02年2月11日〜02年2月22日

2月22日 ライフ・イズ・ビューティフル (La Vita e` bella)

この映画でアカデミー賞外国語映画賞を貰ったときの、ロベルト・ベニーニのスピーチが強烈でよく覚えています。それ以上の事前の知識は殆どなく見ました。ん〜。ライフがビューティフルですか(長嶋)。

感動しました。

反戦映画じゃないですよね。単なるコメディーでもなく、ひとつの素敵な人生を描いたんじゃないでしょうか。

今日のオリンピック

ショートトラックの韓国の金取り消しジャッジと、日本の寺尾悟選手の失格のときの審判が同一人物でしたね。てことは、ミスジャッジばかりのショートトラックって印象は、ひとりのタコな審判のせいだけなのかも。

フィギュアスケート女子シングル。解説の佐藤有香さんによれば、いままでにない公正なジャッジだそうで。つまり、競技会で一番良く出来た人に一番良い点数が付く。いままではネームバリュー(実績)が考慮されていたそうで。

それはそれ、公平にネームバリューを考慮するって方法もあり得るわけで。たしか、司法試験でも多年に渡って受験してる人を優先するようになりましたよね? マツダがル・マンで優勝した時には、その年だけロータリーエンジンの条件を甘くしてくれた、と解説者が言ってました。長年ロータリーエンジンで頑張ってたからだそうで。惜しいところで銀ばかりの人に、今度は金をあげようって人情も悪くないです。

スケートでやると談合になりますが、そういう閉じた世界を嫌うのがアメリカ的公平さですね。

目次 / 次の日

2月21日 喫茶店のスパゲッティ

といえば、ナポリタンとミートソースですね。近頃絶滅が危惧されていますが。というのも、みょーにイタリアン的に真っ当なのが増えつつあって、正統的な喫茶店スパゲッティとは似て非なるものに変質しつつあるからです。

さて、ミートソース。これは作り置いた麺をフライパンで炒め、皿に持った上にカレーライスのようにソースをかけたものですね。麺の太さは1.8mm。粉チーズをたっぷりかけて食べます。

学生時代には、学食で週に4回は食べてました。ところどころ乾燥して堅くなり、炒めたときの油が光る麺がなつかしいです。自分でも、スーパーで買ってきた、ママースパゲッティーとカゴメの缶入りミートソースで数えきれないくらい食べました。ソースを暖めるときにバターを入れるとおいしくなりますね。

まあ、作り置きの麺より、茹でたて、しかも芯が少し残るアルデンテが一番おいしいってのは、自分で茹でるようになって気が付きました。±30秒も違えば失敗ですね。

そこに、例の本(ラ・ベットラの定番スパゲティ 落合務)の記述。「麺のおいしさとは何でしょう。(中略) ソースをいかにおおくからめられるか」

あれぇ。本の写真をくまなく調べても、ただソースをかけただけのものが一つもありません。「ミートソース」でさえも麺が赤いじゃありませんか。

そうなのか。

ものは試し。いつもならかけるだけの、わたしのオリジナル、ツナマヨトマトを麺と良く和えてから盛り付けてみました。

ありゃりゃ。これはひと味もふた味も違います。うまい。麺は普段あまり食べない1.4mmでしたけど。たぶん細い麺の方が、からめるかどうかでの差が大きいんじゃないでしょうか。

スキルアップですね。(たしかに)

今日のOS X

Mac OS 10.1.3にアップデート。17.3MBなんて、ADSLでない人は大変ですね。

さてでもなんだか。時計をネットワークと連動してないと、何時間も恐ろしく遅れます。スリープしたときに止まってるみたいなんですよ。

あと起動とシャットダウンで、頻繁にハングしたように先に進まないブルースクリーン状態になります。

アップデートの不具合と言うより、アップデート時になにかのファイルが壊れたのかもしれません。

OS Xは、初期設定ファイル(ユーザのLibraryの中の)が壊れると、すごく調子が悪くなるようで、そんなときにはファイルを全部外に出すと解決するようです。今回はどうなんでしょうね。外して再設定が面倒だし。

