ひまつぶし日記 2003年2月上

2月15日 ダーク・エンジェル

テレビ朝日でやってたダーク・エンジェルのセカンドシーズンの続きを深夜枠でやってる。なるほど、いつのまに終わったと思ってたら、途中で打ち切りだったのね。

視聴率6〜7%だったそうで、それが理由かな。実は、ファーストシーズンも細切れの放送だったとは。放送に問題ありそうな回をカットしたんだって。なんだかつまんなかったのは、それが原因かもね。

だいたい、午後8時代なんて、洋物テレビを放送する時間帯じゃないし。しかし、続きは吹き替えが無いのが残念。あの声じゃないとマックスの感じがしない。

吹き替えといえば、昨日のサスペンスものの2時間ドラマ。なんでアリーが出てくんのさ、と思って画面を見たら、若村麻由美だった。アリーの前からファンだったのに、すっかりアリーの声だね。それもまた妙に魅力だったり。

OS X 10.2.4のアップデータ入れる。また少し画面表示が速くなったかも。

Apacheのhttpd.confが久しぶりに改訂。今回はhttpd.confファイルをhttpd.conf.applesavedとしてバックアップし、新しいhttpd.confと入れ替えるという大胆な行動。PHPとか設定してた人はやりなおしだね。

変わったのは以下の部分。rendezvous対応なわけだ。

LoadModule rendezvous_apple_module libexec/httpd/mod_rendezvous_apple.so

AddModule mod_rendezvous_apple.c

#ServerName rambo

AddType image/x-icon .ico

<IfModule mod_rendezvous_apple.c>
RegisterUserSite all-users
RegisterDefaultSite
</IfModule>

で、どうなるの?

目次 / 次の日

2月14日 cat and frog

バレンタインデーってのが、一番意味を持つのは“愛の告白”をしちゃおうって人にとってだよね。だとすると、年に1回じゃ足りないというか、ちょうどその日にタイミングが合う人って少ないんじゃないかな。映画の日のように月に1回あってもいいかもよ。意味が薄くなりそうだけどね。

Tomcat 4.1.18でmod_webapp 1.0が使えてしまった。「Mac OS XでTomcat」を直さなくては。今のバージョンは1.2なんだけど、OS X用バイナリの配布は1.0しかないわけ。1.2だと自分でビルド。1.0が使えるなら少し楽できる。

もともとは、OS X 10.1.5でTomcatとApacheの連携がうまく行かない人がいて、で、10.1.5ではmod_webapp 1.2のビルドがうまく行かないらしい、ってんで自分でも実験したところ。10.1.5は別のパーテーションにまだ入れてあって、たまに実験に使ってるから。

で、そっちにはTomcat 4.0.3とmod_webapp 1.0が入ってるので、Tomcat 4.1.18をコピーしてきてそのまま動かしてみたわけだ。うごくじゃん。

ビルドの試しはしてないけど、autoconf 2.5のインストールも必要だし。とりあえずmod_webapp 1.0が使えるならいいね。

しかし、IE5から呼び出した一回目が失敗し、リロードしたら連携できたりとか、ちょっと謎。Javaの動作が遅いからかな。せっかちなテストがいけないのかもね。

パッシブモードが使えないFTPクライアントを使う時のファイアウォールへの穴開けだけど、FTPサービスと同じ「20-21, 1024-65535」にする必要はなかった。クライアントだからね、20-21は無くてもいい。

ついでに、8000番台は、TomcatとかZebedeeのトンネルとか使うことが多いので抜かす。もしFTPが使おうとしたら接続失敗になるだろうけど、そのときはそのときで、安全の方を取ろう。

てなわけで、「1024-7999, 9000-65535」という穴になる。

穴開けつながりで、127.0.0.1にポートスキャンしてみたら、631と1033が開いてる!何?

631は「Internet Printing Protocol」てのはプリンタね。1033はNetInfoが使用するポートだって。正体が分かればひと安心。

参考:10.2-ポートの解説とかWinとのやり取りとか

てことでFTPは、「1024-1332, 1334-7999, 9000-65535」ね。

まぁ、子守蛙の背中に

ああ、それを言ってはっ。

目次 / 次の日

2月13日 Safari 1.0 Beta (v60)

OS XのiTunesのイコライザ (音質調整) 画面がサメのエラみたいで気持ち悪いよ〜。

イコライザ画面
サイズ1/2

音質をリストで選んだあとに、自動で駒が動くのが“ぞわわ”とくる。背景のグレーの金属質と並んでる半透明青の駒の形が絶妙なんだよね。や、意図してもなかなかこの気持ち悪さは出せないと言うか。

