02年1月6日〜02年1月17日

1月17日 空海の風景

NHKの放送を録画しておいて今日見ました。司馬遼太郎の原作を、「街道を行く」風に現在の風景と人を映しならが、空海の足跡を辿っていきます。

この原作が良いんですよ。空海なんて1200年も昔の人ですが、この作品ほどひととなりを感じさせてくれる本はないでしょう。小説ではなく伝記ですが、はしばしの司馬の解釈がもっともで、説得力があるんですよ。

空海がすごいんですけどね。それを知るならこの本で、ってところです。

「ADSL適合結果のご連絡」今日、dsl_sup@nifty.comからメールが来ました。

 この度お申し込みいただきました@niftyADSL接続サービスですが、ADSL提供会社より「NTT適合結果においてサービスOK」との通知が届きました。
 お客様の開通予定日は、以下の年月日となります。ご確認をお願いしたします。
   開通予定日: 2002/01/07

なんで今頃?しかも予定日過ぎてる。

先に工事日時を知らせてきたのはnifty3@acca.ne.jpで、すでに工事は01/23に決まっています。さらに驚異的なのが、差し出し日時。

Date: Tue, 8 Jan 2002 07:34:18 +0900 (JST)

9日半かかって届きました。何かの手違いでメールの遅配が起きたとして、それでも開通予定日過ぎてますね。まあ、単純なミスでしょうが、ますますADSLは怪しいです。

例のプロキシですが、メールの場合はつなぎ方が違うようですね。MacのOutlookExpressの初期設定でのプロキシの設定は使えませんでした。そもそもポートが1つしか指定できなくていいのかな?

メールソフトのアカウント設定で、つなぐPOPとSMTPサーバをたとえば192.168.0.1のようにプロキシサーバにして、プロキシサーバから本当のメールサーバにつなぐのでした。なるほど。

しかし、プロキシに流れるデータを見てると面白いですね。セキュアな接続がどうセキュアなのかがわかるし、更新されてないときにGETせずにキャッシュを使うとかのやりとりが、よくわかります。

OSXの日本語入力の「ことえり」ですが、第3第4水準漢字を定義したJIS X 0213:2000に対応していて、OSXの新しい日本語フォントの「ヒラギノ」はその漢字すべて入っていて、OSX付属のTextEditはそれをUnicodeで保存できるんですよね。ついにShift_JISの呪縛から解放されたって感じです。

旧OSからは格段に進歩した環境で、ますます遅いのが惜しいですね。

MacIE5 べんりセット」ですか。面白そう。

目次 / 次の日

1月16日 OSX雑感

OSXをしばらく使ってみて、やはり重いのがネックですね。300MHzのiBookでは足りないようです。まだ買って1年1ヶ月ですから、ストレスを感じつつ使うには早過ぎますね。メインの環境としては使いづらいです。実験的に使う分にはすごく面白いのですが。

OSXのSMBですが、OS標準でもSharityでも、Windowsで使えない文字を使ったファイル名のファイルをコピーしようとするとエラーになります。OS標準は「,」がOK、Sharityは「,;」がOKという違いはありますが。

ということは、気軽なバックアップ向きではありませんね。OSX対応のDAVE3.1Jはどうなんでしょうね。試用版のダウンロードにいちいち住所氏名の記入が必要なのがいやで、まだ試してませんが。

で、OS標準を使う場合でも、AppleScriptを使ってコピーしたらいいかもしれませんね。ファイル名をチェックして、使えない文字ならURLエンコードしてからコピー、戻す時はデコードしてコピーとか。

TextEditってOSX付属のソフトですが、リッチテキスト・フォーマット(RTF)で記録するんですね。欧文の特殊文字の混在も自由だし、リソースフォークに記録しないので、Windowsへ送ってRTF対応のソフトで表示することも出来ます。しかし、HTML文書も解釈して表示するのにはびっくり。あと、プレーン(標準)テキストだと改行コードがLFになりますね。さすがUNIX。

「ことえり」の文字パレットもUnicodeから選べるようになってますね。JIS第3第4水準漢字も表示できるんでしょうね。

面白いのが、「インスペクタ」(従来の「情報を見る」に相当)で「拡張子を表示しない」をファイル単位で選べること。拡張子によるファイルタイプと従来のFinder情報によるファイルタイプと2通りの記録方式が混在しているようです。

