ひまつぶし日記 2003年11月上

11月15日 WPAの脆弱性

WPAにしたからって、無条件で安全にはならないという話。

TidBITS 日本語版 #705/10-Nov-03

20 文字以下で実在の単語のみから成るキーを選んでおくと、そのキーがごく簡単に破られてしまうのだ。

辞書攻撃ね。20文字程度は欲しいってことで、19と20で決定的に違うってことではなさそう。しかし、知らなければ8文字くらいで使っちゃったりするよね。WEPじゃだめだという人のためのこだわりのWPAなのに、WEPより簡単に解読できたら洒落にならない。気をつけよう。

解決法は? それは、20 文字よりも長いキーを選ぶか、それとも 20 文字のデタラメの組み合わせを考え出すかすればよいのだ。

関連情報:

iBook G4は、交換ではなく修理ということになって、再びわたしの物になった。

まずは無線LAN接続を完了させなくては。WEPだけじゃなくZebedeeのトンネルを使って二重に暗号化して接続してるから、新iBookにZebedeeをインストールしなくちゃいけない。旧iBookからソースをコピーして、いつものようにターミナルでmakeしようとしたら、makeが無い。デベロッパーツールを入れてなかった。新iBook付属のCDの中を探したら、ツールが無い。そうか、iBookには付属しないんだ。

つーわけで、アップルからツールをダウンロード。してインストール。わたしが持ってるOS X 10.2のパッケージに付属してたのよりは新しいが、OS X 10.3になっても特に新しくなってないんだね。その後にJavaのアップデートとgccのアップデートを入れようとしたが、このマシンにはインストールできなかった。

Zebedeeのkeyなども全部旧iBookからコピーしたから、そのままなにも設定せずに起動してうまくいった。送信元のサーバの方では登録IPアドレスを増やさないと新旧同時接続はできないけど。

そうそう、Zebedeeの使い心地ね。無線LANとしては届きにくい環境で使ってるせいか、AirMacが時々接続失敗して、そのときにZebedeeも落ちたりする。そんなときにはターミナルから再起動。AirMacは繋がっててPINGが通ってるのにトンネルが繋がらないときは、killall zebedeeして再起動で繋がることもある。

電波状況が悪くなければ切れないと思うけど。

新iBookは受信能力が弱いね。シェル型の筐体内のアンテナより小さいからかな。

中国強すぎ。身長197cmで、しかも動きがいいなんて無敵だね。

目次 / 次はまだ

11月14日 iBook G4 電話 (4)

届いて8日以内なら不良品は交換になるけど、交換してまた別の不具合があったらやだし、修理のほうがいいなあ。でも対面修理はまだやってないみたい。

アップルのサポートに電話。

今まだ修理体制ができてなくて、交換しか無いんだって。納期確認してもらったら、え、4週間? BTOで標準から変えてあるからアメリカから送るって。そうかBTOはアメリカで組んでるんだ。

「一週間ほどで修理体制が整いますから、修理にしませんか? 液晶部分の交換になります。それまで使いづらいでしょうが、使っていただいて」

「対面修理も?」

「対面はさらに一週間ほどあとになるかもしれません」

「じゃあ修理で」

「では、こちらからお電話します」

ということに。べつに使いづらいことは無いしね。4週間の空白より、どんどん使って行く方がいい。

感動したぞバレーボール。キューバによく勝ったね。えらい。すっかりファンになったぞ。

目次 / 次の日

11月13日 生じゃない

バレーボールワールドカップ。今日は残念。ブラジルは強かった。

さてこれから大逆転だぁ、といいところ、ネット上のニュースに結果が。生じゃなかったのね。

生とそうでないものの違いは、マグロなら刺身とツナ缶ほども違いがあるが、テレビも同じだぞ。

違う店でiBookを触るが、ここでもずれがある。ずれはあるものだと決定。

目次 / 次の日

11月12日 iBook G4 ずれ (3)

某販売店でiBook G4 12"に触ったら、底面パーツとその上のパーツのずれが、届いたiBookと同じだった。左端を押すとギシギシ軋むのも同じ。そんなもんなんだね。さすがに、ディスプレイ枠のポッコリ瘤は無いけど。

てなわけで、完全移行もままならず、古い方のiBookを持っておそらく最後のお出かけ。相変わらずバッテリーがダメだから、コンセントが無いと使えない。

目次 / 次の日

11月11日 iBook G4 届く (2)

