02年3月7日〜02年3月18日

3月18日 ケンタくん

NTTの請求書。ADSLにするためアナログに切り替えてから最初のもの。ISDNに比べてずいぶん安くなりました。工事費が1,000円だったのはいいとして、あれ、いつものスーパーケンタくんの割り引きがないじゃありませんか。

料金問い合わせに電話。自動応答が流れていてなかなか人に繋がらない。「スーパーケンタくんには、いつ申し込まれました」って、「そちらの切り替えミスですよ」って言ったら慌てて打ち合わせか、待たせた上に「申し訳ありません。116に問い合わせて下さい」ですと。

116に電話。「今月25日からお申し込みということでよろしいでしょうか」「ダメ」割り引かないで請求が来た先月分と今月分はどうなんの。慌てて打ち合わせか、待たせた上に「申し訳ありません。工事担当の○○に確認の上お電話します」「いつ?」「今日中に」

数分後に電話来る。「○○です 申し訳ありません 私が切り替え時に廃止してしまいました 次回かその次の請求時に...」早口。必要なことだけ言ってさっさと切りたい気分が見え見え。

数時間後に電話来る。「○○です。調べた所今回の割り引きは100円ちょっとでしたが、お詫びもかねて、500円のテレホンカードを送らせていただくということで、いかがでしょうか」請求書での相殺とは別ってんなら誠意でしょうけどねぇ。テレホンカードで済めば請求書で訂正するより楽だし、ミスも残らないし。「テレホンカードなんて使わないよ」ちょっといじわる。

ウイルスに感染したらしいって某所から電話。Windowsですか、気をつけないとね。とりあえずシマンテックの無償駆除ツールを紹介。

今日のビデオデッキ

S-VHS ETてのはS-VHS専用テープを使わないでもS-VHSモードで録画できるしくみですが、これ、なかなかきれい。ノーマルのVHSだと、どうしてももとの放送より荒くなってしまいますからね。

今日のOS X

依然メーラーにClassic環境のOutlook Expressを使ってるわたしですが、他のソフトからコピーしてくると文字化けして困ってました。初期設定の開封の「ラベルがないメッセージの標準文字セット」を「日本語(自動判別)」から「日本語(JIS)」に変えてみたら解決です。

CGI形式のPHPしか使えないレンタルサーバがあるんですね。一行目にPHPのパスを書くことと、ファイルに実行権が必要なことくらいが違いでしょうか。

目次 / 次の日

3月17日 構図

日曜美術館は雪舟でしたが、構図がすばらしいですね。特に紙本墨画山水図

ただ四角い枠の中にどう配置するかってことだけなのに、いいものは違いますね。感動もの。しかし、その善し悪しを決める感覚が、なにを根拠にしているのかは謎ですね。

すべての価値判断は文化依存である、とも言いますが、それだけでなく、人類や地球上の生命に共通するここちよい形ってのが、ありそうにも思います。

ま、そこらへん突き詰めていくのがアーティストですね。

藤田敦史が東亜ソウル国際マラソンで優勝

久しぶりに、日本の男子マラソンのヒーロー誕生じゃないですか。瀬古選手とか宗兄弟以来ってのは遡りすぎかな。

acgi dispatcher for MacOSX

AppleScriptのacgiをOS XのApacheで動作させるプログラムがありました。acgiというのは、AppleScriptのcgiの中でも複数プロセスが同時に起動できるモードです。ということは、やはり、デフォルトだとApacheからはapple eventsが送られないので、AppleScriptのcgiは起動しないんでした。なるほど。

目次 / 次の日

3月16日 無問題 (モーマンタイ)

始めてのヨーロッパ行きのときには、香港でトランジットでしたが、「あんたはタイ人か」なんて失礼な(失礼か?)こと言う黒人がいた。「ちゃう、ちゃう、日本人だがや(石川弁、つーか英語でね)」「見えないねー」だから、「あんたはアフリカ人か」と失礼仕返し。「ナイジェリア人ね」『見える見える』

乗り損なったらどうしようとか、特に不安な気持ちも無かったはずですが、「ノープロブレム」だってさ。言われちまったい。

それはさておき、日本人が主人公の香港映画ですね。彼女を追い掛けて香港に来た日本人と、婚約者を追い掛けて香港に来た中国人女の出会い、とくれば、ああなるんでしょうが、もっと「せつなさ」が欲しいですね。さり気ないエピソードでいいんですが。なんか物足りないのはテレビで録画したからかも。うーむ。ノーカット版じゃないと、うかつに感想言えませんね。