目次 / 次の日

2月20日 Cocoa

今日のOS X

OS X付属のDeveloper ToolsのProject BuilderとInterface Builderで、初めてのCocoaアプリケーションを初めてのJavaで作成。

本に書いてある通りに、わけもわからず作業して出来てしまいました。3つテキストフィールドがあって、ボタンが1つ。2つのフィールド内容を掛算して表示するだけの、超簡易電卓ですね。

しかしJavaのドットでオブジェクトとメソッドを繋いでいく方法、JavaScriptにそっくり。と思ったら、Javaに似てるからJavaScriptでしたね。

そういえば、数年前にJavaScriptの参考書を買うつもりで間違って買ったJavaの入門書を持ってますが、ついに読む時が来たのかもしれません。

作るとしたら簡単な便利ツールぐらいですけど。たとえば改行コード変換とかね。MacPerlのドロップレット(ドラッグ&ドロップで動作するアプリケーション)として作ったようなものです。わくわく。

目次 / 次の日

2月19日 同じようで違う

今日のオリンピック

アイスダンスという競技を誤解してました。飛んだり跳ねたりがない分、技術的に簡単なことだけやってると思い込んでました。ただ美しければいいのかと。ステップだけとっても、すごく高度な技術でしたね。

ショートトラックの寺尾悟選手の失格問題は、抗議が受け付けられませんでしたが、それはそうでしょうね。そういうルールですから。

さきのフィギュアペアの場合は、得点を不正に操作したという理由から、一度決まった判定を変えましたが、こっちは単なるミスジャッジでしょう。審判が信じられないという意味では同じですけどね。もし不正があったとするなら証拠を掴まないと。

失格取り消しを求めるとともに、今後を考えて判定方法の見直しを迫るとか言ってましたが、今、国際スケート連盟はフィギュアの不正問題で手いっぱいでしょうね。

でも、ビデオ判定は取り入れるべし。予算がないなら家庭用ビデオでもいいからさぁ。

今日のOS X

書き損なってましたが、「じつはFinderも任意のフォルダを開けたんですよね」だったとは!「超簡単」も書き換えました。

「日本で実施されている狂牛病の検査方法は非常に精度が低い。多分、感染した牛の半分から3分の2は見逃されているだろう」

まだ牛食べない方がいいのかな。

横浜ドリームランドが日曜日で閉園だったとは。寂しいですね。たった一度、幼稚園の遠足で行ったきりですが、もう一度行きたかったですね。「ドリームランドと言えば潜水艦」だってニュース。そうそうそうそうそう。潜水艦。夢に出てくる滝をくぐる潜水艦はドリームランドの記憶だったのかぁ。フラッシュバックと言うか。蘇る過去の出来事。

目次 / 次の日

2月18日 金

今日のオリンピック

カナダペアとロシアペアが仲良く金メダル表彰ですね。4人ともうれしそう。そんなことなら、複数金メダルシステムにしたらみんな幸せになれるかもしれません。わずかな差だったら同じとみなせばいいわけで。スピードスケートの0.03秒差も同じですよ。昔だったら測定できない差ですからね。

フランスの例の審判が、証言を覆しましたね。逆に国際スケート連盟がカナダを1位にするよう圧力をかけて来たって。証言を変えたってのが、ますます怪しい。

真相は解明されていないのに、スケート連盟のカナダペアも金にするという決定が異様に早かったのは、北米マスコミの圧力に屈したからでしょうか。それがいちばん強烈な圧力じゃないの。

今日のOS X

Terminalでtelnetとftpを試す。ちゃんと繋がりますね。telnetではWebページを呼んでみましたが、1ページ読み込み終わる度に接続が切れるのが、HTTPの仕組みなんでしたっけ。telnetも終了しますが。

OS XではWindowsのフォントがそのまま使えるってことで、MS ゴシックをコピーしてきてユーザのFontsフォルダに入れて実験。何に使うかって、2chのアスキーアートを表示するくらいしか使い道ありませんが、IEでは使えないみたいです。

しかし、TextEditで表示させることは出来ました。が、IEからコピーしてくると文字化けするって難点もあって、単に2chのアスキーアートを表示するだけでも、えらい面倒です。

目次 / 次の日

2月17日 疑惑 (3)

