02年1月30日〜02年2月10日

2月10日 ハムナプトラ2 (THE MUMMY RETURNS)

前作から2年じゃないですか? 物語上では9年後。子供ができて家族で冒険です。どうせなら、子供をもっと活躍させても良かったですね。

さすが、2ともなると、ストーリーのひねりも加え、スケールが大きくなって、しっかり娯楽大作になってます。が、前作の持ってた強烈なインパクトがないですね。敵も味方も同じ俳優がぞろぞろ出てくるのは、まるでテレビシリーズのよう。だから3作ってね。

ところで、敵役アナクスナムンのパトリシア・ヴェラスケス、江角マキコに似てる。こっちのほうが目が大きいけど。

里谷多英すごい。本番に強いってのは、こういうことだね。出発するときには、二人並んでるのに上村愛子しか映さない失礼なテレビもありましたが。やってくれました。

目次 / 次の日

2月9日 開会式

ソルトレイク・オリンピックですよ。開会式。選手を観客席に座らせたのが偉い。今までだと、会場全体を使った出し物のときには、まだ選手は入場前だし、入場したら会場まん中で全体を見れないままじっとしてなきゃいけない。選手が主役だってのに、なんなの、その扱いはって常々思ってました。早めに入場して、座ってもらえばいいんでした。

さて、日本のユニフォーム。オリンピック中しか着れないようだと資源の無駄かもしれませんが、しかしあんまり地味なのもつまらないところ。日本はねー。マフラーなんてどう巻こうが自由っていうか、おしゃれのポイントですが、強制的に決まった巻き方に統一てのがいただけません。しかも変な柄。かわいくないおじさんには全然似合わないのも、かわいそうです。

目次 / 次の日

2月8日 ジャンヌ・ダルク/恋におちたシェイクスピア/リバー・ランズ・スルー・イット

どうしてって、返却が今日まで。あ〜、よく見たらきのうまでじゃん。95円レンタル最後の日のまとめ借りが台なし。ても、とにかく見る。

ジャンヌ・ダルク (Joan of Arc / Jeanne d'Arc)

1420年から1431年までの物語。

リュック・ベッソン監督ですが、いままで見なかったのは、ヨーロッパの中世の重さがいやだったので。

ミラ・ジョヴォヴィッチ演じるジャンヌの、あっちに「いっちゃってる」感じがいいですが、どうして一介の田舎娘が兵士を動かすだけの説得力を持ったのかってのが難しいところ。

お気楽に、ジャンヌは救世主でした、万歳、とはいかないのが今時の映画。この戦争の勝利はフランス人にとってだけの正義なんですよね。

「500年後に聖人」ですか。奇跡を起こせば誰でも聖人? そういえば敵のイギリスはカトリックじゃないのかぁ。

恋におちたシェイクスピア (Shakespeare in Love)

面白い。恋愛ものとしては一級です。こっちは1593年のイギリスですが、まだ「重い」時代でしょう。でも明るい。恋物語だから、だけでもなく。

シェイクスピアの人生なんて誰も知らないわけで、時代物にありがちな勝手に作ったストーリーです。「ロミオとジュリエットが出来るまで」って感じで、実体験を芝居にしたという話。

なのに、悲恋じゃないんですよね。妙に明るい。実は現代風な恋愛なわけで。この映画で時代考証とか言うのは野暮なんでしょうね。

グウィネス・パルトロウの男装がいいですよ。女装するとかわいいし。ファンになりそう。

リバー・ランズ・スルー・イット (A river runs through it)

ブラッド・ピットですが、地味な映画です。「カントリー・ロード」ですよね。アメリカ人には懐かしくてしょうがない風景。こういうさりげなく地味な映画が、有名俳優で作られるのがハリウッドの一面ですね。いやし系の需要が意外に多いのかな。

目次 / 次の日

2月7日 ステージ

「ロビン・ウィリアムス 自らを語る」てのがNHK BSでやってましたが、すごく面白い。ステージ・コメディアンでしたか。映画の中の面白さは、そのほんの一部分。

そもそも、一流のコメディアンと歌手は俳優もできますからね。両方とも「なりきり」がだいじなのは演技と同じです。

某所からのリンクがあったからか、アクセス急増です。そこからのアクセスだけ増えたのでもないのが不思議。Googleの検索レベルが一段上がったのかもしれません。有名度のレベルね。

