02年1月18日〜02年1月29日

1月29日 伝送距離

ADSLのルータのページの「回線状態一覧」に「伝送距離 3.41 Km」と出ますね。直線距離だと1.5kmということで、どこでどう曲がっているんでしょう。

たくさんありますね。

Ctrl+Zでundoもできます。ただしundoできる操作の直後じゃないと何がundoされたのかがわかりにくい気が。

お、Winでもundoできたとは、気が付きませんでした。間違ってundoしてしまったりすることも考えると、収拾が付かなくなる可能性もありますね。

ファイル名につかえないのは\0と/だけだったと思うし。

なるほど、UNIXだからエラーとみなさないといけないんですね。

Windowsで255文字までって初めてみましたが、何処からそんなデマがでまわってますか。

」とかって、わたしじゃん。冷や汗ものですね。おかげさまで直りました。

[W95] 長いファイル名 (ロングファイルネーム) の制限について

W95:長いファイル名で使用できる特殊文字と使用できない特殊文字

ついでに発見しましたが、「,;」って使える文字になってますね。この文書、「"」が使えるのかどうか抜けてますが。

なぜか「localhost」にはつながりません。「127.0.0.1」なら平気。って/etc/hostsに書き加えれば直りそうな気が。

それが、すでに「127.0.0.1 localhost」と書いてあるんですが。

今日のOS X (備忘録)

FTPソフトFetchの引っ越し?

~/Library/Preferences」を見ていたら、Fetchの初期設定ファイルが、昔と同じにあるじゃありませんか。OS 9の初期設定を持ってきたら、あれま、そのまま使えました。

Fetch4はCarbonアプリケーションで、旧OSとOS Xと両方で動作します。同じアプリケーション・ファイルを起動しても、設定はそのときのOSのテリトリーに保存されます。

で、OS 9でFetch3から引き継いだ設定をOS Xでも使えることになりました。めでたしめでたし。

目次 / 次の日

1月28日 危険なMac IE5のバグ (iCabも)

2002.01.28 番外編:Mac IE file execution vulnerability

例のMac版IEのバグの件ですが、さらに検証が進んだようで、なんとiCabでも駄目だそうです。さらに、HDD名やダウンロードフォルダを変えただけでも駄目で、StuffIt Expanderの初期設定を変えて、ディスクイメージのマウントをしないようにする必要もあるんですよ。ディスクとしてマウントされてしまうと、パスが自明になるってことですね。

ちなみに、OS X版では、ダウンロードはされてしまいますが、アプリケーション自動実行までは無いので大丈夫。

やっぱり、バグ情報は広く世間に伝えた方がいいですね。

ローカルでCGI実験。IE5ですが、なぜか「localhost」にはつながりません。「127.0.0.1」なら平気。こないだは出来たのに。

で、CGIがなかなか使えなくて。まっ先にCGIファイルの改行は書き換えました。が、結局、CGIから呼び出すデータとjcode.plの改行コードが違ってました。フォルダ内まとめて全部変換しようかな。おそらく、もうMacPerlは使わないでしょうから。

なんかもうMacOSじゃないよなあ、これ。

そうですね。まったく別物ですね。従来OSとの互換性が唯一の繋がりって感じです。

今日のOS X (備忘録)

OS 9のことえりの辞書をOS Xのことえりで取込み。鉛筆アイコンの辞書編集の辞書メニューから。簡単だったんですね。

アイコン表示の時にファイル名を変えるには、ゆっくり2クリックか、1クリックとreturnで書き換えモード。

ファイル名はWindowsと同じくらいに、パス込みで255文字までになったんですね。でも保存ダイアログでは31文字までしか入りません。【OS XでHFS+を使うとファイル名だけで255文字。03.3.6】

Finderのウインドウ・メニューでOptionキー押すと「ウインドウを整理」できます。

目次 / 次の日

1月27日 オフ 謎解き (3)