Safari 1.0 Beta (v60) が出たのでテスト。

この日記には書いてないけど、1/12にセキュリティバグを発見して、すでにAppleには報告済み。

Harden-Mac MLに1/12に投稿

[harden-mac:0291] Re: Safariについて

v60でもまだ直っていない。formからファイルのアップロード時に、パスに日本語の仮名漢字が含まれていると、違うものをアップロードしてしまうんだけど、本当のファイルの代わりにアップロードされてしまうのは、やはりSafariが一度読み込んだファイルらしい。以下の2つを確認。

com.apple.Safari.plist
.GlobalPreferences.plist

放置されるとは思えないので、まだ順番が来てないんだろうね。

ちなみにテストページもあるよ。

Safari file upload test

v60ではJavascriptのrefererが直ってるね。いままでは前のページでなくそのページのURLが入ってた。その他にもいろいろ直ってるみたい。

目次 / 次の日

2月12日 異国で頑張る日本人

「千と千尋の神隠し」がアカデミー賞にノミネートだって。元祖アカデミー賞だからね、それだけでメディアが浮かれるのも分からんではない。

ただ、数ある映画の賞の中でも、作品の質とは違うところで決められてるんじゃないかって、そんな感じが一番臭う賞なんだよね。アメリカローカルだし。

なんだか、野球の本場の大リーグと、それに挑戦する日本人選手の趣もある。それもまあ、活躍すればうれしがってもいいんだけどさ。

なんかね、あんまりはしゃぐのもかっこわるいんじゃない?

その点、すっかり醒めた対応の宮崎監督はかっこいいよ。

使ってる人が多いらしい「はてなアンテナ」に登録してみる。

同じURLなら、すべての人のアンテナで、まとめて1度の更新取得だから、載せられる側の負担は少ないね。

で、ここはページまるごと保持してあって、前回の内容との違いを直接比較して更新を判断してる。だから更新日時もアンテナ側でページを取得した時間になってる。なるほど。

で、わたしのは、まだ自分のページを登録してテストしてるだけ。

JIS X 0212で追加された補助漢字と、WindowsのNECとIBMの拡張漢字がごっちゃになってた。X 0212の方はWindows 98とNT4のSP4にUnicodeとして入ったのか。

その両方を含んでるのが、Adobe Japan 1-4て文字セットで、それにX 0213を足したのがAPGS (Apple Publishing Glyph Set) だと。ふむふむ。だからOS Xのヒラギノフォントなら、全部使えるわけね。

目次 / 次の日

2月11日 青不動

「国宝100選」はNHKの再放送。知ってる有名なものばかり出て来る。けど「青不動」はすごいねぇ。不動尊の背後の炎がリアル。炎って赤く描かれることが多いんだけど、これはちゃんと黄色い炎で、様式化されてない勢いのある火勢なんだよね。みごと。

青蓮院にあるんだね。ところで、お寺のサイトってけっこうセンスいいね。京都だからかな。

Webページ上のmailto:で使うメールアドレスの@を&#64;に書き換えてみる。アドレス収集ロボット対策になるのかどうか微妙な気もするけど。

で、全部のページを書き換えると、けっこう時間かかるんだよね。こういうのが楽になるのがXMLによるサイト構築のはずだけど、まだとっかかり。

目次 / 次の日

2月10日 春

今日はとっても春な一日。

立春になると、確かに水の冷たさが変わるし、暖かい方へ動き出すのが分かる。

関東地方で一番雪が降るのは2月にしても、まあ、もう春なんだ。

柿右衛門をテレビやってた。柿右衛門は陶芸家だけど、柿右衛門の名で売られる磁器は、柿右衛門工房として、大勢の職人の分業によって作り上げるもの。

本人が直接作るものの方が価値がありそうだけど、職人の技を見てると、本人が作るよりうまいものが出来そう。本人が作るにしても、下絵を書くだけなんじゃないかな。

「柿右衛門」はブランドなんだよね。

目次 / 次の日

2月9日 Mac OS XでCocoon

東京国際マラソン。

で、やっぱりどうも、男子は大福に続いて日本選手勝てず。2位になれば立派なんだけどね。油谷はがんばった。でも1位と2位じゃぜんぜんちがうわけで。この勝てなさ加減だと「本番」のオリンピックで金メダルは難しいぞ。

あ、今日はすっかり日本人かも。

Mac OS XでCocoon」公開。

Java1.4じゃない場合、イメージを扱うためにXが立ち上がってるか、なければVirtual Framebuffer Serverが必要とか。OS Xの場合はJava1.3.1。大丈夫だと思うけどね、まあ、とにかくSVGからPNGを生成するとか、画像関係が機能することを確認しなくては。

ということで、やっとPNG生成の確認が出来たので公開。

目次 / 次の日

2月8日 絶対内緒の話

ここだけの話。

間違いメールとしか考えられないんだけど、とんでもない内容の英文メールが送られてきた。

わたしの口座に1000万USドル振り込むって書いてある。1000万ドルっていくら?

