風かな。どっちが事実に近いんだろう。

国宝の鐘楼に釘を打つようなNHKは、人んちに取材に来たら床柱にも釘打ったりしそうだね。きれいなコンクリートの床にアンカー打ち込んだり。あーやだやだ。

無線LANのアドホック・チャンネルが14だとAirMacから見えないのを発見。AirMacの規格って、なんか足りないんだよね。

いつの間にホームディレクトリに.rndってファイルがある。どうやらOpenSSLが作ったらしい。ランダム生成の種は、特に指定しなくても自動生成なのかな?

目次 / 次の日

1月3日 鳥になった

箱根駅伝。積もらないまでも雪まじりの横浜。寒い駅伝も珍しい。いつもだいたい晴れだからね。

NHKで「恐竜の謎を解く〜ここまでわかったその驚異の生活」4時間も。8月にハイビジョンで放送のだが。

1. 現在の学説では、恐竜が鳥になったのは確定でいいらしい。羽毛のある恐竜と、始祖鳥より今の鳥に近い化石が中国でみつかったから。

2. それより、T・レックスの温血動物説が裏付けられたってのがびっくり。骨から体温がわかるんだって。

二つの学説とも反対する学者が多かったけど、ついに裏付けられたわけだ。どんな説にもそれに反対する説がある方がいいね。盲信はよくない。

3. T・レックスには羽毛があった可能性がある。わたしも8月の恐竜展で思いついた。というのも、系統樹のなかでT・レックスがすごく鳥に近かったから。

大人はともかく、子供のころなら体温維持のためにあってもおかしくないって。今後に期待だね。

ところで、T・レックス死肉食 (スカベンジャー) 説の例えとしてハイエナ出してたけど、恐竜の学説だけ新しくても、そういうところで古い見方を出してちゃいかんね。

ついにUNIXをインストールしようと。いきなり入れても必要な動作をするまで時間がかかるかもしれず、Winとのデュアルブートをしてみたい。それには今のHDDの1.4GBでは足りなそうなので、かつてiBookに入ってた6GBに交換してみる。ここまでは簡単。

と、リカバリCDではエラーになってWin95がインストールできない。パーテーションをもとのHDDと同じ容量で作ってもダメ。つかえねー。

ちなみにMacのリカバリCDなら、既に入ってるデータを避けてインストールもできるし (データ救出可能ね)、HDDの容量変更など問題にならないんだけど。

目次 / 次の日

1月2日 シイタケと豚バラ肉のアラビアータ・スパゲティ

さあいよいよスパゲティ。いつも1人前なのにいきなり5人前だよ。5人前いっぺんにフライパンで和えるのは無理なので、別鍋で作って和えるときにフライパンに入れることにする。本番?つうのに、シイタケとバラ肉のコンビネーションにチャレンジ。「料理の鉄人」みたいに、材料に贅沢するのもうまさの元と考えシイタケを沢山いれる。量の問題か? 無難な線でまとめないのが成功の秘訣、なんてね。

それより大変だったのは5人前のスパを茹でる方。なんか相対的に湯の量が少なくて泡っぽい。

で、茹であげたスパとソースをフライパンで和える時、一人前ずつやって時間かかってしまった。

ソースはうまかったんだけど、スパがやわ過ぎ。次回に期待。

恒例の箱根駅伝。じかに応援しに行こうといつも思うが、今回はテレビの方が良く見えていいという結論。さむいっしょ。

IPsecのページをアップ。どれくらい需要があるんだろう。いまのところOS Xでの設定の説明ページは他に無いけど。
Mac OS XでIPsec

目次 / 次の日

1月1日 越後屋

曇り空。雪がちらほら。43年ぶりの雪の元旦だったはずが期待外れ。

甥っ子来る。まだ2ヶ月ね。生まれたときと同じプロポーションで、そのままスケールアップした感じ。

すき焼き。気が付くとわたしが鍋奉行になってる。おぬしもわるよのう。

「ショムニ FOREVER」だっけ。5年もやってたって言われても、5年ねえ。

前の日 / 目次 / 次の日


(C) Toshiyuki Mori,2003