SさんにMac OS Xを売り込むオフ。ターミナルでさくさくとOS X操作してるのは、すごい。自分のできないことを軽くこなしてるってのは、感動的ですよね。

というわけで、おかげさまで、Ethernetハブは快調です。

「ジブリ路線(解説希望)」。「チベット仏教系 (解説希望)」。

あ、こおゆうネタでサイト作ってもいいかも。つーわけで、解説はアップグレードして近日中に。かな。見本用意しなくてはだし。

さらにMac OS X本。システム環境設定の設定項目が、本の10.0と手元のiBookの10.1では結構違いますね。UI的にまだ試行錯誤してるんですね。どうしたら分かりやすく使いやすくなるかってことで。そおゆう「詰め」って、手抜きしても済んでしまうことだけに、スタッフの「愛」を感じます。

OS X対応のノートンさんのβ版が出たとかでダウンロード。βなんで、恐くてデフラグなんてできませんが、ディスクのチェックくらいなら。

古いノートンさんで、「代替ボリュームヘッダブロックで重度のエラーが見つかりました」てのは案の定、新しいノートンさんではエラーになりませんね。しかし、ファイル修正日が数千ファイルも違ってるって、なんか今までに無い雰囲気。謎。

あと、「base.css\0」ってファイルのせいで変だそうで。それ、PageMillです。コピーペーストすると文字列の最後に\0が付くバグがあって困りもの。\0なんて見えないくせに、「base.css」とは別物ですからね。でも存在自体が問題になったのは初めて。

目次 / 次の日

1月26日 謎解き (2)

Windowsを使って驚いたことに、ファイルのアイコンを選択してCtrl+C, Ctrl+Vでファイルのコピーとペーストができるってのがあります。Macでそれやってもファイル名しかコピーできませんからね。

が、OS Xで試してみたら、Command+C, Command+Vでできるようになったんですね。さらに、Command+Zでそのundo(取り消し)もできるとは新知識。ファイル移動の取り消しもできますね。

これは、かねがね実現して欲しいと思っていた機能です。人のやることには必ず過ちがある(あるいは気が変わることがある)ものだから、全ての操作が取り消しできるのがよい機械です。

となると、ウインドウを開いたり閉じたりもundoできて欲しいんですが。

OS X版のIEでは、コンテキストメニュー表示の為に、いままでのように2, 3秒押し続けるだけでなく、待ったあと、ちょっとずらさないと開かないですね。それが早過ぎたらやり直し。むずいです。

と思ったら、ついにMacも2ボタンマウス対応だって? そのうちiBookのクリックボタンも2つになるのでしょうか。

ISDNやめてから、アナログ電話器の親子の通信状態が目覚ましく良くなりました。以前、iBookや扇風機がいけないと書きましたけど、根本的な部分でISDNが強烈に干渉していたのですね。電話器の真下にダイアルアップルーターがありましたし。

そういう情報って、電話器メーカーには当然ありそうですが、修理に出したシャープのサービスセンターでは教えてもらえませんでした。他にも可能性が沢山あるからでしょうか。

8Mbpsサービス評価試験

ここら辺り読むと、8Mbpsでつながってても、ファイル転送によるチェックでは4Mbps程度になる模様。てことは、3Mも出てれば御の字なのかもね。

目次 / 次の日

1月25日 謎解き

とうとう謎解き本を借りてきてしまいました。最初わけも分からずOSXをいじる新鮮さを楽しみましたが、今度は知らないことを知る新鮮さに切り替えです。

「Mac OS X 実践活用ブック」掌田津耶乃著 技術評論社

掌田さんはMac系ライターで、HyperTalkのころから著書にはお世話になってます。説明がとても分かりやすいですよ。UNIX部分はTerminalを使って覗くところまでですが、AppleScriptに関して多めに触れてるのが掌田さんらしいですね。これ読めばOS Xの基本操作はばっちりでしょう。

「Mac OS X 導入パワフルガイドブック」ローカス発行

こっちは5人の共著。OS X入門からはじめるのは同じですが、20%ほどボリュームが少なくても、Sambaのインストールまで載ってます。入門でこれだけだと物足りないですが、部分的な深さが面白いかも。

