02年3月31日〜02年4月11日

4月11日 自動判別

CGIでの文字化けに関して、「ねこの集会所」でのハルさんの質問への回答から。

<input type="hidden" name="detect_charset" value="入口">
と書いておいて、jcode.plでcharset判定ですね。

これは「ポータル墓場」が参考です。そもそもは、ブラウザから送られる日本語データの文字コードがはっきりしないのがいけないんですけど。CGIプログラムでは、送られてきたフォームパーツのvalue単位なんて、ほんの数文字ずつ自動判別して変換してるものが多いですね。それだと文字化けが起こり易いです。

ISO-2022-JPはエスケープシーケンスを使うから見分け易いですが、Shift_JISとEUC-JPの判別は難しいところ。上記方法だと「入口」がShift_JISでもEUC-JPでも他方の文字コードの他の文字と重なることが無い文字なので、(そのことを判別条件にしているはずだから) 判別に失敗することが無いことになります。で、そこで決定した文字コードを前提に他の文字を変換すれば文字化けは起こらない原理。

古いMac版IE (IE3?) では、hiddenに書いた文字と入力されたテキストが違う文字コードで送られたりするって噂 (未確認) ですが。

無線LANですが、離れたところでもOS 9だとOS Xより繋がり易いですね。これは、反応速度が影響してるのかもしれません。OS Xって“もさい”ですから。あと、雨だと繋がり易いのも発見。電波が通り易いのかな。

目次 / 次の日

4月10日 HDD整理というか (2)

さて、今度こそ最後のHDD換装。3回目ともなると、慣れからくる油断までありそうな雰囲気。しかし、換装がこう面倒で無いマシンならよかったのに。

ポリタンクMacの、指一本でケースを開けられる増設性の良さに比べ、iBookは、ほんと、面倒です。まあ、3回もする人も珍しいですが。

で、新しいHDDを入れ直して組み立ても完了。外付けHDDからデータコピー。これも4時間。やれやれ。

日産の軽自動車が出ましたね。鼻の部分がマーチと同じです。BMWやベンツやアルファロメオのように、日産の顔にしようってことでしょうね。

日本の車って、新型になると全く違う外観になるし、同じメーカーの車同士でのデザインの共通性もなくて、アイデンティティが無いですよね。その中でホンダ車はかろうじて共通した雰囲気を出してます。トヨタはデザインの虫っぽさが“らしさ”だとか。その程度。

で、その日産の鼻ってゴーンさんの鼻に似てるって思うのはわたしだけ?

目次 / 次の日

4月9日 HDD整理というか

iBookから取り外した2.5"HDDのデータコピーに困ってるわけですが、ついにiBookに戻す決断!えっ。

外付けHDDのデータコピーが終わったので、iBookに戻した古いHDDから外付けHDDへデータをコピーして、また新しいHDDに入れ替える作戦です。てことは、これからHDD換装を2回するってこと?計3回。はぁ。

2回目ともなれば慣れたもの。外すネジとコネクタは同じですが、HDDのデータコピーができるだけでいいので、ネジ止めは最小限に、ボディーが半はまりの状態まで戻して、外付けHDDにデータコピー。5MBのデータが4時間がかりですね。コピー後はノートンさんとかでデータの検証。これも結構時間かかります。

目次 / 次の日

4月8日 ボディ・ターゲット

ジャン・クロード・バン・ダムです。空手の場面はありませんが、やはりアクションが違いますね。格闘技をやってない俳優のアクションはぬるくてダメです。そこに気付かせてしまったってのがジャッキー・チェンの功罪かも。

え、この映画は、ま、「シェーン」ですね。母子を悪人から救おうってヒーローですよ。

今日のOS X

ソフトウェア・アップデートをプロキシ経由で行おうとすると。「インターネットへ接続することが出来ません」ですと。

が、不思議なことに、QuickTimeのアップデートを行おうとすると、こちらもダメなのですが、だめだというダイアログでOKするとSoftware Updateという英語でソフトが立ち上がり、QuickTimeじゃなく普通のアップデートができるんですよ。