やっと届いた。

福山通運だけど、伝票の発送日が11月10日になってる。てことは、11月7日の出荷日は運送会社へ渡した日ではないのか。

さてさて、開封。茶色のボール紙の箱の中に、あの絵入りの奇麗な箱が入ってる。販売店でも同じ状態で在庫が置いてあるみたいだけど、買うとボール紙の箱から出して渡してくれるんだよね。そうしないと把手が出てこない仕組みなのはわかった。

Macを買ったことが一目でわかるから、買った帰りに妙に意識して気恥ずかしかったりするんだけど。いえ、別に、Macでなくても買ったものが見えるのは恥ずかしい。高いものを買ったことが一目で分かる箱で持ち運ぶのは、セキュリティ的にも問題あるよ。

開封の儀式には、ちょっとした感動がある。

ピカピカで傷一つない外観が新しい証。でもよく見ると、というか撫でてると(フェチモード中)、白い底面とその上のグレー部分の境目が微妙にずれてる。底面に対して右にコンマ1、2mmかな。さらに、パームレストの左端を押すとギシギシ音が。

これって初期ロットの問題?アップルの基準?日本のメーカー製だったら検品通らないんじゃないかと。

ちなみに、シェル型iBookだと直線で合わさる部分が殆どないから、多少ずれていても分からない。

あと気になるのは、クリックがケースに反響してパコパコ言う音。効果音じゃなくてスイッチの音。

起動してpantherと対面。先日合格と書いたウインドウのタイトルバーの色。Finderのメタル調は不合格だからね。メタル調でない一般のウインドウが合格。

先日iMacとeMacの接続で苦労したが、今日の新旧iBookの接続も苦労する。結局ストレートケーブルではなくクロスケーブルを繋いだらすぐ繋がった。近頃のMacには自動切り替えがあったはずが、マシン同士ではだめなのかな?

AirMac Extremeカードを入れて、無線LANも開始。なかなか繋がらない。OS X 10.3.1のアップデータを先に入れることにする。入れない状態を確認したかったが、入れないで悩んでるとしたら無駄だからね。

でも結局、WEPのパスワードのメモが古いものだったというオチ。新規に設定しなおして解決。

AirMacは、ベースステーションを使わなくても、カードを挿したマシン同士でも使えるし、WEPの設定もできる。が、新機能のWPAを使えるのはベースステーションとカード間のみのようだ。ネットワークを作成する時にWPAの設定は出てこない。そのかわり14チャンネルは使えるようになったんだね。

WPAが出てくるのは、「インターネット接続」アプリケーションの「ネットワーク」で「その他」を選び、「ワイヤレスセキュリティ」の項目で「WPAパーソナル」か「WPA エンタープライズ」を選ぶところ。すでにあるネットワークに接続するわけだ。

ヘルプによれば、エンタープライズはRADIUSサーバを使う場合で、パーソナルが小規模LANで使うものだそうだ。ちなみにTKIP (Temporal Key Integrity Protocol)を使うんだって。バッファローのAPでも対応してたね。繋がるかな。そうだ、無線LANカードでもネットワークが作れるなら繋がるはずだね。

で、システム環境設定のネットワークで設定したWEPのパスワードが、なぜか保存されない。謎。しかたないので、「インターネット接続」の方で入れてキーチェーンに登録した。

全部書いてたら切りがないが、AirMac Extremeカードが挿しにくいと言うか、挿さったのかどうか分かりにくいのも注意事項か。

まあ、多少のつくりの悪さもご愛嬌で楽しんでたのだ、ディスプレイの周囲の枠の出っ張りを発見するまでは。

真正面だと気が付かないが、横から見ると、外枠の一部が液晶面から1mmほど浮いてる。撫でると瘤のようにぽっこりと。これは不良品だよね。

目次 / 次の日

11月10日 カツ

仕事帰りに某交差点の丼系の店に入った。

自販機で買った食券を店員に渡して、席に座ったとたんに出てきたカツカレー。

やっぱり、カツは揚げたてじゃなくちゃね。不合格。

今までで一番まずかったカツは、意外にも大阪。梅田駅地下のそば屋のカツ丼。厚さ2mm程の薄くて堅い肉に厚い衣。時々思い出すほどのまずさ、って考えてみればすごいことかも。