アフリカの某国の、暗殺された前大頭領の次男だそうだが、政治亡命を求めていて、その1000万ドルは政治資金として預かってほしいんだそうだ。なーんだ。くれるんじゃないのか。5.5%の手数料だけだってさ。

え、55万ドル? ええと、1ドル120円として6600万円! ほえ〜〜〜

ま、まあ、もちろん、間違いなんだから、このまま話が進んだりしないよね、よっぽど大事なメールだから、間違って届いたと連絡しようか、

待てよ、そういう大事な秘密を知ってしまったわたしはどうなるの

口封じとか……

まさかね

でも

こりゃ黙ってよっ、って、アドレスでばれるじゃん、まままっまっっまず〜〜〜〜〜

困ったときのGoogleだのみ。

差出し人の名前で検索

なんだ、マルチポストかよ。

そんなメールのコレクションまであった。

Creative and interesting offers - Do not respond to anything like this

ゴッホの「婦人像」が6600万円だって、手数料じゃん、じゃなくて、あんな変な絵良く買うよね。いくらゴッホだからって、あの絵にそんな価値ないよ。

「スターゲイト」だよね。ゲイトが開くまでのワクワクと、変身のかしゃかしゃが魅力だけど、それ以上じゃないんだな。地元の人たちと協力して悪い支配者を倒すって、イラク?アフガン?

まーつまり、アメリカ人が好きなパターンなわけだ。あ、今日はすっかりアメリカンじゃないわたし。

目次 / 次の日

2月7日 Unicodeって

あいかわらず一次情報じゃないんだけど、合成文字を扱わなくていいレベルがあるのは「ISO/IEC-10646」の方で、Unicode2.0では必須だという情報があった。

となると、合成文字の問題がUnicodeのバージョンの問題じゃないってのは、まったくもって正しいことになる。正式なUnicodeでなく、いわゆる「Unicode」てのにレベルが存在し、合成文字対応が任意だってことだね。ほんとかな。

これも一次情報じゃないけど、WindowsのUnicodeでは、「サロゲートペア」と「合成文字」が扱えるようになったのはWindows 2000以降、という情報もあった。なるほど。そうなるとWin 2000、XPとOS Xとの間ではファイル名問題が出ないことになる。

Unicode調べてて見つけた情報だけど、

X に添付の Mail は、文字コードに JIS X 0208 を超える部分がある場合、UTF-8 になります。

実験してみたら、たしかにそうなった。で、UTF-8はさらにBase64でエンコードして送られる。相手もOS XでMailを使ってるなら、JIS X 0213の文字すべて使って通信できるね。

PHPとGDてので画像作成できるんだってね。画像の動的生成って、Cocoonでもできるけど面白い。

目次 / 次の日

2月6日 バッテリー残量

iBookのバッテリーが、あっと言う間に無くなって、こりゃ大変とフル充電。いつもは表示してない残量表示してみると、あれま、28分だってー。こりゃもうダメじゃん。

そのままバッテリー駆動してると20分ほどで残り9分になり、「AC電源に接続してー」のダイアログ。どこまで行くのかずっと使い続けてると、残り0分になっても大丈夫。なんとなんと、そこから50分も使えるじゃん。合計1時間20分。

再充電したら1時間15分の残量。で使えたのは1時間30分。さすがにそれより長くならないが、まあ、この程度ならまだ使えるね。電池が弱いから変な表示になるのかもしれないけど。

目次 / 次の日

2月5日 歯磨き

今日は2月の第一水曜日で映画の日。

でも行けなかった。

ちなみに、映画の日は12月と1月は1日で、あとは第一水曜日なんだね。すべての月で1日だとばかり思ってた。なんか、この映画館安いね、と思ったら映画の日だったこともあるけど。

また新しい説かな。ちかごろいろいろ常識がひっくり返るね。

むかしから、うちでは朝食後に歯磨きだったけど、おじさんちでは朝食前に歯磨きだった。そもそも、「食後に歯磨き」という常識は、それ以前の「朝起きたら歯磨き」の常識を引っくり返したんじゃなかったっけ。そういや、ネパールじゃ、みんな朝食前に歯を磨いてたぞ。