そういえば、OS Xを再インストールしたときに、すぐにアップデートが立ち上がって、IE5.1.3等をインストールできたのですが、それもプロキシ経由。単独のアップデートが変なんですね。

目次 / 次の日

4月7日 デイライト / HDD整理 (3)

写真撮影用のライトに“デイライト”ってのがあります。通常の白熱灯には黄色味があるのですが、これは表面を青く塗ることで調整して白い光が出ます。日の光ってこんなに白かったっけ、って感じです。

で、シルベスタ・スタローンの映画ですね。地下トンネルからの脱出もの。デイライトを求めて。こういう地底ものというと「地底探検」という映画を思い出してしまいます。小学生のときにテレビで見て凄く印象が強いんですよ。背中にヒレのある“恐竜”も出てきますが、本当は小さいトカゲにくっつけたってのは、小学生にもばればれです。

でも、「地底探検」にはそこはかとない心地よさがありました。「デイライト」は、ひたすらご苦労さまですね。ストーリーは全然違うのですが、同じようなシーンがあるんですよ。

面白いですが、事故からの脱出に“夢”は無いですね。

地底探検:原作はヴェルヌの「地底旅行」。バローズの「地底の世界ペルシダー」が原作の「地底王国」という映画もあるらしい。紛らわしい。

2.5"HDDがダメだったのは変換ケーブルのせいってことで、外付けケースに戻して実験。ダメ、マウントされない。「ドライブ設定」では相変わらず未対応ディスク。「B's Crew」ではドライバを入れ替える必要があるが、パーテーション領域が足りない、とか。惜しいんだけどね。初期化できるって言われても、データがコピーできなくちゃ意味無し。IDEとSCSIとでドライバが違ったりするのかな。

こうなったら、IDE接続できるMacに入れるしかないのかも。PM6100はSCSIなんですよ。誰かのMacを借りるとしても、iMacじゃ交換がおおごとだし、ポリタンクMacに繋げさせてもらうか。

みごとですね。この曲。

muneo_house.mp3

目次 / 次の日

4月6日 HDD整理 (2)

PM6100経由の8.4GBHDDからのコピーがあんまり遅いんで、途中でキャンセルして、変換ケーブルのドライバだけ先にコピーして、HDD→SCSI-USB変換ケーブル→iBookと繋いでコピー。これも遅い。殆ど変わらないみたい。まあ、朝起きたらコピー終わってましたが。

念のため、コピーした内容をノートンさんでチェック。1つだけ、コピーすると壊れるファイルがありますね。何度やってもダメですが、それは22GBのパーテーションにコピーした時。3GBへのコピーなら壊れません。そのファイルだけってのが謎です。

iBookから取り出した2.5"HDDですが、3.5"変換ケーブル経由でWindows機に繋いでみましたが、当然のようにマウントされません。IDEのハード的にも認識して無い? コネクタ分解してケーブルを差し換えたのが、どうも怪しいです。仕方なく新しい変換、今度はケーブル無しのコネクタ式を買ってきて接続。どうやらハード的には認識された模様。やれやれ。

ならばって、MacOpenerの5日間試用版をダウンロードしてきて実験です。他にも同機能ソフトは有りますが、IDEディスクを読めると書いてあったのは、これだけ。

で、Macフォーマット(HFS+)のHDDがみごとマウントされました。まるでWindowsのHDDの中のように読めますね。EthernetでiBookと繋いでSambaで共有。とりあえず、必要なデータをコピーしてみます。しかし、これはまた遅い遅い。コピー中はWin機の動作まで異常に遅くなります。MacのフォーマットをWin用に変換するのに、そうとうなCPUパワーを使ってるんですね。

Winでは使えないからですが、リソースフォークはばっさり切り捨てです。ノートパッドみたいにリソースフォークにテキストデータを保存してあるとお手上げ。そのデータにはまったくアクセスできません。次の手は?

