02年3月19日〜02年3月30日

3月30日 みそラーメン

ひさしぶりの“みそラーメン”。どのくらいぶりって、覚えてないくらい、数年でしょうか。そもそも外食でラーメン食べたのが数年前?

ラーメン嫌いじゃないですよ。以前は昼食に週に3回食べてましたし。ラーメン屋に入る機会が無かったというか。麺といえばスパゲッティ生活になったからかも。週3回スパゲッティだとラーメンを食べたくなる余地がないです。

で、うまかったですよ。太麺もね。次に食べるのは秋かな。

目次 / 次の日

3月29日 ROBODEX 2002 / 無線LAN入門 (3)

行きましたがな。横浜だし。今回は気合いを入れて朝から。ついでにその前に図書館に寄ったら、けっこういい歳のオジサン達が並んでて意外。時間間違えて45分も図書館前で待ってしまったのが、思い返せば今日の待ち始め。

んなわけで、開場に間に合いませんでしたが、ちょうど待ち行列が動き始めた頃合。相変わらず人気高いですね。まずはメインステージで主なロボットの紹介ショー。階段状の観客席を設けたのが今年の新機軸。見易くなりました。しかし後ろの方だとちょっと遠くて小さい。双眼鏡があるといいかも。で、結局今年も主役はホンダとソニーと目星。

というわけで、次はホンダブース。1回目のイベントが終わって観客が去った直後。ステージ下のテープで区切られた子供用エリアの後ろの一番前に陣取り。開演まで30分。

アシモ君
今年もアシモ君。

これはWebで募集した参加者による、アシモ君を操縦しようというイベントです。今回ホンダはアシモ君だけですね。少なくとも3体来てます。外見も歩きも前回と変わらないよう。ゲーム機のコントローラのような操縦装置ですが、前後に動くレバーが2本。おおっ鉄人28号! それで出来るのは歩くだけですが。で、プラモデルの戦車と全く同じなんですよ。両方前に倒すと前進。左だけ前で右回転。左前右後ろでその場回転。両方後ろで後退です。しかし、アシモ君。歩くのが取り柄ですが、それ以外というと。もはや歩くだけで衝撃だったのは過去のことになりつつあるかも。今度は走るといいなあ。

さて、ソニー。ここはステージ前の座席は整理券式で、次回分は配りずみ。座席後ろの立ち見最前列に陣取り。開演時間を間違えて、30分待つつもりが50分待ち。

バランスとるSDR
動くボードの上でバランスをとるSDR。

SDR-4Xですね。SDR-3Xに比べて足の裏が小さくなって、足全体も細くすっきりしました。外見がアシモ君に似てると思ったら、歩き方もそっくり。小突いても倒れないなんて、ホンダのロボット歩行技術をそっくり取り入れてますね。歩いて片足立ちになる瞬間にくねっとする以外は殆ど遜色ありません。階段も上れます。すごい進歩ですね。

倒れないCDR
押されても、つつつと後ろに下がるので倒れないSDR。

解説によると、歩行には静的歩行と動的歩行とあって、常に足の裏に重心を乗せて歩くのが静的歩行。重心を前に出して倒れるのを支えるように足を出していくのが動的歩行だそうです。人間はもちろん動的歩行。ホンダに続いてソニーも実現ですね。価格は高級車なみってことですが、ちゃんと歩行するロボットを個人でも所有できるってのはすばらしいです。

今回も踊りました。が、4体でアカペラをハモるとは。そりゃデータを入れておけば、難しくなくできるのは分かりますが、人間のように踊って歌うってのが新鮮な驚き。

届けるSDR
「お友達」にプレゼントを届けるSDR。

コンパニオンのおねえさんの司会で、「お友達」として観客のおじさんを前に呼んで実演。まずは名前を覚えてもらう。

おねえさん:「SDR、もりもとさんよ」
SDR:「ほりおとさんですね」
おねえさん:「ちがうわ。もりもとさんよ」
SDR:「ほりおとさんですね」
おねえさん:「ちがうわ」
SDR:「ごめんなさい。名前を覚えられませんでした」
しかたないので、顔を覚えてもらう。
おねえさん:「SDR、お友達の顔を覚えてちょうだい」
SDR:「ごめんなさい。よく見えません」
お友達を少し近付けて、
おねえさん:「SDR、お友達の顔を覚えてちょうだい」
SDR:「ごめんなさい。顔を覚えられませんでした」
うつむいてしょぼんとするSDR。