目次 / 次の日

11月9日 選挙

予言外れて投票率低かった。

民放各局の選挙速報は、出口調査の結果から、自民200ちょいで民主200超えって騒いでた。NHKは出口調査からの予想に幅があることがはっきり分かるよう、立体円柱の棒グラフを斜めに切った形で表示してたね。当然。

あんまり幅があり過ぎて分かんないじゃん、と思ったが、小選挙区ではわずかな票の差で結果が大きく変わるってことか。

民放が小選挙区の特性に配慮しないくらいだから、選挙前の報道を見てきた一般人には、小選挙区制ならではの一発政権交代の可能性の高さに実感がない人が多かったのかもしれない。だって、実感があったら投票に行かないなんて恐すぎる。どっちの支持でもね。

でも、保守じゃなくて支持に値する政党があれば投票する、って人がけっこういたりして。

目次 / 次の日

11月8日 another mind (2)

cover アナザー・マインド 上原ひろみ

誰?といえば、ジャズピアニストなんだよね。ピアノはクラシックも好きだけどジャズもまたいい。上原ひろみの曲はジャズのカテゴリーには収まっていないけど。

これだけ指が動いたら気持ちいいよね、のすばらしいテクニック。しかも、自分で作曲してるんだって。すごいなー。

逆に作曲してるからこその、ピアノばかりが主役じゃない曲があったりして。電気ピアノと言うか電気系の鍵盤も使ってるし、「ピアノを聞くぞ」というつもりだと少しはずれ。

で、アルバム全体としては、少しまとまりに欠ける気がするが、個々の曲は聴いていて心地いいし、元気が出るかも。

上のジャケット写真はアマゾンのね。アソシエイトに登録すると使える。リンクをたどって購入する人がいれば、ささやかな収入になるけど、それよりも映画やアルバムの写真を持ってきて使えるのが便利だから。

ワールドカップバレーボール、日本VSトルコ。

日本のバレーボールがこんなに面白いとは思わなかった。まるで曲芸。相手によっては、こううまくいかないのだけど、今日は見ていて楽しかったのでずっと応援。

スポーツ観戦は、勝つ方を応援するのが楽しいね。

目次 / 次の日

11月7日 eMac (2)

先日買った知人のeMacの設定。

Pantherだよん。販売店で少しいじった程度のわたしには、初Pantherなわけ。

さて、ウィンドウのタイトルバーの色。いい。AquaのしましまもSafariやQuickTimeのメタル調もいまいちだと思ってたが、この明るいグレーは合格。OS 8と9の濃いグレーも気に入らなかったから、OS 7.5以来の快挙というか、ま、わたし的に。赤黄緑の信号色のボタンも、少し奥に行って落ち着いた。

10.3になってラベルの復活が一番うれしい。ファイルを色分けして分類するのがOS X以前の習慣だったから。しかもアイコンに着色するより見やすい名前の背景に着色ってのがいい。ちょっと派手な色だけどね。これ変えられるのかな。

eMacのモニターはフラットタイプで、なのに内側の発光部分には曲面が残ってたりしてたが、この個体は気のせいかフラットに近付いたような気がする。モニターが変わった?

同じ部品の調達を複数のメーカーからすることはあるから、ロットによって違いがあるのかもしれないね。

従来使ってたiMac G3 233MHzのOS 9.2.2からeMac G4 1GHz OS X 10.3への引っ越し。Ethernetで繋いでも「ケーブルが繋がっていません」と表示されてあせったが、iMac再起動→eMac再起動→iMac停止→iMac起動で繋がった。変なの。TCP/IP接続ね。

旧アプリケーションは再インストールではなく、関連の機能拡張書類とともにコピー。

これが使えないと大変な、プリンタとスキャナのドライバは、Classic OS用とOS X用と両方必要。キヤノスキャンのOS X用ドライバは、10.3対応についての記述がない。今の所、OS Xからスキャンするソフトも無いから入れないでおく。

結局、よく使うソフトは当分Classic環境で動かすことになるんだけど、スキャンもプリントも快調。OS 9で起動できないからその点が心配だった。

それにしても速くなったねー。RAMも640MBに増やしたけどね。体感では5倍じゃ済まない恐るべきスピードアップ。

めでたしめでたし。

今日の発見:eMacの最大の欠点は持ちづらいこと。滑る。

iBook G4は注文してからとうとう9営業日目になった。注文時には5-7営業日に出荷となってたし、出荷時にも遅れる時にもメールで連絡くる約束なのにね。アップルサイトで確認すると11/6出荷予定だって。それでも過ぎてるやん。