目次 / 次の日

4月5日 HDD整理

さて、iBookから外した2.5" 6GB HDDを、例の3.5" 8.4GB外付け「中IDE外SCSI」に入れようとしたら、ダメですね。基盤に横向きにコネクタがあるので、2.5"→3.5"変換ケーブルのケーブルが邪魔になってコネクタが刺さりません。コネクタへケーブルを挟んである方向が逆なら刺さるのですが、って、ケーブル分解して逆向きに入れ替え。

念のため方向が正しいかどうかWebで確認。2.5"のコネクタは電源が一緒なので、間違って逆に刺すとHDDが死ぬって、おおこわ。注意深くHDDを繋ぎましたがマウントされません。純正ソフトの「ドライブ設定」には未対応だと言われるし。

つーわけで、8.4GBを箱に戻して、まずはそのデータをiBook 30GBにコピー。そのために必要なUSB-SCSI変換ケーブルのドライバが、あれ、メーカーサイトでダウンロードできない。ファイルが無いですと。

なんで、古いMac、PM6100にSCSIとして繋いでEthernet経由でiBookへコピー。10BASE-Tですが、遅い。約6GBが6時間?

アカデミー賞授賞式のまとめが放送されましたね。生はWOWOWが取ってしまったので、NHK BSでは見れなくなりましたが、まあ、あとからでも放送されるのはいいこと。録画したので後で見よ。

目次 / 次の日

4月4日 iBookのHDD換装

いよいよ換装。覚悟がいるってのは、それだけ大変だからです。外すコネクタが10箇所、外すねじが33本ですよ。

参考資料は、「iBOOK STYLE」浜田 宏貴、田中 裕子、飯嶋 淳 著 ソフトバンクパブリッシング 発行 です。田中 裕子さんの“バラシ”には定評ありますからね。ポイントを押さえた見事な解説です。それで3回ほどイメージトレーニングしましたから、本は既に手元にありませんが、手順と場面は頭に入ってます。

さて、実践。本では初期型iBookですが、これはその一つ後のメモリ容量アップ版なので、ところどころ少し違うようですが、ほぼ完璧にイメージトレーニング通りに進めます。ねじの太さも覚えてますからね。

プラスチックボディを外すときと填めるときに手間どりましたが、6GB HDDを30GB HDDへと入れ替え完了。どちらもIBMですね。

OS XのインストールCDを入れて起動したら、HDDが認識されません。少しあせり。今度はOS 9のインストールCDで起動して、「ドライブ設定」で認識。ほっ。3G, 3G, 22GBと3つにパーテーション。2つの3GにOS 9とOS Xのシステムをそれぞれ入れて、残りがデータ用ね。

で、HDDから起動するてえと、静か静か。からんころんとシーク音はしますが、回転音は殆どしませんね。さすが流体軸受です。

うまくいってよかったですよ。ほんと大変。こういう分解組み立ては、ネジの締め方もそうですが、必要以上に力を入れないのがコツでしょうね。間違った方向に力を入れるとすぐ壊れますから。

分解したついでにエアーダスターとか、スプレー缶式塵吹き飛ばしでシュッシュッシュッーて吹き捲くったおかげで、キーボードとかきれいになったのもいい気分。

レリックハンター2が始まりましたね。これは、すごくわざとらしい作り物の冒険活劇で、世界の秘境に行っているようで、ほとんどスタジオ撮影だったりするTVドラマですね。あまりのことに、ツッコミどころが多くて見てしまうって感じです。

目次 / 次の日

4月3日 無線LAN入門 (5) 新・telnetでComNifty

telnetでプロキシ越しにHTTPで呼び出すのは、いったいどうしたらいいか謎でした。

TerminalやtelnetでComNiftyのためのTCPSerialには、ブラウザのようにプロキシの設定がないので、どうしたらいいのか悩みどころ。が、telnetなら、そもそもそのプロキシの設定をした結果送られるように送ったら繋がるはず、と、はたと気がついてRFC2068を読んでもいまいちわからず、適当に勘で繋いでみたら出来てしまいました。

Terminalでは、(192.168.0.1がプロキシのIPアドレスの場合)