ペット型のアイボとは違う、人間型のロボットとのつきあいが生まれる瞬間ですね。操縦されるだけのアシモ君には無い、自我のようなものとの触れ合い。

その他のブースは規模も小さく、あまり混んでいませんでした。今回はなんといってもSDR-4Xですね。これを見られただけでも幸せです。

Q.taro 2つ
ソニーの「Q.taro」手を差し出すと寄ってくる。

花束を抱えるPosy
松井龍哉デザインの「Posy」思ってたよりかわいい。

番竜2種
三洋電機とテムザックの「番竜」不審者を見つけると吠えて、携帯に電話する。ちっとも動かないのでデモ見られず。

番竜のトリケラトプス
こういう「スキン」がある。

AirMacカードをやっと買う。27日に探したときにはどこも品切れでした。案の定、価格をそのままにパッケージを変えて、付属だった旧iMac用のアダプタが別売2,600円になるとの発表。アダプタは必要ないけど、値上げじゃん。でも、今日売り場に沢山出てたのは、まだ古いパッケージの方でした。12,800円に10%ポイント還元。Web上のアップルストアの価格が事実上の定価なのですが、アップル製品は表向きどこでも同じ値段です。ポイント還元とか付属品セットとかで値引きしてるわけで。圧力でしょうか。以前公取に注意されたと思いましたが。

さっそくiBookに組み込み。キーボードを外してその下に入れます。ディスプレイ外周に埋め込まれているアンテナにも接続。

さて、設定。AirMacを入れるとシステム環境設定のネットワークにAirMacが表示できるようになります。

2箇所に同じものを入力するのは変なので、ひょっとしてどちらか要らないのかもしれませんが、これで繋がりました。

ADSLルータに繋いだWin側では、まずプロキシのProxomitronを立ち上げて実験。めでたくiBookからAirMac経由でWebに繋がりました。

麻雀。なんだか一人勝ち。家族麻雀ですけどね。恐ろしくツキがあります。

http://www.msn.co.jp/がいつのまにかMS IE以外のブラウザでも拒否しないようになってますね。IEしか使えないようにしたら苦情殺到でさっさと撤回したそうです。そんなことも予想できないほど自己中になる環境なんですね。おおこわ。

目次 / 次の日

3月28日 無線LAN入門 (2)

繋げばなんとかなると思ってましたが、APを使わない場合、インターネットに繋ぐためにはルータ機能を別に用意しなくてはいけないんでした。Macの方は、ソフトウェアベースステーションが付属なので、AirMacカードだけでルータになりますが、OS X版は無いようです。Windowsでは、98SEからは「インターネット接続の共有」があるので使えそうですが、95にはありません。

そこで登場するのがプロキシソフト。既にMebiusにインストールしてあるBlackJumboDogProxomitronを使えば繋がるはずです。たぶん。

某氏が無線LAN内蔵のノート(Windows XP)持ってきたので、さっそく接続実験。繋がらない。なんで。

しかし、SSIDってのは、パスワードのような意味もあると思い込んでましたが、誰でも見えるものなんですね。こうなるとWEPだけが頼りです。MACアドレスによる接続制限はAPの機能のようで、カード同士のアドホック接続には使わないようです。

金八先生、感動の最終回。わたしは、思い入れはあんまりないんですが、世間的には影響力ありそうですね。教育のあり方とかで。かなり啓蒙的。

サッカー、ポーランドに快勝ですね。日本も強くなったもんだ。世界ランク33位のポーランドに37位の日本ですって、ならそんなにたいした事じゃないのかな。

目次 / 次の日

3月27日 指輪

指輪と言えば、ワグナーのオペラ「ニーベルングの指輪」4部作ですが、今は映画の「ロード・オブ・ザ・リング」でしょうか。原作がJ.R.R.トールキンの小説「指輪物語」これは3部作。ええと、「リング」に「らせん」に… (違う)

主役のイライジャ・ウッドは先日の「パラサイト」の高校生ですね。だからテレビで放映したんでしょう。

まだ見てないですが、面白そうですね。

そういえば、掲示版の投稿連絡メールが来なくなったと思ったら、嘘sendmailが使えなくなったんですね。hpcgi1です。サーバはずっとApache/1.3.6だったのですが、今はZeus/3.4に変わりました。その影響でしょうね。

