福岡2月9日

3日間お世話になった友人宅を離れ、今、福岡駅にいる。どこに行こうか迷ったが、長崎に行くことにして、「長崎島原フリー切符」というのを購入し特急列車に乗り込む。ところがこの切符3日間のみ有効でしかも福岡まで戻るというもの。なんだか無駄になるような気がする。車中は駅で購入した長崎のガイドブックで行き先の検討をする。

長崎駅到着。終着駅の哀愁が漂う。駅前は特に個性が無くぱっとしない。駅のコインロッカーに荷物を預け、とりあえず近場の「日本二十六聖人記念館」に行く。ここは豊臣秀吉の切支丹禁教令で26人が処刑された場所で、のちにローマ法王によって聖人に列せられた彼らのブロンズ記念碑がある。舟越保武作のこの碑は26人の等身大の像が並び、手を合わせて安らかに祈りを捧げているようだが、足は宙づりで暗に磔の姿を映してもいる。傑作! 裏の記念館では出るときに茶色い猫が入り込んできたので、おばさんに「外に出しましょうか?」と言うと「ええ、ず〜〜と遠くにつれてって頂戴」と言われ、猫を抱えて表に出ることになった。

長崎の町並みは香港のように細長いので、市電がよく似合う。何処で乗り降りしても100円。次に向かったのは平和公園。修学旅行の高校生がいっぱい。どうやら関東系らしい。例の有名なブロンズ像の前には、学校の名前の入った花束がいくつも置かれている。ここにくる学校は、気持ちとして用意するのかな?学生たちにはそういう敬虔な雰囲気は全然感じられない。ま、そんなもんでしょ。そこから徒歩で浦上天主堂〜原爆資料館と回る。資料館には、なぜか女子高生が多い。説明はリアル、というより現実はリアル、ってあたりまえか。女子高生じゃなくても泣きたくなるよね。でもおじさんはちょっとこらえたのであった。

次に向かったのは、原爆で片方が壊れたのに奇跡的に立っている鳥居。ちょうどその鳥居の真横の家から出てきたおじさんが解説を始める。倒れた方の鳥居は家の前にしばらくあって跨いで行き来していたが、邪魔なので5m程動かしたそうだ。近くの神社には楠の大木があって、これも原爆で上半分が吹き飛ばされほとんど枯れていたが復活したとのこと。原爆の痕自体はごく少ないが、これらが説得力を持って伝えている。

しばらく行くと「ジュータンパブ」なる店発見、謎。

駅に戻り、宿を予約してチェックインする。気分が少し重い。ここで夜の街に出ていれば状況は変わっていたはず。

(C) Toshiyuki Mori,1998