だいたい戦後 (ここでは第二次世界大戦後) に出来た新しい科学的「常識」ってのが、それ以前の経験的に正しい常識を、ことごとく破壊してきた気がする。

きっと他にもいろいろあるはずだよ。昔の方が正しい生活。

FTPクライアントのFetchだけど、LAN内のプロキシ、BlackJumboDogがパッシブモードに対応してないんで、OS Xのファイアウォール越しだと繋がらないんだよね。ところが、OS XのフィアウォールはUDPは素通し(噂)なのか、OS X 10.2になったら繋がるようになった。ところが、Zebedee経由だとTCPで返って来るせいか、また繋がらなくなった。

ということで、穴開け。ファイアウォールで新規にポート指定。(20-21,1024-65535)てな具合。これは「FTPサービス」の丸ごとコピーね。FTPサーバをオンにはしないから、自分で新規に作らないとダメなわけ。

これで、FTPの時だけファイアウォールを切る、なんて不健康なことをしなくてすむよ。これもFTPしないときは閉じるし。

OS Xのファイル名に、たとえば「は」と「゛」を入れても「ば」にはならずに「は゛」のまま。合成されるんじゃなかったっけ? で、ことえりの文字パレットを見ていたら、Unicodeには3099、309Aの濁点半濁点と309B、309Cの濁点半濁点がある。で、「は」と3099の濁点を入力したら、あ〜ら不思議、くっついて「ば」になるじゃありませんか。

Shift_JISにもある「゛゜」はUnicodeの309Bと309Cで、こっちは互換性のために合成されない濁点半濁点。3099と309Aは合成される濁点半濁点だった。

合成されないで2文字として扱われて化けるのは、Shift_JISやEUC-JPに無い文字だったからなんだね。やっと本質を理解できた。

つまり、ファイル名の文字化け問題は、OS XのUnicodeとWindowsのShift_JISとの間の問題で、合成文字に未対応の文字コード変換ツール、mod_encodingならlibiconvがいけないんだね。てことは、OS付属のツールで変換すればいいのかも。

合成文字の問題なら、Normalizationは間接的にしか関係してないことになる。で、その合成文字自体はUnicode2.0からあるんだから、バージョンに関係あるとしたら、3.0未満は合成文字対応が任意だったから、なのか。

てなわけで、以下の日本Sambaユーザ会のページの記述は不正確だよね。(すでにOS Xには対応してるって問題ではなく)

なお、Mac OS X ではファイル名のエンコーディング形式としてUTF-8 を利用しているが、文字集合としては Samba の UTF8 パラメータ が想定している Unicode 2.0 ではなく、Unicode 3.1 を利用しているため、一部の文字で不具合が発生してしまい、現状利用を勧められない

OS X 10.1はUnicode3.2の文字セットに対応して、JIS X 0213のすべての文字を扱えるようになった。で、当然サロゲートペアと合成文字にも対応してる。しかし、サロゲートペアも合成文字もUnicode2.0からあったわけで。それらが必須とされたのを問題とするなら、Unicode3.0じゃないかと。

目次 / 次の日

2月4日 進め、ひょうたん島

ひょうたん島の歌、いいねえ。もーむす。でなくてもいいんだけど、いいねえ。NHKの「みんなのうた」になってるみたいだね。

その、みんなのうたで使われてる画面はCG。小さいひょうたん島が、ふわふわ町なかを飛んでて面白い。つくった人って、D's garageとかで作品発表してたきぐるみ〜ずの あさをゆうじ さんかと思ったら、違ったみたい。菅原正さんだって。雰囲気似てるんだけどね。

今月のうた缶

OS X 10.2から存在するようになった不可視ファイル「.localized」の意味がやっとわかった。実は10.2を入れた直後から存在は知ってたし、検索したけど分からなくて、そのうち解説したページが出来るだろうって思ってたら、予想通り、ちゃんと解説してくれる人がいるんだよね。感謝。

Mac OS X 10.2のローカライズ機能

Windowsで使えないファイル名を実際に試して実験。個々に使えない文字と、予約名やドットがらみの名前で、ファイル名を入力した時に出るダイアログに違いがあって面白い。

Macで作ってWinに送ったらどうなるか、MacをSMBサーバにしてWinから覗いてみた。

使えない文字に関しては、Winから見たらすでに違う名前に置き換えられてる。が、CON等の予約名はそのまま表示されてる。ドットで終わるファイルもそのまま表示。でも、コピーできないんだよね。Winのディスクへコピーできなかった。