% telnet 192.168.0.1 8080
Trying 192.168.0.1...
Connected to 192.168.0.1.
Escape character is '^]'.
GET http://homepage1.nifty.com/glass/ HTTP/1.0

てな具合で繋がりますね。なんてことない単純なことでした。

さてtelnetでComNiftyの場合。OS XでもClassic環境で動くんですよね。

以前にも書きましたが、まずはフリーウェアのTCPSerial 1.0.1 (ダウンロード)を手に入れて、機能拡張フォルダに入れます。

プロキシ経由でない場合は、foreignマクロとして以下の内容を「Foreign_telnet」のようにForeign_から始まるファイル名でComNiftyがあるフォルダに保存します。

#login
s:AT*CPort 23^m
r:OK
c:ATDThrt.nifty.ne.jp^m
r:tion-ID --->
#logout
r:NO CARRIER
q:

プロキシ経由の場合、まずはTerminalで繋いでみます。(192.168.0.1がプロキシのIPアドレスの場合)

% telnet 192.168.0.1
Trying 192.168.0.1...
Connected to 192.168.0.1.
Escape character is '^]'.
telnet>open hrt.nifty.ne.jp
open hrt.nifty.ne.jp
COM
 Enter Connection-ID  --->

というわけで、以下のように設定。

#login
s:AT*CPort 23^m
r:OK
c:ATDT192.168.0.1^m
r:>
s:open hrt.nifty.ne.jp^m
r:tion-ID --->
#logout
r:NO CARRIER
q:

これでばっちり、OS Xのプロキシ経由でもまだComNiftyが使えるのでした。

AirMacですが、電波が届くかどうかって距離での挙動が微妙。繋がったり繋がらなかったりですが、AirMacを一度切って入れると繋がるとか、繋がる時、書く必要のないはずのパスワードを求められたり、そこで間違えると再起動が必要だったり。そういう操作で繋がるってことは、ソフト的にうまくやればもっと繋がり易くなるはずですよね。

鮨食いねえ、ですねえ。

チャームド2魔女3姉妹が始まりましたね。

フィービーの声が変わっちまいました。変。事情があるんでしょうけどね。

目次 / 次の日

4月2日 横浜スタジアム / ブーイング

久しぶりの横浜スタジアム。横浜vs阪神ね。去年からヤクルトファンに戻ったわたしとしては、どちらも特に応援しないのですが。まあ、地元だとチケットが安く手に入ったりとかありまして。

1塁側内野の高いところ。ここのスタンドは傾斜が急ですね。振り返ると後席の人の膝が。そんな人はいないと思いますが、うっかりミニスカートで見にきたりしないように。

さて、地元での開幕戦ということで始球式。お、矢田亜希子ですね。生・矢田亜希子ですよ。とかいっても小さくて、スクリーンで拡大されたのを見ても生じゃないし。

場所的に横浜を応援しつつ、阪神のピッチャーは薮だし、赤星大活躍。てんで横浜負け。

しかし物売りは邪魔。試合が見えなくなるっちゅーに。身長150cm以下に限るとか(ミニモニ)。あ、アシモ君。体が透明だともっといい。

かねがね、日本人はブーイングが下手だなあ、と思ってました。不平不満に文句は「わーわー」言うのですが「ブーブー」言わないじゃないですか。それだと審判に届かないし国際的に通用しないかなと。

が、こないだのサッカーの相手ポーランドだと“ブーイング”として指笛ならしたりするんですよね。これ、沖縄だと応援の音だし、じゃなくても日本じゃ応援の意味ですよ。

文字通り「ブーブー」言うのはアメリカ人だけだったりして。ぶーぶー。

目次 / 次の日

4月1日 掘り出し物

夕方から秋葉原。閉店時間を気にしつつ、物探しと価格比較をしながら歩き回る、いつものパターン。

というわけで、iBookに入れる2.5"HDDとして、IBMの流体軸受の30GBを15,500円でゲット。ついでに外したHDDを移植するための、2.5→3.5HDD変換アダプタ(ケーブル)と変換金具。

