長崎2月10日

朝一は崇福寺。いわゆる唐寺で中国人が建てた寺。媽姐という旅の神様が奉ってあるので祈願する。みやげもの売場になぜか布袋様が並んでいる、しかも「布袋様5ポーズセット」なんてものもある。店のおばさんとの会話「布袋様はここのお寺と関係あるんですか」「そうなのよ。七福神だから」「じゃあ、よそのお寺にはそれぞれ違う神様がいるんですね」「よそのお寺のことは分からないわよ」「・・・」本堂の釈迦像を囲んだ弟子達の像の中に布袋様体型の像があったので、なんとなく納得することにした。1ポーズ購入。ついでに孫悟空の土人形も購入。で、おばさんの話によると、今長崎は「提灯祭り」の最中で1/28〜2/11までは毎日龍踊り(じゃおどり)が見られるとのこと。時刻は夜7時から!なんと、きのうもやっていたのだ。う〜〜む。どうりでこの寺も正月のように提灯がたくさん下がっているわけだ。

崇福寺山門
(崇福寺山門)

いろんな灯篭が飾ってあると言われたので、新地(中華街)の先の湊公園へ行く。「夜は綺麗なんだけどね」わかっている。新地は横浜に比べればこじんまりしているが、さすがチャンポン・皿うどんが多い。「中国百聖人」というセットを発見。バックギャモンのセットのケース状の所に2cmほどの土人形が100人張り付けてある物。こういうの好きなんだけど、かさばるし値段も書いてないのでやめる。公園の灯篭はすごい、獅子・龍・馬・虎・麒麟等、1m〜5m位の物まで盛りだくさん。こりゃ夜になればさぞかし壮観だろう。龍踊りもここでやるらしい。よっしゃ、こりゃ今晩も長崎泊りだね。

獅子の灯篭
(これが灯篭 電動で首を振る)

腹減ったので、チャンポン発祥の店までわざわざ行く。新地から20分も歩いた。が、「なにこれ、料理店つうより宴会場みたい」な店だ。3階までエレベーターで行き靴を脱いで畳敷きの大宴会場へ。丸いテーブルが20程も並んでいる。さっそくチャンポンを頼む。はっきりいってうまいとは言えない(まずくはない)。蛎が入ってるのは豪華だけれど。何となく物足りないので、酢をかけたらうまくなった。

大浦天主堂とマリア像
(大浦天主堂とマリア像)

とにかく店を出て、近くの大浦天主堂へ向かう。坂道がきつい。上ると美しい聖堂が表れた。正面に大理石のマリア像がある。「マリア様がお迎えくださっている」と、かつてここを訪れた神父さんが言われたように。ここは1864年に居留地の外国人のために建てられたのだが、翌年、250年の歳月を経て、隠れ切支丹達が名乗りを上げた所なのだ。長崎の歴史をちゃんと知りたいと思う。

そこからすぐグラバー邸に向かう、幕末から明治の豪商グラバーの屋敷と当時の洋館を移築してきた公園になっている。小高い丘の上なので海がよく見えてとても景色がよい。のんびりモードに突入したわたしは、しばらく海を見ながらベンチに座っていた。長崎はいい所なのだ。ところでグラバーは麒麟ビールも作った人らしい。あの麒麟マークの元になったという石像があったが、単なる狛犬みたい。こういうのばかり写真に撮ってるのは変かも。

グラバー邸
(グラバー邸)
グラバー邸からの眺め
(グラバー邸からの眺め 向こう側に稲佐山)

孔子廟は台湾で見たものにそっくり。そこから裏のオランダ坂をまわる。坂がきつい。このさい、この旅行をダイエットを一番の目的にすることにする。またまた湊公園まで歩いてきてその前のビジネスホテルにチェックインする。そこから長崎と言えばの「出島」へ行く。ん、なにもない。こともないが、ちょっとした公園があるぐらい。掲示板によれば2010年完成予定で復元中で、現在、出島あとの大部分は川の中だった。がっかり。出島と言えば、誰でも知ってる長崎の名所なのだからもっとずっと早く復元して欲しい。長崎観光の急所だよ。つぎは市電で興福寺へ。こちらも唐寺だが建物は古い。でも、本堂は改修中。おみやげも売ってない。魚板という1m位の木彫の魚が吊ってあり、食事の時等に鳴らしたそうだが、これを見てポケモンのギャラドスを思い出すのも変だけどしょうがない。

照明がついた獅子の灯篭
(照明がついた獅子の灯篭)

てくてく歩いて戻るうちに暗くなり、湊公園の灯篭が見ごろになった。龍の目は点滅し、獅子は頭を振っている。かなり人が増えている。公園に作ったステージでいよいよ催し物が始まった。子供の龍踊り、ふむふむ。しっぽくダンス、ありゃま。手品、おいおい。ちょっと早く来すぎた感じ。1時間半もしてさすがに寒さが身にしみてきた頃、やっと目当ての龍踊りが登場。これは、さすが、すごい。間近で見る龍はそれだけで迫力物。爆竹はばんばん鳴らしてるし、ながーいラッパの音とシンバルが盛り上げる。龍はぐるぐるぐるぐるぐるぐるまわる。ちゃんとストーリーもあるのだ。それにしても1区切り毎に舞い手?が交代するのもうなずける運動量だ。これが見れただけでも長崎に来た甲斐がある。

龍踊り
(龍踊り)

夕飯は定食屋のてんぷら定食。食べてるうちに夜景がどうしても見たくなる。タクシーで展望台のある稲佐山に登ることにした。グラバー邸のある岡からは港を挟んで向こう側の山だ。細く暗い道をくねくね登ってやっと頂上に着く、さすがに歩いて下りる気はしない。タクシーには待ってもらって展望台に登る。おおおおお、視界の端から端まで広がる夜景。幅の広い川のように左から右に流れるように明かりが見える。中程でぽっかり黒く抜けているのが港だろう。さらに右には月明かりに海と島が見える。これほどスケールの大きい夜景は見たことがない。感動もの!帰りのタクシーでは気分良く、饒舌になって長崎を誉めまくっていたら運転手さんも喜んでいた。チャンポンに酢をかけるかどうか聞いたら、かけないと言われた。そもそも地元の人はチャンポンは家で食べるそうだ。そりゃそうかもね。

稲佐山からの夜景
(稲佐山からの夜景 ほんの一部分)

というわけで、長崎2泊目。

(C) Toshiyuki Mori,1998