長崎22月11日

今日は長崎を離れることにする。有名どころは押さえたし、龍踊りに夜景も見たし十分でしょう。例のフリー切符の期限も今日まで。どうせ今日中に福岡に戻るつもりはないが。

長崎駅に着くと電車の出発まで40分程あったので、朝飯を駅の食堂で食べることにする。もちろん、まだ食べてなかった皿うどん(揚げそばの)を注文する。これが意外にうまい。駅の食堂なんてまずいのが相場だと思っていたが、ここは違う。長崎は最後までいい所だ。売店で九州全体のガイドブックと時刻表を購入する。

今日のルートはJRで諌早駅まで行き、そこから島原鉄道かバスで雲仙島原方面を回ろうとゆう計画だ。ただフリー切符のルートがそうなっているのだった。諌早駅にはそれらの時刻確認をしているうちに着いてしまった。バスに乗ることに決めて駅前のロータリーに出ると数台のタクシーのほかに車もなく、人もほとんどいない。さっぱりと綺麗な新しい駅前なのだが、商店が無く空気の密度の薄い駅前だ。ロータリーの向こう側にバスターミナルの建物が見える。そういえば乗り換え時間があまりなかったはずだが、と時間を見るとあと1分もない。あわてて陸橋をわたりターミナルの雲仙行きバスに飛び乗る。

バスは観光バスタイプで、運転席が低く客席はすべて前向きの席のもの。でも、乗客はわたしひとりだ。このバス、走り出してみるとよく止まる。バス停の間隔が近いのだ。おばあさんがよく乗ってくる。バスの運転手が声をかける「こんにちは」「はい、こんにちは、お願いします」「どうも、お世話様でした」畑の中の国道をのんびりすすむ。小浜に近づいたところで、突然視界が開け、遥か下の方に海が見えてきた。海がきらきら光っている。バスは海岸沿いをずんずん下っていく。小浜は観光地だけあって大きな旅館が多い。ここを過ぎると上り坂、雲仙温泉に向かう。

道端の岩から湯気が立ち昇っている。雲仙温泉のバス停は町の中心部にあって、ちょっとした広場になっている。回りは旅館とみやげ物店とそばやで、典型的な温泉街の風景だ。さて、ここからどうするかというと、山に登るのだ。普賢岳のとなりの妙見岳の頂上までロープウェイがある。ロープウェイの乗り場まではバスを乗り継いでいく。バスから普賢岳が見えてきた。未だ頂上から煙を立ちあげている。盛り上がった溶岩ドームが生々しい。さらにロープウェイに乗ると、火砕流、土石流、火山灰のあとが海まで流れているのが見える。とんでもないことに、バスの時間の都合で頂上にいられる時間が15分しかない。次のバスは2時間後なのだ。のんびり旅行で時間に追われるのが腑に落ちないが、とにかく走った。ロープウェイの終点から山の頂上まで階段が70段ほどある。雪がまだ残っていて滑る。いや〜、間近で見る普賢岳はすごい。今ここで噴火したらたまらないね、などと思いながら、一瞬の感動に浸る。で、また今度は駆け下りてロープウェイに戻る。

普賢岳
(間近で見る普賢岳の溶岩ドーム)
火砕流と土石流が見える
(火砕流と土石流が生々しい)

下りのバスの終点「小地獄営業所」から5分ほど歩いて、小地獄温泉館という外湯についた。入り口を入ると下駄箱があって、男湯女湯が別れている。まちの銭湯に近い作り。400円払い中にはいる。ここで大荷物を持ってコートを着てる人は他にいない。ほとんどは車できている人らしい。ここのお湯は乳白色。こんな色の温泉にはいるのは初めてだ。明るいうちから温泉にはいるのはとても気持ちがいい。でも、今日は混んでいる。湯から出たところに座敷があって、おじいさんは寝ているし、みんなくつろいでいる。空いてる場所を見つけ、コーラを飲みながらしばらくぼーっとする。この近所には宿が数件あって、泊まるにはちょうど良いが、風景があまり良くない。何かが足りないと思ったら川がなかった。まだ日が高いので、今日中に島原に下りることにした。

ダイエット旅行と決めていたし、バス停まで40分も歩いた。バスは途中で土石流の上を横切るのだが、いまだ砂防ダムや橋は建設中だ。島原外港という所で下り、島鉄に乗り換える。待ち時間が1時間ほどあったので、遅い昼飯をとることにした。駅前のファミレスのような店に入る。で、ここの明太子スパゲティーがうまい。未だかつてこんなにうまい明太スパは食べたことがない。九州の明太子がうまいのか、島原の水がうまいのか、謎。

普賢岳を右手の逆光の中に見ながら、原城にむかう。島原の乱は島原城ではなく原城が中心地なのだ。ぜひ見なくては。乗客は殆ど地元の高校生。日はどんどん傾いていく。駅に着いたときには暗くなり始めていた。はたして間に合うだろうか。「原城跡」と大きな看板が見えたので、畑の中の道を近づいてゆく。ここだろうか、なにやら碑がある。とおもったら「←本丸跡」の看板。さらに歩く。ここらは畑しかないし、まわりに家もない。もし暗くなったら月明かりだけが頼りだ。おっと大きな看板に地図がある。えっ、なにここら辺ぜんぶ原城跡なのか、本丸はさらに先なのね。なだらかな上り坂を20分以上も歩いてやっと本丸跡に着く。ううむ。まさに跡だ。なにもない。松が生えているばかり。海に面した部分は断崖絶壁。石垣もわずかに残すだけ。海を眺めるベンチに座り、一服する。「つわもの達の夢の跡」というフレーズが頭の中をめぐり離れない。そこを離れるときに、うしろで小石が転がる音がして振り返る。もちろん誰もいない。何か伝えたいことがあるのだろうか。

原城跡に立つ一本の木
(原城跡)

駅に戻ったときには、すっかり暗くなっていた。ここらに宿はなさそうなので島原に戻ることにして電話で予約する。駅は無人だし、待つ人もいない。犬が入ってきたと思ったら、ホームから線路におり向こうに歩いていった。通いなれた道なのだろう。

というわけで、島原に宿泊。

(C) Toshiyuki Mori,1998