ひまつぶし日記 2003年1月下

1月31日 はるか

「はるか、ノスタルジィ」だって、映画。石田ひかりのういういしくけなげな演技がいいんだけど。美人じゃなくてかわいいってのがいいのかな。地味だけどかわいいというか。

小樽が舞台って、10年以上も前に一度だけ行った喫茶店が出てきたよん。わたしって、人の顔の記憶力はあんまりないんだけど、場所や風景の記憶力はいいんだよね。一度行った所がテレビに出てくればすぐ分かる。

で、音がね。挿入曲のセンスがどうもね。寅さん的つーか昔の人情映画のセンスと言うか。

結末はダメだと思った。そうじゃないだろ。まあ、それまでがそれなりにいいから許すが。

東横線、横浜―桜木町間が廃止だって。そのかわりに地下鉄も出来るし、そもそもJRが平行してるしね。でもなんだか寂しい。学校帰りに渋谷に行く時は桜木町から乗ってたしなぁ。

Mac OS XでWebDAVサーバ」のファイル名の濁点半濁点が文字化けする問題に関して、記述が違うとのメールをいただく。

いくつか指摘されたが「Normalizationと Unicode versionは無関係」というのが主な点。

で、残念なことに一次情報が書かれていなかったので、自分で調べることになる。今までだって、そこまで調べていなかったんだけど、信じ込んでたことが違うと言われた場合には、それなりの根拠が欲しくなるもの。

HFS Plus Volume Format」には確かにCanonical Decompositionを使うって書いてある。Unicode3.0より前だしね。

UAX #15: Unicode Normalization」がNormalizationを定義してるページ。

Internet Archiveの検索」で古いUnicodeを調べたら、たしかに上の#15が3.0以前にもある。

てなわけで、お礼のメールを書いて、送信、の前にページの方もちゃんと直して、送信、の前にも一度確認。て、あれ、2.1.9のページにあるのは、DRAFT UNICODE TECHNICAL REPORTSだって? ありゃりゃりゃ。

New in Unicode 3.0」を見たら、Normalizationが正式に決められたのは3.0からみたい。

Manpage of UNICODE」は一次情報じゃないけど、合成文字必須なのは3.0からだと読める。

ということは、NormalizationとUnicodeのバージョンは無関係じゃないよね。

肝心な一次情報の「Unicode2.0」も「ISO/IEC-10646」も「JIS X 0221」もWeb上で読めないのが残念な所。

ということで、結局、疑問を返信。

目次 / 次の日

1月30日 TomcatのWebDAV

TomcatでもWebDAVが出来るってんで実験。

Tomcatをインストールしただけですぐ使えるのは簡単でいい。デフォルトは読むだけなので、書き込めるようにするにはwebdav/WEB-INF/web.xmlを書き換える必要がある。

問題は日本語ファイル名だけど、Apacheと連携した場合はOS X同士でも使えない。Windowsでもだめだろうね。

「ChrootedSSH」てのもあるのか。そりゃあるよね。

目次 / 次の日

1月29日 ピンク・パンサー

とぅるっとぅる〜〜

ここんとこ、ずっと、NHK BSでクルーゾー警部シリーズをやってたけど、今回ついにクルーゾーが出てこないクルーゾーもの。「クルーゾーは二度死ぬ」って007のパロディじゃないんだけど。ピーター・セラーズが亡くなったあとに作ったんだろうね。いや、今回初めてじゃなくて、このシリーズ、他の映画も殆ど全部見たことあるんだけどね。

しっかし、本人が出てこないのに、想像するだけでおかしいってのもすごいよ。存在感ありすぎ。

フランスが舞台だからフランス映画かとばかり思ってた。リュック・ベッソンのおもしろ系映画に通じるものがあるしね。ところがなんと、イギリス映画だってさ。フランス警察をおちょくってたのね。