で、ドットから始まる名前のファイルは、例外的にそのままMacからWinへコピーできる。特別扱いなのかな。となると、Win上でドットで始まるファイル名が付けられないのが不思議。なにか、いわれがあるんだろうか。

rssh - restricted shell for scp/sftp

scp と sftp のみ、またはこれらの片方のみを許可、だそうだ。ここでもSSHのシェルを使えないよう制限してるのだった。

*BSDで使えないってことはOS Xでもダメかな。

目次 / 次の日

2月3日 リンク

ひっそりと、まめまき。

某氏より、自分のサイトに対するリンクの紹介内容が変だとのメールをいただく。

て、何が変なのか分からず、とりあえず変じゃ無いと思うと返信。

と、トップページにそれなりの説明とともにリンクして欲しいとのメール。できないなら削除希望とも。なるほど。そのサイトは「無断リンク禁止」でもあった。

びっくりしたのは、わたしの方のリンク条件を取り上げて要求されたこと。ちなみに「このサイトへのリンクについて」でこうなってた。

このサイトへのリンク条件は、あなたのページの条件と同じとします。つまり、どのページでも自由にリンクをしていいのなら、ここも自由にリンクしてください。トップページにリンクすべし、というならトップページに。メールによる許可が必要なら許可を求めてください。あなたのページがリンク禁止なら禁止します。ただし、「相互リンク」は行っていません。

リンクを自由にした方が楽だよ、ってなメッセージと、自分で禁止しといて人のは自由ってのは虫が良すぎ、ってことでこう書いたわけ。

ところが、無断リンク禁止の相手には、わたしのサイトも無断リンク禁止ってことになり、無断リンク禁止なら、相手に対しても許可を求めるのがすじになるよね。ふむふむ。

上記の条件は、リンクされることしか考えずに書いたのに、リンクする時の条件も暗黙のうちに含まれることになるのだった。となると、いちいちリンクする度に相手の条件をしっかり確認しなくちゃいけなくなって、すごく大変。

さっそく、上記ページは単なるバナー置き場にして、「リンクはご自由にどうぞ」に変更。

で、そもそものリンク。いやがられてまでリンクしようとは思わないので、削除しておしまいでもいいんだけど、まあこちらの考えもきっちり書いて返信。

どうにも理解されなかった模様。最後だと思うけど、すこし角度を変えた説明のメールを返信。

地球の話をしていたのです

「ぎゅっと」するしかないよね。

りゅうさんのMacFace入れる。かわいい。

目次 / 次の日

2月2日 シャトル

コロンビア号墜落だって。ショック。

「日本人は乗っていませんでした」じゃないけど、日本人宇宙飛行士は乗ってないってことで、日本のメディアには妙に他人事な報道もあるね (「アメリカの威信失墜」とかね) 。「国」の意識が薄いわたしは、それが国内で起こった問題と同じようにショックを受けてる。

9.11の時にも書いたかもしれないが、ハリウッド映画やアメリカのテレビドラマばかり見てるから、自分も殆どアメリカ人、なのかもしれないね。

さて、Normalization関連書き換え。WebDAVのページ掟のページとに書いてあるから、両方。

Normalizationの規則が正式に取り入れられたのはUnicode3からと明記。していいのかな。

で、関連してMacとWinのファイル名に関して調べて追加。なんか調べる度にWinのファイル名の最長の値が違ってるって、以前の調べ方が悪かったのか。どちらもMicrosoftのページのはずだけど。なんだか謎。

WindowsのUnicodeのファイル名に関して書いてある文書は殆ど無いんだけど、Normalizationはどうなってるんだろう。Unicodeとレガシー文字コードに関しては、そのマッピングテーブルが違ってるって話はいくつも発見。

目次 / 次の日

2月1日 ひょうたん島

NHKでテレビ50年の特番。て、NHKの番組しか取り上げてないじゃん。民放はテレビじゃなかったのか。

「ひょっこりひょうたん島」の新作が見られたのはよかった。って、あんな人形劇だったっけ。ものすごく理想化してたのか。もーむすがひょうたん島のカバー曲歌ってる。

この日記が各地のアンテナに補足されたみたい。

今までみたいに、書いてから修正って手が使えなくなるなぁ。って読んでもらえるのは大歓迎ね。vm_converterさんのおかげだよん。

そのvm_converterさんから、md5sumはfinkが入れたとのご指摘。なるほど、/sw/bin/md5sum にある。/sbin/md5 もあったのね。

前の日 / 目次 / 次の日


(C) Toshiyuki Mori,2003