しかし、いままでのMac的な常識がずいぶん変わりますね。「Macintosh と Windows ファイル送信の掟」もOSXに対応して大幅に書き変えないと。別ページにしてもいいですが。

Win98SEのSandraは、実はまだインターネットに繋いでなかったのですが、初接続。98SEを入れたままなので、その後のセキュリティパッチが全然入ってません。IEは5.0だし。なので、まず何より先にMicrosoftのWindows Updataeへ繋いでアップデート。が、いくつかのファイルが見つからないって何度もやりなおし。先にIE6をダウンロードすることにしたら、それも途中で止まったまま。変なのは、プロキシの「タイムアウト」が60秒だったからで、120にしたら調子良くなりました。なんだ。ブラウザならもっと我慢強いですからね。

「グランド・ブルー」はフランス語知らずの人が誤ってつけた音でしょうから、不粋というより不正確ということで何如。

すみません。間違えました。日本初公開時の題名は「グレート・ブルー」です。にしても粋じゃないでしょう。

目次 / 次の日

1月15日 プロキシ

もうあと8日しか使えない無線LANですが、Win95のMebiusの隣に置いたiBookもネットに繋ぎたいところ。PCカードスロットが無いってのは、なにかと不便。

さて、Win98SEなら「インターネット接続の共有」がありますが、Win95ですからね。Win用のルータソフトというか、プロキシソフトを使えばいいってんで、有名どころのWinProxy、お、改名ね、BlackJumboDog

なんだか設定項目がたくさんあって、後ずさりしそうですが、こういうのはデフォルトでも繋がるもの、ってとにかく立ち上げ。「プロキシサーバを使用する」にチェックして、iBookからブラウズ。繋がらない。

プロキシだからブラウザ側でも設定する必要があるのでした。いまさらルータとの差に気がつくわたし。設定してブラウズ。繋がらない。

ログには、許可していない利用者は駄目って、利用者の設定をしてないと繋がらないのでした。デフォルトで繋がらないのが安全でしたか。ん。へたすると外の利用者に使われてしまう可能性もあるわけね。くわばらくわばら。

で、めでたく接続成功。

FTPもFetchの設定を変えて何とか接続。プロキシの種類の選択肢がたくさんあって苦労しましたが。パッシブモードだとかえって駄目なのは、ちっと謎。

HTTPSのページへ繋がらないと思ったら、設定は別口でしたか。

出来てみれば簡単でした。こんなことならもっと早く繋げばよかった。

目次 / 次の日

1月14日 うだうだ

「夢大河ユーコン」なんて番組が朝からやってるのは、さすが祭日。て何の日?

「地球ふしぎ大自然スペシャル」ってのは、以前見たものばかりね。

「SMAP×SMAP'02 15分拡大スペシャル」お、稲垣メンバー復帰かぁ。

目次 / 次の日

1月13日 ノッティングヒルの恋人

最近TVでやってましたね。見損なったので借りてきました。スターと一般人の恋の物語。ノッティングヒルって、ロンドンに行ったときに、たぶん通った道なんですよね。なんとなく見覚えが。

これはアメリカ映画って事になってますが、監督、脚本、俳優が殆どイギリス人、そして舞台がイギリスで、唯一「スター」のジュリア・ロバーツがアメリカ人。中身はイギリス映画ですね。

面白いです。ストーリーと関係ない部分でも細かく面白いです。「変人」が違和感なく(ってのは周りの人が受け入れてるから)存在してるのがいいですよ。イギリス映画って、地味ですがハリウッド映画には無い、独特の空気がありますね。

映像的なアイデアもあって、通りを歩いてるだけで、半年の時の流れを表現したり、ってこれ日本のTVドラマのオープニングでパクってましたが。

視点が「彼」の方から描かれているので、「彼女」一人のシーンがありません。説明的な描写が無いので、「彼女」の気持ちが見えてこないまま。観客は主人公と一緒になって、彼女の行動に驚き、本心が知りたくなるのですね。