送ったデータを印刷してもらうのに、電話で細かく指示が必要だった。VNCとかで遠隔操作、というか、操作しなくてもいいから目で確認しながら指示を出したいと思った。

目次 / 次の日

1月28日 Cocoon

Tomcatの次はCocoonてことでページを作りつつ。

インストールそのものはすごく簡単だけど、さて、OS Xでちゃんと動くのかどうかの確認をしないと。

OpenVPN てのもあるんだね。

メールアドレス中の @ を @ に変えておく

なるほど、そおゆう手があったのか。

目次 / 次の日

1月27日 Mac OS XでTomcat 公開

tomcat-warp.jar問題が片付いたし、ついに「Mac OS XでTomcat」を公開。インストールから自分用のディレクトリ作成まで。あとAdministration Toolってのが4.1.12から付属するようになったとかで、それを使えるようにする方法も追加。

自分としては、Javaでプログラムすると言うよりCocoonを使いたいのがメインなんだけど。

結局Antはじゃまにされて、_Antと名前を変えられて休眠状態。

今日はなんと、1日で1,011アクセス。すばらしい。

MD5を計算するには? 普通はmd5sumを使うんですが、入ってない環境でgpgがあったのでgpgを使っていました。opensslでも計算できるというのを知りました。

あ、md5sumって知らなかった。

目次 / 次の日

1月26日 あり?

大阪国際女子マラソンは野口みずきが優勝。2:21:18はすごいタイムだけど、3位に入った初マラソンの坂本直子との競り合いの結果だね。野口もマラソン2回目だって、ぞくぞくと有望な人たちが出てきてる。

高橋尚子がひっぱってるよね。ひとりが道を創れば、それに続く人が出てくるもんだし。

しかし、オリンピックで金メダルなんて、速いだけじゃ取れないもんね。本番で自分のベストを出す精神力というか、マインドコントロールと言うと意味が違うけど、精神状態を自分でコントロールできること (セルフコントロール) が必要。高橋尚子を超えるのは容易じゃない。

(マインドコントロールはカルト・マインドコントロールの略だそうだ「マインドコントロールとは何か」)

「恋のためらいフランキーとジョニー」

ミッシェル・ファイファーとアル・パチーノ主演なんだけど、地味な映画。とくになんてことはない映画なんだけど、ドビュッシーの「月の光」が使われてたのはナイス。「月の光」と言えば「セブン・イヤーズ・イン・チベット」が有名ね。ここで聞けるよ (宣伝)。プラグイン切ってるとダメ。

サーバには生のパスワードが送られているのだから、サーバをつくってパスワードを受け取れば良い!

おお、そんな手があったとは。わたしもFTPパスワードがFTPクライアントから取り出せなくて悩んだことがあって。

Antのインストールは簡単。例によってJavaだからバイナリを落としてきて展開、/usr/localに丸ごとコピーして、ディレクトリ名をantにするだけ。

あとは.cshrcに以下を追加。JAVA_HOMEはTomcat入れた時に書いたけど。

setenv JAVA_HOME /Library/Java/Home
setenv ANT_HOME /usr/local/ant
set path=( $path $ANT_HOME/bin )

で、

% ./configure --with-apxs=/usr/sbin/apxs \
--with-apr=../../apr \
--enable-java=/usr/local/tomcat
% make

すると、

BUILD FAILED
file:/Users/tom/Documents/tomcat/jakarta-tomcat-
connectors-4.1.18-src/webapp/build.xml:170:
 Cannot find the Apache Xalan XSLT processor

XalanというXSLTプロセッサが見つからないって。Cocoonで使ってなかったっけ。Javaでビルドするには、それなりの関連ファイルを色々入れてないとダメなのか。ううむ。

でもね。エラーなのに、jakarta-tomcat-4.1.18/server/libにtomcat-warp.jarが入ったみたいなんだけど。ダメなファイル? て、これ、最初からあるじゃん。

なんだ。Tomcatのバイナリ版をインストールしたら、tomcat-warp.jarが付属してくるのね。どおりで入れなくても連携できてたわけだ。

そういや、おとといserver/libをチェックした時に、似たような名前のファイルがあるなー、と思ったんだった。確認しろよー。

とか思ったら、--enable-java=DIRのオプション付けなくてもXSLTプロセッサ見つからないエラー。Antがじゃましてる。ありま。

目次 / 次の日

1月25日 あり

韓国じゃワームが大発生。今回のは、感染から発症までが速いので爆発的に広がったのかな。それとも時限ワーム。

PseudoというOS Xのソフトは、それにドロップすれば管理者権限でアプリケーションが起動する。便利。

きのうの続きでAntをインストールしようとしたら、ダウンロードファイルの署名チェックが「must」だったりする。じつは今までチェックなんてしてなかった。殆どのMac用やWin用のソフトには付いてないしね。いい機会だからやってみるべ。