どちらもOS X 10.0の段階の本なので、今の10.1とは多少違います。10.0を全く知らないわたしとしては、その違いも面白いです。

同じような本を2冊も2週間独占するのは気が引けますが、1冊づつだと今度行ってあるかどうか心配で、せめて、片方を早く読んで返そうという魂胆。

ついでというか、本当はこっちが本命。

「Apache Server Bible」モハメッド・J・カビール著 IDCコミュニケーションズ

バイブルって名が付く本は、分からない点を調べるのに使うのかも。660ページは、ちゃんと全部は読めないかもね。

目次 / 次の日

1月24日 ジョー・ブラックをよろしく (MEET JOE BLACK)

映画の欠点は、少しは内容を知らないと見ようと思わないってことですね。どんな話かくらいはね。

ブラッド・ピットだし、レクター博士のアンソニー・ホプキンスだし。で、ラブロマンス? いいんじゃない。

まあ、ラブロマンスなら血なまぐさいことは、なさそうだし、ブラッド・ピットなら感情移入しやすいし(おいおい)。

それが、まあ、いきなり、え、うそ。

いい映画です。途中で長いと気が付きましたが、長尺ですね。それも知らないでもいいのかな。

Macinosh IE file execuion vulerability

メール出したら、いきなり殆どそのまま載っててびっくりですが、それはいいとして、OS9以下のMacの人は気をつけましょう。対策は、Macintosh HDというデフォルトの起動ドライブの名前を、他に変えるのが簡単で確実ですけど。それがいやなら、せめてダウンロードフォルダの設定を変えて、Desktopにダウンロードしないようにしましょう。で、得体の知れないファイルがそのフォルダにあったら、開かないで捨てること。

他のブラウザを使うならiCabも悪くないですよ。スタイルシートの解釈がまだちょっと変ですが。

【02.01.28追記:

iCabでも駄目だそうです。さらにHDD名やダウンロードフォルダを変えただけでは駄目で、StuffIt Expanderの初期設定でディスクイメージのマウントをしないように変える必要があります。

詳細:2002.01.28 番外編:Mac IE file execution vulnerability

ADSL快適ですね。特に画像がたくさんあるページの読み込みが速いです。

ADSLでTelnet接続のniftyのフォーラムですが、これも速い。速すぎて文字落ちが心配です。

雪印食品の牛肉詐欺の件で農相も怒ってましたが、ほんとは謝る立場なのでは?書類審査だけなんて、ごまかしてくれと言ってるのと同じ。システムの不備ですよ。

しかし、大手スーパーが雪印製品の撤去ってのは違うと思う。製品の安全度に問題が出たわけじゃ無いのだから。不正に怒るなり、信用しないなりでボイコットするのは消費者個人の役目でしょう。その前に撤去じゃ客を甘やかしすぎだし、メーカーの目が得意先スーパーに向いて、消費者まで届かない原因にもなります。

ほとぼりが冷めたら、さっさと売り場に戻す癖に。偽善はやめよう。あ、ほんとは雪印の為なのかも。目にする機会がなくなれば悪印象も消えやすいし。なるほど。

明らかに嘘ついてる人の会見、久しぶりに見ました。野上外務次官。外相に対して政治家の関与を認める発言はしていないって。目が泳いでると思ったら、とうとう横向いて話し始めました。だめだこりゃ。

その前ってえと、ダイエー初優勝の前年。サイン盗み疑惑がありましたが、誰だか忘れましたが、選手。「絶対やってません」て、目が嘘。テレビはこわいねー。

自民党内に外相が嘘ついてるって、糾弾する動きがあるそうですが、やめといた方がいいですよ。

目次 / 次の日

1月23日 恋愛小説家 (AS GOOD AS IT GETS)

ジャック・ニコルソンというと、個人的にペンギンマン?のイメージが強くて、どうも恋愛って感じしないのですが、これ見終わったらこの映画のイメージが強烈に残りそうです。