これって、説明が過剰な香港映画だったら、ぜったいありえないこと。国の違いによる表現の差も面白いですね。

OSX標準のSMB機能ではUTF-8を使ってるので、Win2000等なら平気ですが、Win98等のShift_JISで日本語ファイル名をあらわすOS相手では、どうしても文字化けするようです。UNIXのSamba日本語版との共有でもだめらしいです。

SMB機能もクライアントだけで、Mac側のファイルを公開することはできません。一方Sharityはサーバ機能もありますね。

さて、で、実際にWinの共有ディレクトリにMacのファイルをコピーすると、Mac上からは普通に1つのファイルに見えますが、Win側ではリソースフォークとデータフォークでしょうか、2つのファイルになりますね。「.Trashes」フォルダと「._.Trashes」という謎のファイルも勝手に出来ます。あ、標準でもSharity使っても同じ。Macのファイル情報が欠けること無くコピーされるって事でしょう。

ということは、DAVEを使わなくてもWinのHDDをiBookのバックアップ領域にできますね。

目次 / 次の日

1月12日 ファントム・メナス

第2弾。スターウォーズ・エピソード1ですね。

面白いです。不思議な世界を体験するってのが。キャラクターも良く出来てるし。女王はかわいいし。

て、ストーリーはありきたりなんですけど。今までの成り行き上、ある枠の中に収めないといけないですけどね。ウォーズだし、ジェダイの騎士だし。でも子供が見たら最高に楽しいのかも。大活躍ですから。

グラン・ブルーのメイキングビデオも見る。種明かしもありましたね。監督自ら語る。なるほど。ちょっと読みが甘かったです。

しかし、役者もがんばってます。水の中で3回も気絶したって、ジャン・レノ。スタントマンの吹替えばりばりだと思ってました。すごい。

なんと、レンタルビデオ95円は今月いっぱいなんですと。いまのうちにたくさん見ておこ。

OSXだとSharityてのがあって、Windowsのネットワークに簡単に繋げるんですね。しかも個人使用の1サーバ接続だけならフリーです。しかし、Win2000やXPなら大丈夫ですが、Win95,98,Meに繋ぐときは、日本語ファイル名は設定を変えないと文字化けします。

Sharity Configurationの「Sharity General」で、「Server Side Charactor Map」を「unimapCP437.cfg」から「unimapShiftJIS.cfg」に書き換えて再起動します。

OSX10.1には標準でも接続機能は有って、FinderからCommand+Kで開いたダイアログから、SMBプロトコルで繋ぐことも出来ますね。「smb://コンピュータ名/共有フォルダ名/」です。Sambaがはいってるのかな。こちらもWin95を繋いだ実験では文字化けですが、新しいバージョンで日本語対応になったとかならないとか。ちょっと調べてみます。

目次 / 次の日

1月11日 グラン・ブルー

「映画をたくさん見よう」の第一弾。返却日ぎりぎりになってしまいましたが。

監督はリュック・ベッソンだし、いつかは見ようって思ってましたが、ビデオの箱の紹介を読んでもいまいちよく分からない。モデルになったジャック・マイヨールが、つい先日74歳で自殺してしまったってのが、意識の片隅にあったのでしょう。

フランス語の原題は「LE GLAND BLEU」、英語だと「THE BIG BLUE」、日本初公開時には「グレート・ブルー」。さすがにそれじゃ粋じゃないですね。

(訂正前:日本初公開時には「グランド・ブルー」。さすがに「ド」が付くと粋じゃないですね。「マクド」。)

「グラン・ブルー」は完全版として46分も長いそうですが、初めて見るのにこれがよかったのかどうかは不明です。不要な部分なら、切り捨てたほうが完成度は高くなるはず。

さて、内容。海が好きな男たちの話、だし、素潜りで100m以上潜った驚異的人物がモデル、だし、海がきれい、だし、イルカがかわいい、し、子役がジャン・レノにそっくりなのがおかしい、し。

で、なんだかわかんないんですよ。ずっと見てても。何を表現したいのか。それが、最後まで見ると、ああそうか、って納得する映画。

この映画音楽聞いたことあると思ったら、数年前に買ったイルカのビデオCDで使ってました。ただイルカが泳いでるだけですが、最高に雰囲気のいい音楽、ってのがパクリだったとは。ああ、同じ曲ならパクリとは言わないですが。ずるい。