署名チェックはファイルが改変されていないかどうかのチェックで、ハッシュ値が違えば違うファイルってことになる。けど、同じサーバから、ダウンロードファイルとハッシュ値を記述したファイルを持ってきたら、あんまり意味無いかも。改変するならどっちも変えるだろうから。片方はミラーからがいいね。

しかし、PGP署名をチェックするためのものはOS Xには入ってないよね。MD5なら「openssl md5 <ファイル名>」でいいんだけど。

Zebedeeが時々落ちるようになった。クライアント側だけどね。Webブラウズしてても突然終了する。再ログインではだめで再起動したら安定したみたい。

もともと、サーバとの接続でエラーが出るとすぐ終了してしまうから、何かで接続エラーになったんだろうけど。

目次 / 次の日

1月24日 へらへらした虎

へらへらした虎

話題としては一日遅れだけど。

4枚の翼を持つ恐竜

そのまま足の方の翼が発達して、手の方の翼がなくなってたらどうなんだろう。電線にとまってる鳥は、みんな懸垂するように手でぶら下がってたりして。

懸垂する鳥

カーボンコピーじゃなかったクローン猫Cc:

名前が好きだなあ。Cc:

猫の体色は遺伝子だけじゃ決まらないわけだ。色が違ったら全然似てないね。

antは蟻だけどJavaコンパイラだった。

Apache用のmod_webapp.soだけでなく、tomcat-webapp.jarというTomcat用のモジュールも同時に作るらしい。Tomcat用だからAntが必要なわけだ。

でも「--enable-java=DIR」のオプション付けずにconfigureしたら、tomcat-webapp.jarの方は作らずにmakeできたけど。mod_webapp.soをApacheに入れただけで、特に問題なく連携できてるみたい。どうしても必要なのかな?

TomcatとCocoonは別ページにした。Tomcatは、インストールが出来るまで、じゃなくて最低、自分で書いたプログラムの動くまではフォローしないと、ガイドページとしては半端だからね。となると同じページにCocoonが入る余地がない。

Cocoonも同じ。簡単な使い方の解説は欲しい。って、まだ何も知らないわたし。自分にとっては備忘録だからね、覚える前には書けないのだった。

目次 / 次の日

1月23日 Tomcat & Cocoon & 松嶋菜々子

松嶋菜々子の怒った顔っていいよね。いや、べつに怒られたいわけじゃないけど。たとえば動物園の虎。へらへらした虎なんか見たくないじゃん。すごく似合ってるんだよね。もちろん、笑った菜々子もいいんだけど。(虎がへらへら?)

Cocoonでもやるかって気分。

どうせ後から書くだろうから、てんで「Mac OS XでTomcat & Cocoon」なんてページ作成と同時進行してみる。

SONYがCoCoonなんて出すし、スピルバーグの映画にあったりするけど、ここで言うCocoonはXMLをHTMLに変換するサーブレットのこと。Tomcatはそのサーブレットを動かすJavaサーバね。【映画のCOCOONはスピルバーグじゃない。03.2.9】

で、インストールはいたって簡単だった。TomcatもCocoonもJavaだから、バイナリを持ってきて解凍すればおしまい。簡単過ぎ。

まあ、せっかくページを作るんだからって、以前やったことのあるTomcatとApacheとの連携を試みた。WebサーバとしてはApacheを使い、限定したディレクトリでTomcatを使う方法。以前ても4.0.3の時で、Apacheで使うモジュールのmod_webappのOS X用バイナリ(これはJavaではない)は4.0.1用を持ってきたものだった。

で、今はすっかりバイナリ配布はしてない模様。4.1.18だもの、状況は変わったのだった。Tomcatの設定ファイルserver.xmlで、デフォルトだとmod_webapp用設定がコメントアウトされてるのは、たいした問題じゃないが、コンパイルがね。APRが無いとかANTが無いとか言われて、かなり面倒なんだよね。って、現在進行中。