さて、iBookのHDD換装作戦ですが、今の6GBをまるごとコピーできるものがありません。CDやMOに分割して入れるのは面倒過ぎ。で、取り出してから直接新しいHDDにコピーできれば一番簡単なのですが、手持ちでIDE(ATA)のHDDを使えるのはiBook以外はWindows機だけ。WindowsでMacのHFSフォーマットを読むなんて複雑だし、わざわざMacに繋げられるHDDケースを買うのも無駄。

と、いいのがありました。8.4GBのSCSI外付けHDD。これ、中身はIDE(ATA)のHDDなんでした。これに繋げばSCSI接続が出来て、SCSI - USB変換ケーブル経由でiBookに繋がります。2.5 - 3.5インチ変換ケーブルは必要ですけど。

繋がっても読めるとは限りませんが。再フォーマットが必要になったら意味無し。

目次 / 次の日

3月15日 グレートジャーニー

フジテレビのグレートジャーニーがとうとう終わりましたね。足掛け十年とか。最初の方は全然見てませんでしたが、アラスカ辺りからずっと見てました。とくに応援するほど大変な冒険ではありませんでしたが、旅としてはすばらしいですねぇ。続きが無いと思うとドラマの最終回みたいな寂しさがあります。

今日のビデオデッキ

古い機械で新しい方で記録した録画データが表示されるじゃありませんか。と思ったら新しい機械で古いデータが表示されることもあります。必ず表示されるわけでもないのが謎。

目次 / 次の日

3月14日 ビデオデッキ (2)

デザインは流行の金属風仕上げですね。ちょっと前までなんでも黒でしたが。各メーカー横並びで同じなのはファッション的です。

リモコンが、持ちやすいよう単純な四角で無くなったのは実用的なのでしょうが、でかいし、へちまみたいで見てくれが悪いです。左右どちらの手で持っても同じよう、対称形にしたのが無理があります。

さて使いごこち。500倍速巻き戻し、早送りがすごいですね。120分テープで43秒ですと。派手に音もしますが。テープ式記録の最大の欠点が、この巻き取り時間ですからね。テープを壊さない限り速いほどいいわけで。合格。

で、気になっていた従来機種との互換。録画したテープを頭出しすると、録画日とチャンネルが表示されるのですが、残念ながら旧機種で録画したものは表示されません。勝手に規格を変えたんですね。せっかく同メーカーなのに。ぷんすかぷん。

他のメーカーはよく知らないのですが、前機種で感動したのが、各動作の徹底的な簡略自動化。たとえば、電源がオフでもプレイを押せば再生が始まるとか、電源オフで取り出しボタンを押せば、テープを排出してまたオフに戻るとか、留守録設定をすれば数秒後に電源オフになるとか、留守録でテープが入ってないと留守録表示が点滅するとか、録画禁止の爪を折ってあるテープを巻き戻すと自動排出するとか。UIに関してよく考えてられてました。

さて、新機種。さすがすべての便利さをそのままうけついだうえに、詰めが進んでますね。ビデオケーブル接続時には無駄な、再生時の強制テレビ/ビデオ切り替えが選択式になったとか、ゼロカウントに戻るのが1ボタンクリックでできるとか、申し分無いですね。合格。

つづく。

久しぶりにOS 9で起動して使ってみましたが、は、速い。メニューの出し入れや、ウインドウのスクロール。まるで新型コンピュータを買ったときのように、ついていけないほど恐ろしく速いです。

まずいっすねー。OS X。わたしのiBookはG3チップの300MHzですが、まったくもってパワー不足。G4に最適化されてるとかで、チップの問題でもあるんですが。

特にメニューが消えるときに遅いのが無駄っぽいです。じわじわ透明人間風に消えますからね。

MacPerl5.6.1がやっと出ましたね。モジュールが増えてて便利そうです。Mac::FileSpec::Unixishてのは、UNIX用のスクリプトを使うのに便利なのかな。File::BasenameやFile::Specとかもありますが。

OS Xの時代ですが、まだまだ旧Macでは使われるでしょう。というわけで「超簡単 MacのローカルでCGI」を書き換え。

エイベックスのコピープロテクトCDが発売になりましたね。Windowsでは付属の再生ソフト経由で聴くことだけはできますが、Macではそれも出来ないって表示。

でも、実験した人によると、Macだとプロテクトが利かないでコピーできるんですと。機種というかドライブによるそうですが。つまり、禁止もなにもそもそもMacは対象外ってことですね。

ミンナノキモチはどこにあるのかな

目次 / 次の日

3月13日 ビデオデッキ

ビデオデッキを買う。今のが調子悪いし、それは直せばいいのですが、2台あっても便利なので。いまどきですから、デジタル放送とデジタル録画等をふまえ、ま、安いVHSでいいんじゃないかと。(あれ)

でもBS(アナログ)は必須。さらにせめてS-VHS位は欲しい所。それで24,800円とはデフレですね。今のSでないVHSのBS付きが39,800円で安く買ったつもりでしたから。それから何年?