と、13:20にメール。

現時点、部材の不足に伴う生産の遅延が発生しており、11月18日迄 には出荷をさせていただくよう努めております。

えー。そんなに待てないよー。

と、20:54にメール。

以下の商品を 2003/11/07 に発送いたしました。

おやまあ。確かに18日迄だが。

どこから発送なんだろうね。「最大4営業日以内にお届け」って、本州内からなら明日か? わくわく。

目次 / 次の日

11月6日 バッテリー修理

シェル型iBookのバッテリーを販売店で修理に出す。

「3週間から一月かかります」

「ええっ? そぉんなにかかるんですか!」

「今の時期メーカーは忙しいんですよ」

なんてこった。まあ、iBook G4が届けば不便には感じないだろうけど。て、今日8営業日目だけど、まだ来ないぞ。メールも無いし。

目次 / 次の日

11月5日 another mind

上原ひろみのCD届いた。

US版のCDを薄ーい紙の表紙で覆って日本語書いてある。それで日本語版ってことか。

取り出して見るとデータ面に2、3傷がある。CDと同心円形の傷ってまずくないか。と思ったら5曲目で音飛びした。脱力。

こういう時は通販て不便だよね。とカスタマーセンターにメールしたら、代わりのCDをすぐ送るし、返品は日通が取りに行くから都合の良い日時を電話してくれ、とのこと。

なるほど。送る手間はなくなった。取りに来るのを待つ無駄はあるが。

ということで、内容は次回。

目次 / 次の日

11月4日 ゴーヤ

銀座で沖縄県のアンテナショップ「わした」を発見。楽しいね。食料品が中心で、沖縄ガラスや陶器やシーサーも売ってる。で、気になるあれ。

「すいません。ゴーヤーマンありますか?」

「ああ、あれはNHKの物だから、ここでは」

「売ってない?」

「NHKのショップじゃないと。このあたりだと八重洲地下街にありますよ」

「意外に近いですね。ありがとうございます」

ちなみに、近所には北海道のショップもある。「どさんこプラザ

AirMacベースステーションって、やっぱりちょっと高価。アンテナ付けようかなとか思うと28,800円の方を買わないと。

てんで他社の調査。WPA対応となるとバッファロー(メルコ)製だね。ブリッジタイプなら12,800円とは安い。アンテナも付けられるしね。

問題は、WPA対応ファームウェアが11月予定ってことでまだ出てないのと、WPAでもなんだか微妙に違う実装があるらしいこと。AirMacのWPAの詳細がわからないと買えないね。

WPA・TKIP/AES 対応スケジュールのご案内

さて、今度はRAM抜き差しの実験をしようか、って矢先に壊れた。

iBook G4は未だ届かず、今使ってるのはブルーベリーのシェル型iBook。ACアダプターに繋ぎっぱなしだったのに、残り8%お? それに、繋いだアダプターのジャックの色が充電完了を示す緑のまま。電源系の何かが壊れた。

8月に買い替えたばかりのCENTURY製のリチウムバッテリーだけど、古いやつ出してきて替えてみる。ありゃりゃ、ジャックがオレンジになって充電はじめた。バッテリーがアウト。

新品バッテリーは4時間30分も使えて快調だったんだけどね。RAMを256MB増設し、HDDを6GBから40GBに換装し、AirMacカードを入れた状態で買ったばかりのころと同じ持ち時間なのは、セルが良くなって容量アップしたからね。

しかし、古いやつったら、劣化してもう殆ど充電されないんだよ。フル充電で5分。ほぼ有線状態。場所を移動するときにスリープ状態を維持するくらいしか使えない。デスクトップ機よりは便利だけど。

目次 / 次の日

11月3日 Open Firmware password

Open Firmware passwordって聞いたことはあったんだけど、すっかり忘れてた。MLでも紹介リンク先をちゃんと読まずに少しぼけたこと書いてしまっただよ。

始まりは、Control+Cキーを押しながらOS Xを起動すると、ルート権限を取れるって話。OS X 10.3では解決してるんだそうだが。Command+Sのシングルユーザモードとどう違うかっていうと、Open Firmware passwordを設定してあっても飛び越えるってのが問題。