目次 / 次の日

1月22日 Zebedee編 (3かな)

Zebedeeはトンネルソフト。で、他にも色々あった。

Zebedeeの認証は、共有鍵を生成するDiffie-Hellman鍵交換プロトコルを利用したもので、原理も分かってみれば単純ですばらしいものだった。

AとBが暗号化のための共有鍵を交換する手順。AはXAを作りそれから計算してYAを出す。BはXBを作りそれから計算してYBを出す。Xは秘密にしYを相手に送る。そして、なんと、XBとYAの計算結果と、XAとYBの計算結果 K は同じになる。そのKを共有鍵として暗号化と複合化を行う。

Xさえ秘密にしておけば、交換用のYは他者に知られても暗号は破られないのがポイント。直接共有鍵を交換しあうよりずっと安全だった。

で、Zebedeeでは、認証しない場合はセッションごとにXを新規作成して使うので、通信の暗号化はされても、誰とでも接続できる状態。

認証する場合は、事前に相手のYhogeを受け取っておくだけ。相手がXhogeを持ってなければ共有鍵の生成に失敗するから、それで充分認証になる。

ただし、そのYが確かにその相手のものなのか、については他の手順 (手渡しとか) による証明が必要。

zebedeeのlistenipで"1つしか選べないのに、127.0.0.1が例外とされない"というのが意味がわからない。192.168.0.1で待ち受けることも出来るし、127.0.0.1でも待ち受けることが出来るというので何の問題もないと思うのだけど。

お久しぶりです。うっかりしてたけど、これはクライアントでの話。サーバでlistenipを使うことは考えてなかった。

<<=={プロキシ & Zebedeeサーバ 192.168.10.1}==無線LAN暗号トンネル=={192.168.10.2 Zebedeeクライアント & メインマシン 192.168.0.1}==非・常時接続=={192.168.0.2 サブマシン} (IPアドレスは仮)

Zebedeeクライアントで、上記メインマシンとサブマシンからのトンネル接続に制限して、無線LAN側からの他者のアクセスを拒否したい場合。

listenip 192.168.0.1とすると、192.168.0.2のサブマシンからの接続に制限されて、メインマシンは127.0.0.1から接続できなくなる。自分を192.168.0.1と名乗れば接続できる。

メインマシンのプロキシ設定では、127.0.0.1 8080では繋がらず192.168.0.1 8080なら繋がることになる。

それで何が不便かと言うと、192.168.0.1側のLAN接続は常時つながっておらず、つながってないとメインマシンは自分が192.168.0.1であると認識しないこと。つまり、サブマシンの接続の有無によってプロキシ設定を変えなくちゃいけないのが不便なんでした。(OS Xの仕様かな)

それは個人的な都合だけど、127.0.0.1はクライアント自身だから、例外としてlistenipでの指定が無くても繋がってもいいんじゃないかなーということで。2つ以上の指定ができれば問題ないし。

つながってないとlistenip 192.168.0.1自体がエラーになるから、設定ファイルの切り替えも必要だけど。

zebedeeってデフォルトだと基本的になんでも許可なのが嫌で使わなかったんだけど、みんな気にならないのかな。

Windows版だと、デフォルト色々禁止の設定ファイルを読み込んでサーバが起動するからちょっと安全。UNIX版は確かに気をつけないと危ないこともあるかも。でも、代わりになるものってあんまりないような気もするけど。Zebedeeを使わない代わりにstoneかな?

目次 / 次の日

1月21日 Zebedee編 (2かな)

タイトルがごついので、簡略化。

Zebedeeのアーカイブ付属の解説は、親切に日本語版もあるんだけど、ちと古いようだ。英語版見たらコマンドが増えてる。

他のマシンからトンネルに入れる状況は、Zebedeeの認証をしないのと同じようなこと。特に認証が必要な場合には気をつけないとね。IPアドレス制限もくぐり抜けるし。

で、listenipという新コマンドで、待ち受けるIPアドレス (ネットワークね) を選択できるんだった。安全な側だけを開くことが出来る。1つしか選べないのに、127.0.0.1が例外とされないのが不便かも。

実用的には、トンネル先のプロキシを持ってきたようなもんで、2つもプロキシを使う必要がなくなったのがめでたい。(Apacheのプロキシ化ね) HTTP以外も使えるしね。

それにしても、Mac OS X付属のファイアウォールも、待ち受けIPアドレスを選んで使えると便利なのにね。どっかで設定出来るのかな?