目次 / 次の日

3月26日 無線LAN入門 (1)

ISDNの時に味をしめた無線接続ですが、ADSLになってから本格的無線LANを導入しようと思いつつ、ちと高いぞと。

Macですからね、AirMac。キノコ型のベースステーション(AP)が34,800円は、他社より5,000円から10,000円以上高いし、iBookに内蔵するAirMacカード12,800円は、登場時こそリーズナブルでしたが、今となっては高めです。

じゃあ他社製のAP(アクセスポイント)とAirMacカードではどうかとか。IEEE802.11b規格で「ダイレクトシーケンススペクトラム拡散(DSSS)方式」を使ってるものなら使えるようですね。「周波数ホッピングスペクトラム拡散(FSSS)方式」だと駄目ですが。古いのだと、Macと接続できても暗号化(WEP)が使えないものもあるので注意。設定がWin機からしかできないものは、Macしかないと使えないし。

で、もっと安上がりなのが、無線LANのPCカードを差したWin機とiBookを繋ぐ方法。Win95のMebiusをADSLモデムに繋いでAPの代わりにしようって魂胆。「価格.com」で調べると、なんと5,800円で発見。Laneed(エレコム)のLD-WL11/PCC。Macに差しては使えませんが、LANとしてMacに繋がるようだし機能的には申し分なし。新型のLD-WL11/PCC2になるとWin95非対応なのが微妙なところ。

実は、発見したのは1月だったのですが、問い合わせたらすでに売り切れ。入荷未定。価格.comの「お知らせメール」機能で価格が下がったら通知されるようにして、待つこと2月。23日に「(^o^)お知らせメール(LD-WL11/PCC)」なんて題名で「(^o^)ご希望金額に達しました!」ですと。同じショップに入荷したってことでした。さっそく注文。届いたのが今日。

設定は

以上でできるのですが、設定ユーティリティのバージョンが上がったからか、設定ウインドウが説明書の記述と全然違うので大変。説明書でESSIDとあるのが、ウインドウではSSIDとBSSIDになってるし。なにそれ、ってんでWebでそれぞれの意味まで調べてしまいました。が、なんと「Windows XP対応 補足説明書」なんておまけのペラに書いてあるじゃありませんか。XPじゃなくてもすべてのユーザに必要なんですから、紛らわしい名前にしないでほしい。しくしく。

ま、まだカード1枚で接続相手はいないのですが、設定終了。と、どこの誰だか謎の接続相手と「接続完了」。MACアドレスが表示される。近所で無線LANやってる人いるんですね。こりゃ暗号化必須ですね。

悪いと知ってて悪いことをしたのと、悪いと知らずにしたのはどちらが悪いのかって、小学校3年のときに悩んだ記憶が。先生が「悪いと知っててやったのなら許せる」なんて言ったんですよ。

「知らないでやったのなら、悪いと知ればやらなくなるのに」ってのがわたしの考えね。小学3年生が悪の総てを知ってるわけがないし。「悪いと知りつつ」なんてのが人間のさがだとも知りませんでしたが。

ところで、問題となった「悪いこと」がなんだったか。「授業中騒ぐ」だったかも。(知ってろ)

辻元議員が辞職しましたね。政治資金規制法違反が明白だそうで(時効ですが)。自民党議員なら離党も辞職もしないでしょうが、社民党じゃあね。世間的にはウソついたのが致命的です。ムネオ議員に「ウソつき」なんて言わなきゃ良かったのに。

外務省の自浄作用が疑問視されてますが、議員だって、与野党ともに同じ穴のムジナ現象、つまりみんなやってる悪いことは自浄できないんじゃないでしょうか。

目次 / 次の日

3月25日 応援

「世界フィギュア2002」(スケートだよん)が終わりましたね。オリンピックで金を取って、さらに長野まで来たのはヤグディンだけ。オリンピックで金を取れば充分だし、その栄光を持って1年暮らしたいってことなんでしょうか。オリンピックの価値が非常に高いんですね。だったら世界フィギュアも4年に1度休みにするとか。

「日本のファンはすごい」ってクワンが言ってましたが、ヤグディンや他の競技者も口を揃えて、会場の沢山の声援が嬉しかったし励みになったと言ってました。オリンピックのアメリカ贔屓が異常でしたからね。日本のファン偉い。日本のスケートファンて、自国選手の応援より他国でも優秀な選手のファンだったりしますからね。