目次 / 次の日

2月6日 Apache

Apacheの本読んで、かなり分かってきました。.confファイルの設定が殆どすべてですね。高機能なので、それだけ複雑ですが。

でもUNIXの、設定をテキストファイルに記述する方式は分かりやすいです。MacやWindowsだと、1設定1ビットなんて節約精神が染み付いていて、設定ファイルだけあっても何も分かりません。ちかごろやっとXML形式で記述するようになってきたばかりですよね。

某所から、アクセスアップの相談。やっぱり基本は有用な情報を発信することでしょうね。

目次 / 次の日

2月5日 アメリカン・ビューティー (American Beauty)

誰、コメディーの棚に置いたのは。全然違うじゃん。たしかに、面白おかしい部分はありますが、全体のトーンはずっとシリアス。

アクションものやSFでも、面白おかしい場面が多い映画がありますが、ちょうどそんな感じ。コメディーのように楽しいことが第一、プラス何か、とは違います。

まあ、分類は本質ではないのですが、見る前に期待するイメージがありますからね。

でも、後味が悪いってことはないです。

おかげさまで、70,000アクセス達成です。ちょっとずつペースが上がってますね。

目次 / 次の日

2月4日 ガイドブック

「Mac OS X 導入パワフル ガイドブック」

前半は入門コースなので飛ばし読みですが、後半の「UNIXとしてみたMac OS X」からは充実です。PC-UNIXとの比較はよく分からないですが、使ってた人にはいい情報でしょう。デベロッパー・ツールでのCocoaアプリケーションの簡単な解説もありがたいです。ApacheでCGIを使う方法とかもちゃんと出てました。

読み終わった本だけ図書館へ返却。

LANケーブルと電話のモジュラーケーブルのコネクタをカシメる工具を購入。ADSLの最短配線計画の始動です。1つで両方使えて2千円台は安いですよね。これさえあれば。しかし、LANケーブルコネクタ用のブーツが高い。10個で1,200円。なんで?

Windows XPを店頭で少しいじりましたが、Mac OS Xがすごく変わったので、こっちも変わってると思ったらデザインだけでしたか。あ、もちろん、細かい点ではいろいろ変わってるでしょうけど。NT系ですしね。

今日のOS X

OS XのTerminalって日本語表示できないんですね。そのかわりJTerminalってのがあるようで。

起動時に、Command+Sでシングルユーザモード(バックグラウンドでプロセスが動いていない)ですが、Command+Vもありますね。何って、ずらずらテキストのメッセージが流れてくるだけ。起動が終われば普通と同じです。あと終了時にも少し。

ログイン画面の名前に「>console」と入れるとコンソール画面です。これって、全画面Terminalですよね。シングルユーザモードとの違いがよく分かりませんが。

目次 / 次の日

2月3日 恋人たちの予感 (When Harry Met Sally...)

この邦題は、ちとはずかしいかも。でもメグ・ライアンのファンとしては、見ないわけにいかない映画ですね。相手役はビリー・クリスタル。

この手の恋愛ものって、「運命の人」じゃない脇役の恋人が出てくるでしょう。普通はまったく気になりませんが、しかし、よく考えてみたら、とてもかわいそうだったりしますね。この映画ではしっかり存在感を持ってて、主人公に影響を持ってます。そういう設定だからですけども。

ファンだと冷静な評価になりませんけど、「80年代を代表する恋愛映画」なんだそうです。そうかなぁ。

目次 / 次の日

2月2日 開発向き

今日のOS X

Objective-CとJAVAの開発環境がもれなく付属なんですね。新しいOSってことで、どしどし作ってもらいたいからでしょうし、開発しやすいOSであることの売り込みでもありますね。

AppleScriptにUNIXにJAVAにと、魅力的な環境過ぎて、どれから取りかかろうか迷います。

Cocoaはやっぱり!

IEの「お気に入り」の引っ越し。これは、OS X側のIEで「お気に入りのインポート」をすれば簡単ですね。ただ、お気に入りのウインドウが開いてないと出来ないので注意。

NNからIEへの引っ越しのときもそうでしたが、追加される一方で、膨大な量になりつつあります。リンクが生きてるかどうかの確認だけでも大変。簡単に整理するツールありましたよね。

Mac版のIEでは、「お気に入り」はひとつのHTMLファイルですが、Windowsではリンク先の数だけ独立したファイルですね。MacとWindows間の引っ越しだと変換ツールが必要ですね。簡単に作れそうですが。

コンテクストメニューの「パッケージの内容の表示」で、Cocoa(OS Xネイティブ)アプリケーションのアイコンが開きます。

アイコンが実はフォルダで、その中に画像やメニュー項目のファイルがいくつも入ってます。従来のMacでは、アイコンとファイル、フォルダが一対一に対応していたのに比べると、えらい違いですね。