同価格帯でサンヨーとビクターで迷いました。以前秋葉の店員が、ビクターは断然技術が違う、って言ってましたが本当でしょうか。

サンヨーは今使ってるのと同じメーカーで、時短の音付き倍速再生が売り。画面は速くてもしゃべりが普通の再生ってやつ。以前は単純に半分音声を削除しただけでしたが、近ごろのは無音部分を先に削って、さらに音声部分が多ければ速めて再生。すばらしい。それに500倍速巻き戻しも便利。というわけで買い。

東急ハンズに行ったついでに、iBook分解に必須の8号のトルクス(六茫星型)ドライバーと5mmのボックスレンチを買ってきました。それぞれ480円と230円は思いのほか安いですね。

HDDの容量アップより無線LANが先に欲しいとか、HDD交換するならデータの入れ替えはどうしようとか、まだ考え中ですが、いずれは工具が必要になりますからね。

OS 9のWeb共有で、AppleScriptでCGIを試してみました。スクリプトファイルをアプリケーションとして保存するのは、MacPerlと同じですね。環境変数の受け取り方はちょっと違うのですが、掲示版も作れるようです。

OS XのWeb共有(Apache)だと動きませんでした。方法が違うのかもしれません。いずれにしろ、Macでサーバ公開しないなら使えないですね。

目次 / 次の日

3月12日 失言

外務省の失言リーク攻撃が始まりましたね。陰湿です。そもそも外務省のその陰湿な体質が、ムネオ議員に付け入らせるすきになったのでしょうけど。他の省も似たようなものなのかな。

今日のOS X

Internet Developer-Mac OS X

こんなところに情報あるんですね。英語です。日本語だけで探しても、必要な情報は全然足りないですね。読むの面倒ですが。

PHPのいいものみつけました。

PHP4徹底攻略PDF版

参考書がまるごと読めますね。

目次 / 次の日

3月11日 フラバー (Flubber)(2)

「うっかり博士の大発明/フラバァ (The Absent-Minded Professor)」('61)のリメイクでしたか。わたしが言うまでもなく、今のCG技術を使ったリメイクは盛んなんですね。その昔の映画を見比べたいところですが。うっかり博士ねえ。

そういう古い映画はレンタルビデオ屋には無いし、そもそも日本でビデオが出てないものも沢山ありますね。本だったら大きな図書館に行く手もあるわけですが。将来的にはネット上に置かれて、有料でいつでも見られるようになるんでしょうか。

今日のOS X

cmdキーを押しながらダブルクリックすると新しいウインドウが開くのだ」ですが、該当するフォルダがすでに他のウインドウで開いていると、新たに開くことは無いですね。それがカラム式表示だったりするとがっくしです。

通常はカラム式表示にしていて、新たにウインドウを開きたくなって使う方法だからです。開いているものを2重に開く必要はないとの判断でしょうが、だったらわざわざcommand+ダブルクリックしたわたしの気持ちはどうなるの、って。

カラム式で開いてもいいならクリックだけで済むんですからね。同じフォルダのウインドウでも複数開くようになったOS Xなのですから、変にけちらずに新しく開いてほしいものです。

目次 / 次の日

3月10日 エントラップメント (ENTRAPMENT)

うっかりテレビ映画で見てしまいました。良い映画なら絶対ノーカットで見たいですから。かといって、見てみないと良いかどうか分からない映画が困りもの。

さて、なかなか素敵などんでん返しですね(どんでんでんねん)。どんでん返しなんて言うとネタバレのようですが、いやはや、ここまでどんでんだと「まじめ」な人は豆鉄砲クラスのショックかもしれません。というわけで、これがネタバレにならないくらい捻りがありますね。

でも、なんかちょっと物足りないのはカットしてあるせいなのかなぁ。ショーン・コネリーがおじいさんだからかなぁ。

今日のOS X

本家http://www.php.net/downloads.phpからのリンクがある「Marc Liyanage - Software - Mac OS X Packages - PHP」にOS X用PHPの情報と最新版のダウンロードがありますね。OS X10.1に入ってるのは機能限定版のようです。使えるデータベースに限りがあるようで。