もうひとつ。以外にあっさり繋がったFTPだけど、今のZebedeeは1つのサーバでTCPとUDPを同時に扱えるようになったのだった。デフォルトのサーバ設定でそれがオンになってる。なるほど。

目次 / 次の日

1月20日 無線LAN暗号化計画 (?) (Zebedee編)

あとで書こうと思ってても、限界が来たらおっぽりだすしかないね、去りし日の日記。無かったことにはしたくないから、きのう、おとといへと遡るかも。

貴乃花引退。

さて、すっかりいい調子だったはずが、化けるのだ。最初はたまに出るだけで、それがだんだん頻繁になって。あぁ、もうだめ。怖すぎ。

IPsecなのにね。無線上のWEP上のIPsec上のFTP、だけでなくHTTPのアップロードでもデータが化ける。そういやメールでも1回。あの返事の来ないメールは化けてしまったのだろうか。

たとえばWebページのアップロードだと、だいたいいつもきまった場所から400字ほどが、めちゃくちゃになって全く読めなくなる。コントロールコードまで入ってるし。その部分以降はまたすっかり平気だったり。データ改竄を守るはずのIPsecが、って、その上位層かな。ダウンロードは平気なんだけどね。

なんにしろ、IPsec導入後なんだから疑いの目。

てなわけで、Zebedeeなわけで。

Zebedeeはトンネリング暗号化専用ソフト。一番いいのはSSHと違ってシェルが無い点かな。せっかく特定フォルダに制限した共有フォルダがあったとして、安全を高めようと通信を暗号化するために入れたSSHサーバに侵入されたら、よけいひどいことになる。

今日は認証機能から。秘密鍵の「指紋」(フィンガープリントて言うのは長すぎ) をあらかじめ相手に送っておいて認証するんだって。「指紋」は「公開鍵」だって。てことは、本番の認証時に何を送るのかな? ちょっと謎。とにかくそれは一方向の認証ね。

Mac側はコンパイルしてインストールするUNIXのソフトだけど、Winだとバイナリがあって、起動するとDOS窓でうごいてる。設定ファイルの書式は同じ。デフォルトのものをいきなり読みに行くのが違う。まっさらから書き始めてもダメで、デフォルトからredirect <ポート>とtarget <ホスト>の指定をしたら動いた。

Macと繋いで、HTTPとかメールは快調。SSHの時のように重い画像の沢山あるページでもエラーにはならないし、アップロードでも化けない。Macの再起動でもWin側を触らずに繋がる。

さて、問題はFTP。クライアントが癖のあるMacのFetchで、トンネルの先がWinのBlackJumboDogのFTPプロキシなのは特殊だよね。データコネクションのUDP接続がどうのこうのと大変らしくて、試行錯誤の末。特別なことをせずにHTTPと同じように「8021:192.168.10.1:ftp」とだけして、Macのファイアウォールをオフ。にしたら繋がった。なーんだ。Fetchの初期設定は今までと変わらず、プロキシのタイプは「no logon」でパッシブモードは使わない。

残るはComNiftyのtelnet接続だけど、IPsecと同じくZebedeeでもClassic環境のソフトは接続できないらしい。ざむねん。そろそろ引退かな。

無線LANならクライアントの「localsource true」の設定は欠かせない。でないと他のマシンからトンネルに入れるんだって。すごい抜け道。SSHだと入れないよね?

今はZebedeeだけど、IPsec接続も平行して動いてる。Winを再起動したらIPsecのままでも化けなくなったのだった。結局、あの文字化けは何だったん?

そうそう、「Mac OS XでZebedee」作ったのでよろぴく。

前の日 / 目次 / 次の日


(C) Toshiyuki Mori,2003