使う人には、従来と変わらない単独のアイコンに見えていて、使い勝手は変わりませんが、作る方は、単独のファイルに押し込める必要がなくなって楽そうです。

カラムの幅を変えるとき、Optionキーを押していると、そのカラムの幅だけ変えられます。

目次 / 次の日

2月1日 危険なMac IE5のバグ (iCabもftpも) (2)

話がだんだんおおごとになってきました。これはOS 9等旧OSの話ですが、Classic環境を立ち上げたOS Xでも危険です。OS Xだけなら大丈夫。

1.なんらかのアプリケーションでファイルをダウンロード。

2.StuffIt Expander等のデコードソフトが解凍しディスクイメージならマウント。

3.QuickTimeが自動再生ディスクのアプリケーションを実行。

つまり、もともとのIE5の自動実行のバグの危険だけではなく、もう一つ違う危険が見つかったのですね。

根本的な問題は、IE5とiCabのファイルの自動ダウンロードですが、これはmetaの指定だけでなくiframeでもframeでも、htmlや画像でないファイルを勝手にダウンロードしてしまいます。自動でなくても、うっかりリンクをクリックしてダウンロードもまずいですね。要はダウンロード前に確認が無いのが駄目です。

IE5やiCabでなくても、ftpソフトでも自動でStuffIt Expander等に処理を渡すものには、この危険が伴います。また、他のデコードソフトでも自動マウント機能があると危険です。

さて、StuffIt Expanderに処理を渡す、StuffIt Expanderによるマウント、QuickTimeによる自動再生はそれぞれの設定でオフに出来ます。どこかで連鎖を断ちましょう。確実なのはQuickTimeコントロールパネルで自動再生のオフ。

さきのIE5の自動実行のバグ対策では、ディスク名の変更とStuffIt Expander等での自動マウントのオフですから、これも忘れずに。

参考:2002.01.28 番外編:Mac IE file execution vulnerability

今日のOS X

「Mac OS X 実践活用ブック」掌田津耶乃著 技術評論社

読み終わりました。いい本ですね。入門本ですが、過不足無く入門できます。AppleScript方面やUNIX方面にさらに進んでいきたいですね。

そう、すっかりAppleScriptやりたい気分。これはHyperCardのHyperTalkにすごく似てますね。当時からAppleScriptはありましたが、自動処理したいことが思い付かなくて使いませんでした。今ならいろいろ出来たら便利なことが沢山あります。

目次 / 次の日

1月31日 ハムナプトラ

冒頭、建設中のスフィンクスからズームアウトして、背景にピラミッドが建つ古代のエジプトの都市が写し出されるのが圧巻。圧巻?

内容は「古代遺跡をめぐる冒険活劇」です。インディー・ジョーンズ路線。面白いです。面白さの大部分はCGを駆使した映像表現ですね。そういう意味ではジュラシックパーク的。

以前にも似たようなこと書きましたが、今のCG技術を使って過去の作品のリメークを作れば、ぜったい面白くなりますよ。これもストーリーだけなら目新しさは無い、と思ったら本当にリメークでしたか。でも1932年版のオリジナル「THE MUMMY」見てるのかな、わたし?

あ、眼鏡の司書好きの人も必見。て、もう見てますか。そうですか。

ビデオ95円レンタルが今日まで。てんで、5本も借りてしまいました。1週間で見終わるかな。

今日のOS X

IEの描画が変ですね。時々部分的に消えます。背景だけになるんですよ。

Fetchは部分的に文字化けしてますね。

目次 / 次の日

1月30日 更迭

部下が全員敵だって環境じゃあ、仕事なんてできないでしょう。どんなに優秀な人でもね。このままだと、鈴木宗男の意に添わない政策はできないんですけど、いいんでしょうか。(よくない)

今日のOS X

コンテクストメニューには、「インスペクタを表示」ですが、ファイルメニューには「情報を見る」になってますね。同じウインドウなのに。

そのウインドウに「Classic環境で開く」という項目があるのを発見。通常、CarbonアプリケーションはOS X上のOS 9では動きませんが、ここで切り替えるのですね。

起動時にOptionキー押してると、起動ボリューム選択肢が出ます。

Command+S 押して起動するのは「シングルユーザモード」だそうで、テキストずらずら出てきますね。「fsck -y」入力でディスクのチェック。起動が途中で止まるときに使うらしい。終わったら「reboot」ね。

前の日 / 目次 / 次の日


(C) Toshiyuki Mori,2002