脅迫神経症の小説家なのですが、ドアの鍵を3回カチカチカチ開け閉めしないと落ち着かないとかって、なんかその手の行動って、誰にでも少しはありそうですね。

たとえば、鍵をかけたドアノブを必ず引っ張って開かないことを確認するとか。電車から降りるときに必ず振り向いて座席に起き忘れがないか確認するとか。それなりに合理的効果はありますが、絶対必要なことでもありません。程度の差に過ぎないですね。

で、面白いです。印象的なのは、相手役ヘレン・ハントのアングルの絵画のように美しい背中。これを見るだけでも価値があります。でも、背中モデルの吹き替えって可能性を知ってしまったわたし。実際どうなんでしょ。

さて、ピザを食べようかって時に電話。ISDNで。

「これから切り替え工事を始めます」妙に暗い。

「はーい」やけに明るく。

ピザをオーブンに入れてタイマーセット。電話「ルリ?」ん。なんだなんだ、と、あわててスプリッタ経由に電話を繋ぎ直し。

ぷーーー

もう繋がってるアナログ。ピザのいい匂い。

モデムを繋がなくちゃと、ISDNのルータとTAをかたづけて、あ、ついでに掃除。ぶ〜ん、すわっ、すわっ、ぶ〜ん。

繋いで繋いで繋いで、iBook起動。腹減った。モデムの設定だけはすでに昨日しずみ。最初は自分のページでしょ。おおでた、速い速い。デジタルからの切り替えとほとんど同時に開通なんですね。

ピザはもう一回あたため直し。んま。

11月25日の申し込み以来、ほぼ2か月でやっと開通です。

気になるのはスピードですね。

SPEED TEST

ブロードランド(ADSL実験室)

FISDN認証エリア入口

だいたい1.5Mbps前後。て、1.5Mコースじゃん。まずいよまずいよそんなことじゃ。でも7mで済むところ20mのモジュラーケーブルを繋いで、そこにスプリッタなわたし。劇的向上を期待して、壁のモジュラージャックに直接繋ぎ直し、で、1.6Mbps。ふむ。夜中で1.9M強ですね。

ファイルダウンロード方式の計測では、置いてあるサーバやそこまでの経路の混み具合にも影響されますね。モデムの設定ページで表示される計測値だと「下り方向 2784 kbps」と3M近い値です。でも8Mコースにしては遅いですね。速くする工夫はいろいろあるようで。「長い戦いになりそうだ」

で、さっそく「Mac OS X 10.1.2 統合アップデート」のダウンロード。すでに「ソフトウェア・アップデート」機能が自動で働いて、セキュリティパッチとIE5.13へのバグフィックスはダウンロード済みです。が、大物34Mのファイルはこの日のために。いままでなら2時間ものですよ。なんと4分。快適。

描画が速くなるって、気持ちストレス減りましたね。メインOSにしてもいいかもしれません。あとは、OSX上のOS9のアプリ「ノートパッド」へOSXからのコピーがペーストできなかったのが直ってます。細かく改善してるんですね。

バカハブ(お古)と5mのケーブル一本(新品)ならある。

いただきますが、あげるものあるかな。いらないプリンタはもう無いし。

それがあなた、早けりゃ早いで「繋がりませんったら繋がりません」と直 訴するヤツとか「工事日過ぎたのにモデムが届いてません」とスっとボケるヤ ツとか「ヤってるうちに壊してしまいました」と言い出すヤツとかいるそうで す。

ああ、モデム繋げばすぐ使えると思ったりするのも人の性でしたか。

目次 / 次の日

1月22日 Apache (2)

設定ファイル弄ったらhttpd -t -f hogehoge.confでテスト。改行コード揃えるならnkfの--unixオプションでオッケ。

UNIX的な常識ってやつですね。

ログはね。どっかにあるんでしょうね。こうなったらApacheも理解したいですね。図書館かな。と。近所の図書館にあるはずもなくて、パスタの本とか借りてきてよだれもの。