こんどはショートトラックですか。全世界の人々が真実を知っているのに、審判だけが知らなくてミスジャッジしてるなんて滑稽ですね。競技によらずビデオ判定が採用されるのは時代の趨勢でしょう。採用しようとしない競技なら本気で応援する価値無いです。

new iMacの実物をいじる。パネル周りがそっけないですが、土台部分の質感はばっちりですね。ただし、つや消しの白ってのは汚れますよ。キーボードもつや消し白だし。すべらないタッチは悪くないですが。

「UNIXコマンド ポケットリファレンス ビギナー編」技術評論社 をやっと読み始め。OS Xのために買ったんじゃありませんでしたが、役立ち始めました。

吉兆の弁当を食べる。さすがにひとつひとつの品の完成度が高いですね。それより、店の応対の丁寧さにびっくり。とっても「お客さま」気分です。こおゆう世界だけに住んでたら、人生観が違ってくるでしょうね。

写真が良かったので、「ラ・ベットラの定番スパゲティ」落合務著 幻冬舎発行を衝動買い。買ってから気が付きましたが、この店ってランチなら行ったことありました。しかし、この本のメニューってプロっぽいです。難しそう。本だけで料理する難点は、たいてい完成写真しか載ってないことでしょうか。味の検証も出来ないし。

目次 / 次の日

2月16日 疑惑 (2)

本人が自白しましたか。フランスの審判。フィギュアペアに関しては、ロシア組が失敗した分、技術点は低かったし、芸術点は、前回の国際大会と同じプログラムのカナダ組が低いのも、さほど変では無いのですが。しかし、意図的に点を操作したってのは、ミスジャッジとは全然違い、もはや犯罪です。

さて、そうなると気になるのが、モーグル上村愛子の判定と、メダル取り損ねのハーフパイプ中井孝治の判定。どちらも一人だけ異様に低い点数を付けたのが、フランスの審判。

これは何かありますね。

しかし、雪印のラベル張り替えじゃないですが、むかしからそんな不正はあったに違いありません。公にならなかっただけでしょう。自国の選手に甘い点数をつけるのは公然のことですが、そこで公正な審判の前提が崩れるなら、第三国と裏取り引きがあっても不思議じゃありません。

アイススケートのスタートって、機械でフライングを測定してないのかな。

スタートラインをこえる前に、まず動いちゃいけないんですよ。人間だから完全に静止ってことは無いわけで、微妙な判定になってきます。どうせならスタートライン超えるかどうかだけを判定基準にすればいいのにね。

某所でMac。MacCDR4.1ってCD書き込みソフト、すごく使いにくいです。直感的に何が何のボタンなのかわからない、微妙に違う小さなアイコンがずらずら。で、説明も出ないのね。

Excelあたりがアイコンボタンの元祖のようですが、意味の分かりやすいアイコンが必要だし、アイコンを覚えるだけの使用時間のないユーザのために、メニューでも同じことができなきゃだめですね。

目次 / 次の日

2月15日 危険が危ない

某所のパスワード忘却時用のリマインダーに「name of cat」なんて入れてたんですよ。考えてみたら、その解答、パスワードと等価なんですよね。

辞書攻撃にも耐えられるよう、こんなん覚えらんねー、って、わざわざランダムなパスワードつけてる癖に、リマインダーが猫の名前じゃあね。だったらパスワードを覚えやすい文字にした方がまし。ヒント無いだけね。

覚えられないパスワードのせいで、メモを書いてコンピュータのそばに置いておく方が危険て説もあることだし。辞書には無いけど覚えやすいってのがいいのかも。

で、もっと危険なのが、その猫の名前がこの日記に書いてあるってこと。危なすぎ。

今日のOS X

10.0の本には出来ないって書いてありましたが、10.1だとcommand+shift+3とcommand+shift+4が復活したんですね。わざわざGrabを使わなくても、もっと簡単に画面キャプチャーができるんでした。