で、“静電気防止リストバンド”ってのは、自作家の必須アイテムじゃ無かったのかな、何処にもうってない。某ショップの店員が「うちには無いですが、そういう品揃えが豊富なのはラオックスですよっ」なんてこっそり教えてくれる。

1,480円ですが、Webで見たメーカー製だと1,600円で、安全のための抵抗が入ってましたが、これには入ってるんでしょうか。安全て、うっかり右手で100Vとかに触ってしまって、左手のリストバンドが接地してるとすごーく危険て話。

あとあと、掘り出し物。オーディオテクニカのサージバスター新品、2,800円が477円、電話回線対応4,500円が953円でゲットー。新製品出たからね。にしても機能的にほとんど変わらないんだから。

ER VIIシーズン始まりましたね。民放も変な特番やってないでさっさと新番組はじめたらいいのに。

目次 / 次の日

3月31日 無線LAN入門 (4) / 吹き替え

Win機に入れたプロキシのProxomitronは、もっぱらWebブラウザ用ですから、メールその他まで使うならBlackJumboDogですね。もともと用途が違う2つです。

というわけで、BlackJumboDogのプロキシ設定。httpとhttps、メールにFTP。FTPのFetchの場合、“firewall”の設定で“パッシブモード”のチェックをはずし“Proxy タイプ”を“USER with no logon (aka...”で繋がりました。

まだなんかあるような。そういえば、Terminalから繋ぐ場合とか、telnetで繋いでるComNiftyとか。タイムサーバも。

セキュリティ的には、暗号化されてるとはいえ、iBookのIPアドレス以外は拒否ですね。AP(アクセスポイント)使わないのでDHCPも使いませんが、使えても使わないで固定IPの方がより安全ですね。“待ち受けるネットワーク”の設定もこの無線LAN方向だけ許可して、ルータ側からアクセスできないようにします。

心配なのは、殆ど動きっぱなしになるMebiusのLANカードと無線LANカードの2枚差し。重なってかなり熱くなります。すぐ隣に、壊れてるくせに熱くなるモデムボードが取り付けられてるので、せめてもの取り外し。ボディも、プリントごっこのはがき立てなんてので、台から4cmくらい浮かせました。かなりの放熱効果です。

iBookの方は、無線カードのせいでバッテリーの減りが早くなりそうですね。せっかくの無線ですけど。

わたしの場合、気に入った映画は字幕付きで何回も何回も観直してだいたい登場人物がしゃべる台詞の概要を覚えてしまった後で、字幕無しで観る事が多いです。字幕付きで観た後で吹き替えを観ると、なんとなく違和感が生じるので。印刷ものの漫画を読んだ後で、音声付きのアニメになったものを観ると、そう言うイメージの声ですか? と、たまに違和感を感じたりしませんか? 吹き替えだと、そう言う感じなのですが。

なるほど。それはやったことがありません。今度字幕無し原語版で見てみます。

声の違和感はありますね。でも不思議なことに、シュワちゃんやジャッキー・チェンほど沢山見てると、本人と吹き替えと2つの声がどちらも正しくなって、違和感がほとんどありません。声優が変わったりすると困りますが。

わたしは基本的に、吹き替え版があればそれを先に見ます。というのも、字幕を読みながら映画を見る状況の違和感が大きいからです。音として意味が脳に入ってくるのと、視覚として入ってくる違いでしょうか。テレビの場合、文字の割り合いが大きくて邪魔ですし、映画館だと頻繁に視点の移動が必要で、映画の中に入り込む邪魔をしている感じがします。

吹き替え版は、声優の出来によって決定的に映画のオリジナルイメージが変わる虞れがある反面、画面の視覚表現の中に没入できる利点があります。

というわけで、後から見る字幕版は俳優の声を含む演技に主眼を置いて見ることになるわけで、だいたいの意味が分かっている分、音に集中できるようです。

前の日 / 目次 / 次の日


(C) Toshiyuki Mori,2002