Open FirmwareてのはWindows機でいうBIOSで、起動時に最初に読み込むBoot ROMね。パスワード機能も持ってる。アップルの解説では、「Open Firmware Passwordアプリケーション」をダウンロードしてきてGUIで設定することになる。この場合、起動時には下記のようになる。

もともと、OS Xでは起動時にパスワードを求めるようにできるんだけど、それをすり抜ける方法をすべて無効にするのが狙いね。ちゃんとシングルユーザモードも禁止してるのに、飛び越えられたら意味が無い。

しかし、Boot ROMレベルでのパスワードって言えば、起動時にはいつでもパスワードを要求するんじゃなかったっけ。実は、「Command+Option+O+F」キーでOpen Firmwareを起動して、"setenv security-mode full"と入れれば、起動時に毎回Open Firmwareの画面が立ち上がってパスワードを要求する形になる。GUIじゃないんだけど。これなら飛び越えられることは無いけど、アップルの保証外の方法らしいね。自己責任で。ちなみに、解除するのは"setenv security-mode none"。

それから、RAMを抜き差しするとOpen Firmware passwordの設定が解除される話は未検証。う〜ん、どうなんでしょ(長島で)

関連リンク:

目次 / 次の日

11月2日 情熱大陸

情熱大陸」って毎日放送の番組でしたか。関東だとTBSで日曜23:00からね。

今日は「北村龍平、34歳、映画監督」てのは「あずみ」の監督。見てないんだよね。なので出来は分からず。

それはそれとして、数多いる映画監督志望の人たちの中では、ひときわ光る才能があったからこその監督業なわけで、「ハリウッド デビュー」てのも光ってる。けども、数多の監督の中で、評価される監督になるかどうかはこれからなんだろうね。

まあ、この番組は若手の才気煥発な人たちを取り上げるものだから、評価が固まる前の「光」が見どころってことか。

思い出して、先々週その番組に出てたジャズピアニストの上原ひろみのデビューCDをアマゾンで注文。CD屋で探しても見つかんないんだもん。

店員に訊けば分かったかもしれないが、分からないときが辛いんだよね。そうゆうのって「何でも訊いてくださいロボット」とかの仕事かも。つまり、音声認識と楽曲のデータベースを持ったロボットが、店内を徘徊してればいいわけ。リアル猫型で、棚の上を歩いていてもいいかも。チェシャーキャットみたいにじっとしててもいいけどね。遍在してると怖いか。

ということで、聴いたらレビュー書くね。

目次 / 次の日

11月1日 AirMac Extreme

きのうAirMac Extremeカードを買った。無線LANカード。まだiBook G4届いてないけどね。BTOで本体と一緒に買わなかったのは、○○カメラで買えば10%ポイント付くから。ちなみに、古いiBookで使ってるのは古いAirMacカード。

折しも、今日アップルからアップデートが。

AirMac 3.2 for Mac OS X 10.3

この製品は、AirMac Extreme ベースステーションと、Mac OS X v10.3 以降で AirMac Extreme を使用するクライアントで使用できる、WPA (Wi-Fi Protected Access) のサポートを提供します。WPA はワイヤレスネットワーク上でのデータ保護およびアクセス制御を大幅に向上し、強靭な新しい暗号化アルゴリズムによって、より安全なデータの保護やユーザ認証をユーザに提供します。WPA について詳しくは、AirMac ヘルプを参照してください。

Extremeは持ってなかったからあんまり気にしてなかったけど、いままで対応してなかったんだね。

Yesterday at the Wireless Directions session of Apple's Worldwide Developer Conference, it was revealed that support for Wi-Fi Protected Access (WPA) would not be available for Apple's new AirPort Extreme products until Mac OS X version 10.3 "Panther"―the next major version of Mac OS X that will ship by the end of this year.

WPAが使えれば、無線LANの盗聴と不正アクセスに対するセキュリティも一応合格。ってことで、Macで使うにはAirMacベースステーション(きのこ)も必要だと書いてあるけど、他社製のWPA対応のAPでも使えるんじゃないのかな。逆にベースステーションとWindows機のカード間とかね。試してみたいね。

前の日 / 目次 / 次の日


(C) Toshiyuki Mori,2003