キッズgoo」なんてのがあるんですね。

「このページはキッズgooのルールいはんが見つかったためひょうじしないよ」だって、フィルターかかってますね。

目次 / 次の日

3月24日 ダイハード

いい天気だし、花見です。今年は早いですからね。それにしてもソメイヨシノばかりだこと。

ダイハードって何度もテレビでやってますね。なのに最初から見たのは始めて。もしかして今まではカットされてたとか。アクションものとしては名作ですね。なぜか高層ビルから出てくるシーンは、「タワーリングインフェルノ」を彷佛とさせます。シチュエーションが似てますよね。

日記の目次ページの量が増え過ぎたので、過去日記として引っ越し。ついでにmac.comへですが、今年の頭まで引っ越したのは行き過ぎかもしれませんね。一応、今までのURLで@niftyへ来たリクエストをmetaで自動で飛ばすようになってるし、JavaScriptオンなら#以下のページ内アンカーも引き継ぎます。

<body onLoad="location.href = 'http://homepage.mac.com/tomneko/diary_01/diary_01.html' + location.hash;">

日記全部を引っ越せないのは、mac.comでCGIでの書き込みが出来ないからです。なんか半端ですよね。今後の予定としては、書いてから1年経ったらmac.comへ、ですけど。まだ確定ではありません。

mac.comへはFTPソフトを使わず、WebDAVでマウントしたディスクとして扱えますが、転送が遅いったらありゃしません。それに、リソースフォーク自動保存で、不要なデータを消せないのもちょっと不便。

またまたMac版IE5(OS X版)にバグ発見。てもセキュリティ問題ではありませんが。環境設定でフレーム非表示にできますが、そのときに表示されるページのリンクをクリックしても飛ばないんですよ。そんな所、誰もテストしないんでしょうね。

今日のOS X

スクリーンセイバはランダムの設定にしてありますが、突然、わたしがデジカメで撮影した写真が画面いっぱいに表示されてびっくり。

ホームのPicturesフォルダに入れただけなんですが、勝手にスクリーンセーバで使われるんですね。スライドショーというモードのデフォルトの画像の保存場所になってて、ランダムなのでスライドショーモードになってしまったのが原因。

変な写真でなくて良かった。

目次 / 次の日

3月23日 パラサイト (THE FACULTY)

気持ち悪いSFXの映画宣伝で、すっかり見る気をなくしてましたが、見てみれば気持ち悪いのは宣伝に出てきたシーンでほとんど終わり。つまり、それ以上の気持ち悪さは期待できないし、既に見てしまった分インパクトも薄いです。わたしにはちょうど良い薄め方でしたが。

気持ち悪いといえば、宇宙の寄生生物ってところで「遊星よりの物体X」という怪作がありましたね。これはすごかった。すごすぎて、それ以降この手の映画は見たくなくなったほどです。

こちらは、ご都合主義でツッコミどころ満載のB級映画なんですが、舞台のハイスクールの生徒たちがそこそこ魅力的な俳優で、それなりに悪くない映画です。夢に出て来そうな追いかけっこもありますし。

日本語に吹き替えされていると別の映画のようだ。

わたしは気に入った映画なら、字幕版と吹き替え版と両方見ます。吹き替え版は、声優の演技によって本当の俳優の演技が見えなくなったりしますが、字幕より細かく台詞が分かるし、なにより文字に気を取られなくて済むのがいいですね。

目次 / 次の日

3月22日 ズーラシア

よこはま動物園ズーラシア」ですよ。動物園。オカピで有名ですね。

2頭のオカピ
オカピ

コンゴの密林にいるそうですが、主役になるだけあって、珍しいだけでなく美しいです。キリンぽいですね。

動物公園として、木々の緑に囲まれた見学コースと、動物達のゆったりとした生活空間があります。多摩動物公園に近い感じですが、動物の楽さ加減はここが一番でしょう。

何が楽って、広い居場所もいいですが、元の生活環境を再現するための木々と入り組んだ敷地によって、見学者からの死角があるんですよ。見られたくなければ見られないで済む。種によって、表に出てくるのが日によって交代するというのもあるようですね。

見られるって事はかなりのストレスですよね。それで思い出すのが、工場の見学コース。見学者がのべつ来ていたら仕事がやりづらいでしょう。ここの動物たちより悪い環境ですね。

