出発?4月12日

んんん、今何時だ? えっ8時過ぎ!しまった!落ちつけ落ちつけ。ネパール行きの飛行機は関西空港13時発だぞ。7時半のに乗れなかったとしても、10時台の関空行きの飛行機に乗れば楽勝じゃないか。それでも急いで支度をすると家を後にする。あ〜あ、飛行機代損した。

羽田に着いたのは9時半。な、なんと関空行きの飛行機は7時45分の次は11時半まで無いのだ。で、伊丹行きなら9時45分発が今まさに締め切りまぎわでボードが点滅している。でも、伊丹に10時45分に着いたとして、関空までって2時間じゃつきそうもないよね、よくわかんないけど。それより関空に12時45分なら、もし出発が少し遅れれば間に合うかもしれない。ありがちなことだし。結局伊丹行きには乗らず関空行きのチケットを買ってしまう。

「着陸ライトの交換のため10分ほど出発が遅れます」関空行きの座席に座って待っていると機内放送がある。で、実際は25分遅れ。ありがちなことだ。

関空へ着陸したときには13時をまわっていた。ここはすっきりと一直線に出発ゲートが並んでいるので、滑走路から駐機している飛行機が殆どすべて見える。窓から探した。一番端にロイヤルネパール航空が停まっている気がする。国内線の2階から国際線出発の4階まであがると、ボードで探す。カトマンドゥ行き。無い。

ふ〜ん、両替所が3カ所もあるのか。空港使用料は2650円、高いな。でもこの空港ってすっきりした構造していてわかりやすい。たしか外国の著名な建築家の設計だったよね。忘れたけど。関西空港の案内パンフを見ながらふらふらしていた。ええと、空港へのアクセスは、へっ難波から30分なの!伊丹空港から難波までだって30分くらいじゃなかったっけ。

初めて乗るラピート号。そう、あの紺色で窓が丸くてアールデコしている南海電車だ。ちょっと大げさだと思うけれども、室内のオレンジ調はしゃれている。とにかく大阪市内まで行って旅行会社を探すことにした。カトマンドゥへの直行便は週2便、日曜と水曜。今持っている往復チケットはFixチケットなので出発変更やキャンセルは出来ない。あらたに片道のチケットを買うつもりだ。なんとか水曜の便には乗ろう。

日曜にしても難波って人の多いところだ。何処に何があるのか見当も付かない。電話ボックスに入り電話帳で近くの旅行会社を探す。JTBがあった。片道チケットの値段を聞くと往復の8割近くもする。しかも今日は日曜なので予約が出来ない。もう一度電話のあるところで会社を捜し、今度は安そうで信頼有りそうな所を勘で3軒選び手帳にメモする。電話してみるが皆休みだ。日曜はダメらしい。

それにしてもスパゲッティーミートソースになんで醤油が付いてくるんだ。あ、ウスターソースね。でも変だなー。粉チーズにタバスコという不文律はここでは通用しない。しっかし今、難波の喫茶店で大阪の地図広げて見てるなんて、なんなんだろうなあ。

今日は大阪泊り。

(C) Toshiyuki Mori,1998,2000,2002