目次 / 次の日

2月14日 疑惑

フィギュアスケートのペアの判定がおかしいって話。調査始めたようですね。

それよりもっと怪しいのが、スピードスケート男子500mのアメリカの優勝者のフライングを見のがした疑惑と、ショートトラックリレーのアメリカ選手が肘をぶつけて韓国選手を転ばせた疑惑。これははっきり画面に映ってましたが、結果は転んだ時にイタリアを巻き込んだ韓国の失格。

結局アメリカに有利な疑惑は解明されないわけで。あちこちでアメリカ贔屓の判定がたくさん出てるようですけれど。興醒めですね。

より多くの人が納得する判定をするなら、中継を見てる全世界の人々に依頼するってのはどうでしょう。偏りのないよう各国で定員制にして。テレビ画面が全てですから、見た目と判定の齟齬がなくなるわけです。当然、微妙な部分は、あらゆる角度のビデオのスロー再生を見た上で判定します。

あ、だったら、今の審判のままでも、全員別室でテレビ審査すればいいのか。カメラマン買収疑惑が出てきたりして。

目次 / 次の日

2月13日 同じ

ひょえ〜。メグ・ライアンと同じ 誕 生 日 ですよ。わたし。きっと同じ日にケーキを食べたこともあるんでしょうね。なんてね。なんかうれしい。と、おもったら、あちょ〜。ジョディ・フォスターも同じでしたか。うひ。女優になれば良かったのか(なれない)。

参考:http://amazon.imdb.com/OnThisDay

Search Againしてみそ。

今日のOS X

Mac OS XのApacheをHFS+上で使う際の問題について

大文字小文字を区別しないMacのファイルシステム HFS+にApache入れるからね。これは10.0での情報で、10.1にはすでにmod_hfs_appleが入ってるようです。(01/10/1 Macintosh トラブル Date Archives)

mod_hfs_appleが入っても、大文字小文字の区別をするようになるわけではなく、区別しないと困る設定にかかわる部分だけ対処されたようです。

<Directory /Library/WebServer/Documents/test>
    Order deny,allow
    Deny from all
</Directory>

という設定で、"Test"などと大小文字を変えても設定をすり抜けることはなくなりましたし、"test.CGI"等でCGIファイルの中身を表示されることもないです。が、

<Files ~ "^\.ht">
    Order allow,deny
    Deny from all
</Files>

という正規表現を使った設定では、".Htaccess"はすり抜けて表示されてしまいますね。デフォルトでは.htaccessは有効ではありませんが要注意ですね。

<Files ~ "^\.(ht|HT|Ht|hT)">
    Order allow,deny
    Deny from all
</Files>

こう書かないと駄目なようです。

目次 / 次の日

2月12日 応援

オリンピックってのは国別対抗戦なんだって、しみじみ。選手層の厚い国の未出場選手のほうが、他国の代表選手より優れてますからね。個人戦であっても、世界最高の個人を決めるんじゃないわけで。

それにしても、フィギュアスケートでのアメリカの自国びいきの応援のすごさは異常。

超簡単 Mac OS XのローカルでCGI (SSIも)」をアップロードしました。りゅうさんが言ってたTextEditの「移動先」をちゃっかり使って新方式。

しかし、「Terminalを使えばできる」ってことになると、GUIの便利ツールみたいなの作る人がいなくなりそうですね。作れるくらいの人ならTerminalで済んでしまいます。自分のために作るんじゃなく、ボランティアですね、これからは。

踊るiMacムービー。

The new iMac

これに似てるって。

PIXAR

目次 / 次の日

2月11日 秘密/ファーザーズ・デイ

秘密といえば、広末涼子。涼子なら篠原の方がタイプですが、それは置いといて。

せつないですね、この映画。適度な緊張感が飽きさせませんが、見どころは広末涼子かなあ。素敵ですよ。ファンになりそうなくらい。ピエトロおじさんもいい味。

ファーザーズ・デイ (FATHER'S DAY)

ロビン・ウィリアムスとビリー・クリスタルのコメディーですね。面白い以上になにかある映画じゃありませんが。すごく笑えたのでよしとしましょう。

某所から、Win98のディスクが見つからないって電話。VAIOですか。リカバリーディスクしかないんでしょう。ご苦労さまです。

雪がちらほら。

前の日 / 目次 / 次の日


(C) Toshiyuki Mori,2002