OS XでPHP使えるようにするのがあんまり簡単なんで、「超簡単Mac OS X...」に追加しました。独立したページにするまでも無いわけで。

おかげさまで80,000アクセスです。今回は例の件もあって33日で10,000行きました。

目次 / 次の日

3月9日 フラバー / OS XでPHP

ロビン・ウィリアムスね。これもCGが主役ですね。ウィーボがかわいいですん。この手の「はかせ」が自働機械で目玉焼きの朝食を作るのは定番ですね。そこに、むく犬でなくロボットなのがひと工夫。

「これ」ってアイデアさえあれば、あとはちょいちょいと味付けて面白い映画は作れますね。名作はそれだけじゃだめで、もう何段か高い所にありますが。

PHPを使うのも、これまた簡単でした。モジュールは入ってるから、あとは使えるように設定すればいい。

httpd.confの次の4行の#を外すだけ。

#LoadModule php4_module        libexec/httpd/libphp4.so
#AddModule mod_php4.c
#AddType application/x-httpd-php .php
#AddType application/x-httpd-php-source .phps

でも、OS X 10.1.3付属のはPHP 4.0.6だからセキュリティバグがあるんで、公開するなら4.1.2にしないとね。

しかし、この簡単な方法を試すまで、ずいぶん彷徨ってしまいました。ダウンロードしてからって記述は10.0の時代のことでしょうか。10.1の登場は9月末ですが、それがWebページになって検索エンジンに拾われるまでになってないとか。情報少ないよー。

TinkerTool」てシステム環境設定を入れるとすべての不可視ファイルがFinderで見えるようになりますね。なるほど「.Trash」てのがありました。しかし、うっかりしがちの人には、不可視ファイルは不可視の方が安心ですね。

他にもいろいろFinderをカスタマイズできます。フォントの滑らかな表示をオフにしたら、なんだかすごいことに。滑らかに表示しない時のClassic環境のほうがずっときれい。

先のSSIが使えなくなった件ですが、美しく解決しましたよ。「exec cmd」でだめだったのですが、「exec cgi」か「include virtual」を使えば、上位ディレクトリでも絶対パスでも動きますね。そう、実はSSIでアクセスカウンタのCGIを動かしていたのでした。引数を付けるなら「include virtual」で「?」つけた指定でないと通りませんね。(Apache 1.3.22)

コマンドの実行だと上位ディレクトリにアクセスできると危険ですが、CGIならURLアドレスとしての仮想ディレクトリのパスとして扱えばよいので、危険度が低いんでしょうね。となると、前のサーバで「exec cmd」で上位ディレクトリが通っていたのが不思議です。

目次 / 次の日

3月8日 日本アカデミー賞

ジャイアンツの選手といえば新庄ですが、さすがに読売新聞では「米ジャイアンツ」ですね。「日本ジャイアンツ」とは言わないようで。

○○銀座も同じですが、本家に対してのコンプレックス丸出しのネーミングはいやですね。そっくり同じにしてしまう「まねっこ」なら、少なくとも表向きコンプレックスが隠蔽されていますけど。

さて、でも25回目ともなると歴史になるし、審査がしっかりしたものならば、業界人にとっては価値あるものになるのでしょうね。受賞者も感激の面持ちです。世間の注目度は、アメリカローカルの本家アカデミー賞にも負けてますが。

とにかく、その気恥ずかしいネーミングをなんとかしてほしいですね。いまさら変えられないってことなら、省略形で「にちあか賞」とか「ぽんでみ賞」とか呼び方を変えてみるとか (ださ)。おっ、ひらがなで「あかでみー賞」がいいかもしんない。って、ぱろでぃーかい。

目次 / 次の日

3月7日 分解組立

図書館でPHPの本とOS XをUNIXとして使う本と、iBookを分解してHDD換装する本を借りてくる。

とにかくiBookのHDD換装は大変ですからね。殆どまるまる分解しないとHDDが外せません。ふんだんな写真を使った詳細な解説がないと、失敗する可能性が高いです。

とりあえず、星形のレンチと静電気避け腕輪?を買ってこよう。って、3000円の手数料で交換してくれて1年保証まであるアミュレットとかに頼むのが無難ですけどね、分解組立の楽しさの誘惑が。

なんじゃぁこりゃぁぁぁぁ理論」の提唱者のわたしとしては、新型マーチの変な顔さ加減は合格でしたが、「そう悪くないじゃん」と思えてきましたよ。名車の予感。

金銀ざくざくですね。いいなぁ。小判より明治の金貨の方が価値あるんですよ。

前の日 / 目次 / 次の日


(C) Toshiyuki Mori,2002