なぜか狭いアムールトラの所を除けば、動物達が生き生きして見えます。カワウソなんか遊びまくってますね。小石をおもちゃにして池に落としたり拾ったりしてました。

珍しいものでは金絲猴(キンシコウ)もいます。薄青色の顔に金髪より大分黄色い毛が美しい。孫悟空のモデルとも言われる中国の猿ですね。猿の仲間では、ドゥクラングールというグレーの毛に黄色い顔のベトナムの猿が、なんとも落ち着いたいい顔してたのが印象的。

雪豹(ユキヒョウ)がいるはずって、勘違いでしたが、かわりに雲豹(ウンピョウ)がいました。双子の子供。もう家猫ほどの大きさですが、手が大きいからまだ育つでしょう。木登りが得意らしいですね。猫科の動物って雰囲気がみんな似てますね。しなやか。

さて、すばらしい動物園ですが、なんと、キリンもカバもサイも(普通の)ヒョウもチータもヌーもいないんですね。そもそも大きく分布する地域ごとに分けたカテゴリーにアフリカがありません。なので、アフリカ系動物が殆どいないのです。いるのはオカピだけ。象はインド象。ライオンもインドライオン

実は、まだ第1次開園で、完成予定の半分くらいしか出来ていないのでした。きっとこれからアフリカ地域も出来るでしょうね。

目次 / 次の日

3月21日 人間には

「人間には2種類あって」って誰がオリジナルなんでしょうね。フィリップ・マーロウ? まあとにかく、人間には3種類あって、酒の飲める人、飲めない人、弱い人ですね。

問題は弱い人。日本人の約4割だって意外に多いですが、わたしもです。酒の飲み始め(20才くらいね)は弱くても、鍛えて飲めるようになったって人は多いようですが、それはただ不快さに慣れた、あるいは感じなくなっただけのことで、飲める人と同じだけ飲んでいると癌になるそうですよ。NHKでやってましたが。

そもそも酒の強さは、アルコールを分解して出来たアセトアルデヒドをさらに分解する能力の差で、それは遺伝的なものなので後天的に変わることは無いのです。で、その分解されないアセトアルデヒドが不快感の元であるとともに、肺から排出されて食堂や胃に入って癌の元になるそうです。

というわけで、すでに鍛えてしまった人が酒量を減らせるのかどうか知りませんが、これからってなら「鍛える」なんてあほらしいからやめましょう。

ま、そういう科学的説明って、ときどきひっくり返るから簡単に信じちゃいけませんが。(どっち)

どっちにしろ、鍛えるために無理して飲むなんてのがあほらしいです。

目次 / 次の日

3月20日 踊る

倒れて立ち上がり感情も読み取れる人間型ロボット

また踊ってますか。ソニーのSDR4Xね。今度のは足がすっきりしてますね。どんな感じで歩くんでしょう。ロボデックス行きたいな。

今日のOS X

もうひとつパーミッション設定ツール。

system OSAX

AppleScriptでシェルコマンドが使えるようになるOSAXです。これを入れた上で使いますが、ファイルに実行権を付与するドロップレットも付属してます。シェルコマンドが使えるならいろんな事ができそうですね。やっぱりMacユーザにはコマンドラインは似合わないです。

過去日記を引っ越すついでにページのマークアップを書き換え。ツールを作って自動で書き換えた方が速かったようですが、もう手後れかも。でもまだ終わらない。

目次 / 次の日

3月19日 ひとりたび

「このままだと武蔵丸のひとりたびになってしまいます」

相撲の解説者の親方です。マラソンで近頃良く使われますが、それはまあ、距離的に離れてるんで「旅」に近いものがありますが、相撲の勝ち数が飛び抜けてるっても、かなりの抽象化ですね。

もともとはF1で古館伊知郎が使ったのが始まりですけど、ここまで来ましたか。

今日のOS X

BatChmod

ちゃんと作る人いるんですね。ファイルのパーミッションを設定するGUIツールです。残念ながら日本語ファイル名ディレクトリ名には対応していませんが。

こういう小さくて便利なツールが作れるといいですね。

アップル - Mac OS X Server - 仕様

ACGI Enablerが付属してますね。AppleScriptのCGIが使えるのかな。

前の日 / 目次 / 次の日


(C) Toshiyuki Mori,2002