来ましたよ。ADSLモデム。あした開通なんだからって、もっと早くていいのに、わざわざ「日にち指定」とは。トヨタじゃないんだから。

ルータ式ってもEthernet端子は1つだけ。なんか(何)必要ですね。無線LAN欲しいですねー。理想をいえば、AirMacか、サポートばっちりのYAMAHAなんですが。ちょっと高い。

さて、あした。わくわくです。うまくいくかな。

目次 / 次の日

1月21日 Apache

"WebサーバはApacheですから、改行はLFでないといけないのです。"ってApacheだからっていうのは関係ないはず。

えーと、わたしがCRで書き換えたのは、hoge.confというCGIの実行の設定を付け加えたファイルなんですが、これはLFじゃないと駄目ですよね?

<Directory "/Users/hoge/Sites/">
    AddType text/html .shtml
    AddHandler server-parsed .shtml
    AddHandler cgi-script .cgi
    Options Indexes MultiViews Includes ExecCGI
    AllowOverride None
    Order allow,deny
    Allow from all
</Directory>

よく考えてみたら、わたしが書き換えたのは、ユーザのディレクトリでCGIを実行できるようにする設定で、設定後に試しに動かしたのが、/Library/WebServer/CGI-Executables/に置いてあるCGIだってのが、変です。変というか笑ってもいいところ。

つまり、管理者のCGIなら、最初から使えるようになってたってことですね。まあ、基本的にはユーザのディレクトリ内で仕事をするものでしょうから、今回の設定が無駄になったりはしないのですが。「超簡単」にCGIを動かしてみたい人なら、上記ディレクトリに入れてパーミッションの設定だけすればいいんでしょうね。

「Windows + Mac ネットワーキング」Gene Steinberg, Pieter Paulson 著/風工舎 監訳/インプレス発行

Windows NT4/2000 serverのネットワークにMacを繋ぐことだけを書いてある本。「ずいぶんとニッチな本」てのは訳者の弁ですが、読むわたしも物好きかも。実際にserver管理する人には、すごく便利でしょうね。親切ですよ。

繋ぐMacの台数が少ないなら、Macintoshサービスを使うよりDAVEを入れた方がいいってのは、なるほど。本当は多くてもDAVEがいいのでしょうが、設定する台数が多いと大変になるそうで。

目次 / 次の日

1月20日 OSXは3重構造

知らない人向けに説明すると、OSXは基本がUNIXで、ちょうどWindowsとDOSの関係に似ていて、DOS窓のようにTerminalというアプリケーションを使って、コマンドラインでも操作できるようになっています。大部分の人は使わないで済むでしょうけど。

また、旧OSの従来のアプリケーションソフトは、OSXでは動きません。ちょうどWindowsとDOSの関係に似ていて、DOS窓のように旧OSを起動して、その中で実行するのです。見た目は単にメニューバーが切り替わるだけで、OSX上で動いているように見えますけど。

OSX上のOS9は、単なるOS9より遅いようですし、動かないアプリケーションもあるようです。それを問題にしないなら、OSX上のOS9に生息する手もありますね。屈折。

「ドック」はWindowsでのタスクバーに似た機能の、アイコン置き場ですが、上にあるメニューバーとは別に、下、左、右のどこかにあって、それがいつも最表面にあるので、けっこうじゃま。と思っていたら、隠すこともできるんですね。すっきりさっぱり。

ポインタが端まで行くと表れます。どうせ消えてるからってアイコンは最大にしてあります。小さいアイコンにしておいて、マウスオーバーで拡大するって設定は、どうも酔いそうでいけません。大きいとなぜいいかって? アイコン化したページ内容が見分けやすいんですよ。

さて、ローカルでCGI実行できるようにしようと、「Mac OS XDarwin Tips」を参考にTerminalのコマンドラインを初めて使って設定。ここの例は、ファイルの書き換えそのものはTextEditを使って、なれないコマンドラインのエディタを使わずに済むのが楽。