十進数じゃなくて二進数で考えてください。

「センチで言うなミリで言え」ってのを思い出しました。これは製造業関係の話。

だーかーらー。詳細を書いたじゃないかっ。

はいはい。ちゃんと読んでますよ。覚えてないだけで。たは。

待たせるのは、単なるNTTの意地悪かもしれませんが、しかし、1Mの場合の早さからすると、適合性確認で止まってることにして、アッカ側で時間かかってたのかも。

目次 / 次の日

1月10日 OSX (3) 乱数 (3)

なんだかWindowsぽくなったOSXです。

【そのいち】 アプリケーション単位で纏まって重なりが前後したウインドウが、OSXでは、ウインドウ単位で独立してますね。今までなら、「IE | TextEdit | IE」のように、同じアプリケーションのウインドウの間に他のアプリケーションのウインドウが重なることはなかったのです。Windows式の方が便利です。

【そのに】 ファイルでもフォルダでもエイリアスでもないアイコンが存在する。「意味」だけですね。今までだったら、それは「単なるボタン」として、ファイルやフォルダのアイコンとは明確に区別されてました。機能がボタンなので、シングルクリックでその先に進みますね。ダブルクリックで開くファイルと見た目が変わらないので紛らわしいです。(混在してるわけではありませんが)

OS9とOSXは、同じHDD上にあって、互いにファイルを見ることも出来ますが、全く別のコンピュータを触っているよう。とにかく初期設定はすべてやり直しですからね。

LAN接続からのインターネットへは簡単でした。IEは5.1ね。OSX10.1付属のIE5.1は、例のBinHexファイルの「ダウンロード即実行のバグ」があるんですね。とりあえすBinHexファイルの自動デコードのチェックを外さないと危険ですね。パッチも出てるし、10.12へアップデートでも直るかも。

それから、google.comにアクセスして日本語ページが表示されないのは、「言語」の設定が「Japanese[ja]」になってないからでした。追加して上にあげて解決。

あとはフォント設定が変。セリフにHelveticaだったり。標準は明朝が読みやすいって「ヒラギノ明朝」にしたら、この書体クラシックですね。戦前の本みたい。

あー、線形合同法の「1個ずつ使えばランダムだが、幾つか組にして使えばランダムでない」というやつ?

「線形合同法」と言われてすぐにピンと来るようなら、悩みませんけど。アルゴリズム辞典と聞いて、そんな本持ってたって探したら「アルゴリズム C++」R.セジウィック著 なんてありました (真面目に読んでませんが)。乱数計算の基本でしたか。

"xi = (axi-1 + c) mod M" それそれ、1個目の値を元に2個目を計算して出すんですよね。でも、種が多ければ問題ないってことで。

目次 / 次の日

1月9日 CD-RW USB

某所のiMac用にCD-RWドライブを購入。古いiMacだからUSBしかないんですよね。売り場にはSCSI用もありますが、FireWire(IEEE1394)が主流かも。でも、今どきのUSBは2.0に対応して、スピードも20倍10倍40倍なんちゃって、iMacのUSB1.1だと「最大8倍速」なんですが。しかし、Mac対応(つまりMacのドライバ&書込みソフト付属)が少ないですね。

買ったのは15,800円。これには「MacCDR」ってソフトが付属。Winでも読めるようにと選んだフォーマット、ISO 9660のデフォルトがApple ISOなんで、しばし手が止まる。いいのいいの読めるってば。CDってフォーマットの種類が沢山あって使いこなすの大変。で、書込みスピードの選択肢が4倍以下しか出てこないってのは、そんなもんかなぁ。

(株)アッカ・ネットワークスからメール。やっとNTTのADSLの適合性確認が終わって、23日に工事だそうです。

※適合性確認はNTTで行う机上調査ですので、ADSL接続 の確立や回線速度を保証するものではございません

家の近くの電柱に登ってテストするのかと思ってました。机上で1ヶ月かかるのね〜。

次は、わたしがNTTに電話してISDNからアナログへ切替を頼むんですね。で、3日以内にメールしろと。

目次 / 次の日

1月8日 iMac (2) OSX (2) 乱数 (2)

