02年4月12日〜

4月14日 フィフス・エレメント

何回見てもいいですね。面白い。て、まだ3回目? 細かいところに目が行きますね。字幕じゃないし。白ネコは意外にいいネコですよあれは。雑種じゃないです。スラムに住むネコらしからぬ。ま、210年後の話ですけど。

今回はテレビで吹き替えですが、字幕版では受け取れなかった細かいニュアンスが分かります。字幕版だと視覚表現の味わいが減るだけでなく、台詞の意味もかなり消えてしまいますね。

録画して、副音声の英語にしてみたり。クリス・タッカーの吹き替えの人、そっくりの高音がいいですね。ブルース・ウィリスの吹き替えも違和感ないです。

で、ミラ・ジョヴォヴィッチがジャンヌ・ダルクのときよりかわいーですね。そういう役なんですが、若いし。「最高」ってのはあの時代(未来)の価値観でしょうが、人間とちょっと違う感じが出てていいです。ジャンヌ・ダルクも人間離れしてましたが、以前見たインタビューされてた本人は、映画の中ほど変じゃなかったはずですよ。

長野マラソンですね。市民ランナーが5千人も走るとは。ホノルルへ行く前に、まず長野ですね。とか、言ってみて。

ロンドンマラソンでは、ラドクリフが初マラソンなのに世界歴代2位の2時間18分56秒という記録が驚異的。男子のハヌーシの世界新記録もいいね。

おかげさまで、90,000アクセス達成です。

目次 / 次の日

4月13日 OS XでTomcat

Tomcatって他人事に思えなかったのですが、やっと試してみることができて。何って、JavaServletとJSPを動かすサーバですね。ちっとも可愛くないネコがシンボルキャラクタ。

昨日の本がまた参考です。導入までのさわりの部分だけしか載ってませんが、解説が親切で分かりやすい本ですね。

TomcatはWebDAVみたいに最初からOS Xには入ってませんから(OS X Serverには入ってます)、The Jakarta Projectからダウンロードしてきます。Javaなのでどの環境でも動くやつですね。本では4.0.1の解説ですが、最新版の4.0.3です。で、解凍をStuffItでやると失敗するってのは、Web Scripter's Meetingでの情報。パーミッション情報が無くなるようで。Terminal上で行うべし。

さて、環境変数の設定やら、OS X用にシンボリックリンクやら意味もよく理解しないで設定して、スタンドアロンで実行。http://localhost:8080/で動くはずが、なぜかうちのOS Xではlocalhostが使えないんで、http://127.0.0.1:8080/ですがアクセス成功。サンプルソースも難なく動きました。ええと、つまり、Tomcat単独でWebサーバなんですね。やっと理解。

$JAVA_HOMEで、
% sudo ln -s Commands bin

Apacheとの連係にはモジュールが必要なんですよね。本には先のサイトにOS X用のがあるって書いてありましたが、4.0.3になったせいか、ありません。ソースからコンパイルすればいいって、未知の世界かぁ。

と、ちょっと奥まったところに、4.0.1とそのバージョンのOS X用モジュール発見。やた。

httpd.confの設定は、なぜかServerNameの設定もするんですよね。デフォルトで“#ServerName fisheye”。魚の目?、ヒマラヤのFishtailならこの目で見たもんね、とか#だけはずしてみたり。あとモジュールの読み込みとか設定して完了。

で、http://127.0.0.1/example/でアクセスできるはずが、404エラーだって?

モジュールのバージョンが古いからかもと、わざわざTomcatの4.0.1をインストールしてみてもダメ。何度も試しているうちに、ブラウザのステータス欄に“fisheye”なんて一瞬出るのに気付き。ためしにServerNameをコメントアウトしてみると、httpd.confのエラー。なるほど、そこが重要でしたか。“localhost”ではダメ。じゃあ“127.0.0.1”。動きました。ほっ。

で、自分で書いたプログラムを使うときは、どうするんだろう?

しかし、環境ばかり整えて、さっぱりプログラムしてないって、「環境おたく」ですねえ。

【「Mac OS XでTomcat」というページを作りました。03.1.31記】

目次 / 次の日

4月12日 OS XでWebDAV / バーチュオシティ

Mac OS X UNIX的徹底活用講座 秋田克彦・大津真・柴田文彦 著 (株)ローカス 発行 を参考にOS XでWebDAVサーバを動かしてみます。

まずは、httpd.confの設定。

#LoadModule dav_module         libexec/httpd/libdav.so
#AddModule mod_dav.c

の#をはずして以下を書き加え。

DAVLockDB /Library/WebServer/DAVLock
DAVMinTimeout 600
<Directory "/Library/WebServer/Documents/DAV">
    DAV ON
</Directory>

共有フォルダを作ってパーミッション777

/Library/WebServer/Documents/DAV

空のロックファイルを作ってオーナーがwww

/Library/WebServer/DAVLock.dir
/Library/WebServer/DAVLock.pag

以上で動くそうですが、なぜかMacローカルでマウントできずあれこれ。結局OSの再起動で動くようになりました。謎。

しかし、これ、ローカルでWebDAV動かす意味って、MacとWinとか異機種間でのファイル共有くらいでしょうね。OS XではSambaがもっと簡単に使えますけど。全世界に公開なら認証も必要ですね。そこまでの解説は、この本には載ってないです。

「バーチュオシティ」、主人公、最初レゲエ頭の誰これって思いましたが、今回アカデミー主演男優賞を取ったデンゼル・ワシントンなんでした。なんで、2回目なのに見てしまいました。まあ、なんか敵の悪のスケールが小さいですね。SFXバリバリなのに。

前の日 / 目次 / 次の日


(C) Toshiyuki Mori,2002