ところが、設定終えて、Web共有のボタンを押しても、サーバが機能しません。よく見たら「共有を始めています」で止まったまま。とうとう壊したか。再インストールかも。でも、CGIの設定しただけなのに。設定? ファイルの書き換えしただけなのに。書き換えた? 怪しい。

しかし、IEのページからコピーしてユーザ名を書き換えただけだから、内容は間違ってないはずですが。コピー? あっ。改行コードが怪しい。

それが、TextEditでは改行コードのチェックができないし、てんでOS9を起動してSimpleTextでチェック。開かない。じゃあ。YooEditでチェック。フリーズ。が〜ん。

再度OS9を起動してYooEditでチェック。やはりCRになってました。旧Mac標準の。IEでWebページの文書をコピーすると改行がCRになるのでした。で、WebサーバはApacheですから、改行はLFでないといけないのです。

というわけで、改行直した設定ファイルに入れ替えて、Web共有。起動しました。CGIもばっちり。やれやれ。

iBOOKって結構かっこいい。使ってる兄ちゃんもかっこよかったけど。

それは、わたしです(嘘)。わたしのは把手のある貝形のやつでした。おちゃめ。

目次 / 次の日

1月19日 プロキシ (2)

プロキシの有名所と言えば、プロキシマキロンとかってのもあったはず。Googleで検索。無い。ああ、そうかプロクシマキロン。検索。無い。


数日後。


Proxomitron-J あっ。


ぷろくそみとろん?

デフォルトではlocalhostしか接続できませんが、アクセスを許可すれば他のコンピュータからも繋げますね。なので、iBookからも接続可能。ここまではBlackJumboDogと同じ。あ、アクセス設定変えたら[abort(中止)]をクリックするんでした。

で。本来の機能は随分違いますね。これはフィルタが目的で、HTTPヘッダだけでなく、Webページの内容も書き換えてしまいます。あんなことやこんなことも出来てしまうわけで、ユーザスタイルシートみたいな控えめな物じゃないですよ。もちろん、用意されてない物は自分で設定ファイルを書くことになりますが。

これ、リファラがすべて「少年ナイフ」のサイトになるってんで有名でしたが、作者がファンだからだそうで、少年ナイフを広く世界に広めるのが目的だったとは。そういう情熱ってのは、変ですが好きですね。今は、問い合わせが少年ナイフ側に行き過ぎて、やめてしまいましたけど。

しかし、あまりフィルタし過ぎると、本当の姿がわからなくなったりしそうです。濃すぎるサングラスみたいに。

目次 / 次の日

1月18日 MAC LIFE

廃刊ですってね。いえ、ニュースは聞いてましたが、今日発売日ですから。ライバルMAC POWER誌のとなりに無いのが寂しいです。本当は鎮魂に最後の号を買おうかなって、本屋に行ったらもうなくて。

なんせ、季刊だった時から読んでましたからね。デザイナー向けのMacにふさわしく、センスがあって上品な雑誌でした。どちらかというとMAC POWER的なマニアックさが好きなわたしは、最近はさっぱりでしたが。


合掌

Web&Mail&Mac講座」にOSXのいろいろを追加。ても、まだTextEditとかSMBとか、ここに書いたことくらいですが。まだけっこう謎はありますね。謎解き本を読んでしまってもいいのですが、使ってるうちに出会って悩むのが面白かったり。基本的に自分で確認したことを書く方針ですから。XPも欲しいかも。

しかし、あまり内容が増えて、一気読みできなくなるのも不便でしょうね。具体的な設定方法とか表とかは、別ページにまとめるといいのかも。本でいえば付録。

知ってる人は知ってるでしょうが、OSXのWeb共有はApacheなんですよね。ローカルで動かしたら、しっかりApacheのデフォルトページが。で、CGIを動かそうと思ったら、Mac的なGUIでは設定できないようで。PerlやPHPは最初から入ってるんですよ。いよいよコマンドラインの世界でしょうか。ってほど大げさなことじゃありませんが。でもなんか覚悟が。

前の日 / 目次 / 次の日


(C) Toshiyuki Mori,2002