「なんじゃぁこりゃぁぁぁぁ」(松田優作で) てほどに衝撃的なデザインじゃないと、歴史に残るデザインにはならないですね。大切なのはインパクトです。見慣れて変に見えなくなって、吸引力と言うか魅力が出てきたら本物です。くだらなく見えてきたら駄作。

というわけで、iMacの第一印象は合格。

しかし14.1インチ液晶のデカiBookは予想外だったので、びっくりですが、こっちは別にどーてこたないただ大きくしただけ。字が大きくみえるから、中高年向きなのかも。

で、OSX10.2が出るってのはガセでしたね。最新でも10.12です。しかも、今日から標準OSにするって発表も。買い。数日前と違って店に沢山並んでます。正月って仕入れが入らないのに売り場を開けてるので、品薄になるのでしょうね。

インストール。バージョンは10.1ですから、あとでアップデートしないと。

デザインがすばらしいって期待してたのですが、店の展示品でだって見てたし。でもね、iBookに入れてみたらなんだか、気持ち悪い。アイコンがでかいし、背景の青い絵が鮮やか過ぎるし、ウインドウの左上の赤黄緑のボタンの色もきつ過ぎ。どうしちゃったの?

これもインパクトかぁ。ま、OS7.5から8.0になった時も最初、アイコンが立体的になって、ウインドウの枠がグレーになって、それがもう嫌らしくてたまりませんでしたから。それが見慣れれば普通になってしまうんですね。でも、過剰に装飾的な方向に向かってるのは確かで、それが気持ち悪さの元に違いありません。

が、背景は地味なのに変えればいいし。アイコンったら無段階に!大きさ変更できる。あ、ウインドウのボタンもグレーになるじゃありませんか。ふむふむ。あとはメニューバーの太い眉毛のようなフォントだなぁ。変えられないのかな。

とにかく、今までのMac OSとは別世界。長時間いると悪酔いしそうなので、そうそうに引き上げ。

"互いに独立してランダム"の意味がわかりません。
乱数もののけ
time ^ $$はあんまりよくないよという話が載ってたり

まとめてお返事。自分なりに考えて疑問は解消しましたが、まだ大いに勘違いしてる可能性はあります。

再掲します。

srand();
$hoge = rand(); # 15桁ほどの数値
$foo  = rand();
$fuga = $hoge . $foo;

説明を簡単にするためにrand()で返る数値を1桁と仮定します。0〜9の10個です。

「互いに独立してランダム」とは$hogeと$fooが、それぞれ10通りの値になって、組み合わせた$fugaが100通りになる場合です。普通はそう考えますよね。わたしも最初はそう考えたのです。

「独立してない」のは、$hogeが6なら$fooは2、5なら9とか、$hogeの値によって$fooが決まってしまう場合です。なので$fugaも10通り。これが疑問点でした。

さて、独立してないと考えた根拠です。種が3だとして、$hogeが7、$fooが4になったとします。$hogeを出す演算は単純化すれば、種+4、$fooは種+1になります。となると$hogeと$fooの関係も $foo == $hoge -3 になり、ちっともランダムではありません。

ここで気がつきました。種が100種類(0〜99)あるなら、$hogeが7になる場合も、種違いで10通りあることになって、$fooも10通り存在しうるってことに。$fugaは目出たく100通り。

というわけで、種の種類が求める乱数の数より多ければ、連続してrand()を実行しても、ちゃんとランダムになっておかしくないという結論になりました。(実装がどうなのかは知りませんが)

間違いないでしょうか?

さらに実験でsrand()を試したところ、整数で11桁まで使えますね。それ以上はいくら増やしても頭から11桁までが同じならrand()も同じになります。11桁と言えば、英数62文字使うなら7つあれば表せる数です。しかも、srand(time)なんてことだと11桁フルに使った種じゃないですから、組み合せがもっと少なくなりますね。

だから、8文字のパスワードをランダムに作るなら、timeと$$だけじゃ全然足りないってことになるわけですが(srand()も2回必要)、「perldoc -f srand」にその辺りの事が書いてありそうですね、読んでみます。

srand(time|$$) てのは、そう書いてあるサイトのものを、まだ良く原理を知らないままコピーしてきて使ってました。せめて(time . $$)ならまだ良かったのにね。

ついでに、rand()のほうは最終桁はいつも5ですし、本当にランダムなのは上位の数桁でしょうね。

Macだとctimeとかatimeってどうなってるんでしょうか? vfatだとatimeがアクセス日で時刻がなかったりmtimeが2秒単位だったりして残念な思いをしますが。

Macだとatimeとctimeは実装されてないそうです。実験してみたらatimeはmtimeと同じ時刻を返します。ctimeは桁が少ないですが、mtimeとほぼ同じです。

ちょうどsrand()の種に、適当なファイルの適当な値を使おうかなとか考え中なのですが。

目次 / 次の日

1月7日 iMac

新型iMac、さすが意表を突いたデザインですね。まあ、Apple以外のメーカーが作ったらバカにされそうですが、Appleだから許されるというか。でも人気出そうですよ。また、まねっこメーカーが出てきそうですね。

とりあえず、アメリカのAppleサイトにリンクしておきます。8日の2:00AM以降ならiMac画像が見れるかも。実はまだ発表前なのね。今は。発表までは極秘なのですが、さすがに直前になって、限り無く確実な情報が漏れてきてるわけ。

しかし、この日記も1日に数回書き込めるシステムが欲しくなって来ましたよ。次の日の分を書き込むまでは訂正可能にするとかね。今はCGIでの書き込みが1日1回だけだし、訂正はいちいちダウンロードして書き換えてアップロードですから。

でも、いつでもどこでも訂正可能にはしないのです。危険ですから。万一書き換えられたページがあっても、発見するのが大変ですからね。

近所のY電気、小物が安いですね。たとえばモジュラーケーブルの分岐パーツ。駅から遠いんで場所代が安いからかも。例のISDNの無線システムの繋ぎ方を考え中でして。安く済ませないとばからしいですから。

しかし、無線TAを床に落としてプラスチックのアンテナを折ってしまったのは内緒。

目次 / 次の日

1月6日 乱数

電話だけでコンピュータの操作を指示するのも、慣れてくればなんとかなりますが、時間はかかりますね。遠隔操作ソフトを使いたくなりますが、そうしょっちゅうあるわけでもないですし。

"Perlの乱数発生のrand()"は5.004以降なら自動でsrand()がよばれるのでそれより前のバージョンとか固定の引数でsrandを呼び出した後は毎回同じ乱数列になるはず。

そういう話ではないんですよ。

srand();
$hoge = rand(); # 15桁ほどの数値
$foo  = rand();
$fuga = $hoge . $foo;

こんなふうに、続けてrand()を実行した場合、$hogeは約1/(10**16)の確率ですが、$fooも約1/(10**16)になるのか、ひょっとしたら$fooは1/1だったりしないのか、という話なのです。同じ種から産まれた兄弟ですからね。互いに独立してランダムになっていないんじゃないかと疑ってます。

$fugaが(10**16) * (10**16)の組み合せにならずに、10**16通りの組み合せにしかならないと、やる意味ないなぁ、となりますね。

そもそも、srandに入れる種が同じなら同じ結果になる($hogeと$fooの値は異なるが、毎回同じ値になる)ってことは、種の桁数が求める組み合せより多くなければいけないような気もしてきました。

そうなると、種の桁数制限も有りそうですし、Perlで作れるランダムなものの限界がありそうですよね。時刻やプロセス番号だけでなく、よそからなにかランダムな要素を持ってこれればいいのでしょうが。

Fetchで@niftyのサーバからダウンロードしたら、ファイルの変更日付けがサーバ上のファイルと同じになるじゃないですか。UNIXのサーバからですから、さすがに作成日は無理なようですが。Fetch4はいろいろ便利になってますね。

ところが、先に書いたサーバ上の削除ファイルがローカルのゴミ箱に入るって話、再現しません。オンオフの設定もないし、勘違いだったようです。

当然録画できてると思っていたものが、できていなかったのはショック。単純に電源を切ってなかったのが原因です。直前に録画予約したなら自動で切れるのですが。かといって、いつでも録画前に強制的に切れたりしたらやりすぎ。使い手の意志も大切ですよね。ビデオの前を立ち去るときに「録画しなくていいんですか?」と聞いてくれるといいのですが。

前の日 / 目次 / 次の日


(C) Toshiyuki Mori,2002