旅行会社4月13日

9時過ぎにはホテルを出て、何処かでモーニングでも食べながら旅行会社の始まる10時を待つことにした。偶然選んだホテルだったが、ちょうど川を挟んで道頓堀の繁華街のすぐ裏手だった。昨日は全く気づかなかった。千日前ってのはあったけど。どうも位置関係がはっきりしない。道頓堀の喫茶店にはいるが、モーニングメニューはなく、トーストとアイスコーヒーで1000円近くもする。さすが繁華街は高い。店を出るときに店中のウエイトレスが入り口に並び「ありがとうございました」と頭を下げたのには驚く。それなりのサービスってことね。ピンクの制服も可愛く見える。

旅行会社へ電話する。1軒目JTBより高い。2軒目明後日の出発だから通常料金、片道17万。冗談じゃないよ。3軒目ここは安い。と言っても往復の半額ってわけには行かないが。愛想のない事務的な女性の声だが、Tさんという名前を確認し、これからすぐ向かう旨伝える。

地図と磁石を頼りに心斎橋にある会社に向かう。ここですでに小型方位磁石が役に立っている。小さい貸しビルの4階にあり、パーテーションで受け付けの向こうは見えないが、おそらく社員も4人位のごく小さいところだろう。Tさんは思っていたより若い。20代後半か。背が高くてがっしりしていて頼りになりそうだ。チケットはすぐに予約が取れた。ただし明日の夕方にここで手渡されることになる。住所を書いていると「横浜の方ですか。でもなぜここに」「じつは昨日乗り損なったんですよ」「うっ、は、はははははほほほほ」うけてしまった。「こっちまでは来たんですけど」「あ、あぁ、そうなんですかぁ。それは大変でしたね」こう単純に笑われると、かえって心地よい。「今度旅行するときは、こちらに頼みますよ」

明日の夕方まではフリーになった。たしか東山さんが寺町に骨董屋が多いって言ってた。でも大阪をうろついているだけももったいないな。歩いているうちに近鉄の日本橋駅にたどり着く。近鉄と言えば、奈良。奈良に行くことにしよう。

5年前の記憶では西大寺駅で乗り換えだったはず。行きたいのは唐招提寺。瓶のコーヒー牛乳を飲みながらホームの売店のおばちゃんに確認する。おっと、このスタイルっておじさんぽい。西の京駅は小さく質素な駅だが唐招提寺と薬師寺にごく近い。両方とも5年前に行きそびれた寺なのだ。先に唐招提寺に向かう。天気が良く歩くと汗をかく。途中のそばや兼みやげ物店で冷やしとろろそばを食べる。

唐招提寺は天平時代の金堂と講堂を中心にして、落ちついた美しい寺だ。6、7人のおじさんおばさん達がガイドの説明を聞きながら仏像を見ている。左の千手観音の手が997本しかない、というのは聞き得か。でも彼らは拝むことをすっかり忘れている。信心深くなくてもいいが、お寺めぐりのスタイルってものがあると思う。その点、修学旅行らしき女子中学生3人づれは心得ている。意外と仏像にも詳しい。

裏手の方に登っていくと鑑真大和尚御影堂があるが、有名な鑑真和尚像は年に一回しか拝むことが出来ない。寺の庭はよく手入れされていて、木漏れ日の中涼しい風が心地よい。金堂の石段に座ってしばらく休憩する。

薬師寺は中学の修学旅行以来、なんと20年ぶりだ。当時は東塔が一つだけで、仏足石とお坊さんの面白い話が印象的だった。今とは偉い違いだ。唐招提寺方面からは薬師寺の裏口からはいることになる。順路もそうなっているが、ぐるっと回廊を回り込んで正面から入ることにする。中門の外から新旧二つの塔を見比べると、新しい西塔の方が高く見える。どうしてだろう。ちょうど寺務所のおじさんが通りかかったので聞いてみると「1.5m高く作ってあります。1200年たつと同じ高さになるようにね」ふ〜ん。骨組みが落ちつくからかな。実際に門の中にはいると、西塔は1.5mほどの石の台座の上に立っている。東塔にはないから台座の分高いようなのだ。1200年て何の話だろう。

金堂にはいると、ちょうどお坊さんの説法が始まるところだった。どこかの団体に混じって運良く聞くことが出来た。「奈良の3大寺と言われていますが、建物で有名なのが法隆寺、仏像で有名なのが東大寺、そしてお坊さんが良くて有名なのが薬師寺です」人は違うが薬師寺の名調子は健在だ。「お坊さんが勉強するためのお寺ですから、お墓が無く葬式もしません。もしお坊さんが亡くなったらよそのお寺で供養して貰います」へええ。本尊の薬師様と脇侍の日光菩薩、月光菩薩の解説を初め、一通りの解説と法話が終わったのは30分後くらいだろうか。面白いので短く感じる。般若心経の写経を金堂の天井上のスペースに置いて永久保存して貰えるという事を聞き、そのためのセットを購入してしまった。般若心経本文とそれを写すための和紙が折れないように紙の筒に巻かれているもので、長さは20cmほど。永久という言葉に強く惹かれた。でもこれネパールに持ってくんだよ。やれやれ。

門の外の庭園のような部分を歩いているうちに気がつく。あの西塔の台座が沈むのかな。1200年たつと、塔の重さで。東塔の方はすでに沈んで見えなくなってるってことか。突然納得できた。

さて、もう一カ所行きたいところが有る。飛鳥だ。行けば宿は何とかなるだろう。橿原の駅で乗り換えるのだが、駅構内に観光案内所があるので立ち寄る。地図が必要だ。感じのいい女性が応対してくれた。ついでに飛鳥の宿についても聞いてみる。民宿があるそうだ。時刻は4時すぎ。今からでも夕食の用意できるところを探して貰う。

飛鳥駅に着くとあたりは暗くなり始めていた。駅前にどんとあったはずのレンタサイクルセンターがない。思い違いだろうか。「ずうっと道なりに進んで最初の三叉路の白い家」ふむ、白い家ね。確かに白い家だ。白い土塀に囲まれたかなり大きな旧家だ。母屋と別に民宿用に2棟あって、手前の棟に案内される。6畳間が多分3部屋と洗面所と風呂場がついている。風呂は狭いが新しくて清潔だ。最近民宿には泊まってないが、かなりレベルは高いと思う。そこには若者がもうひとり泊まるらしい。

ひと風呂浴びると夕食になる。母屋の大きなテーブルをかこむ。例の若者と60過ぎのおじさんが二人。「今日は暑いですね」前に座ったおじさんに話しかけた。このひとは元開業医で、さっさとリタイアしてひとり旅を楽しんでいる。飛鳥には先月末から2週間近く滞在しているそうだ。飛鳥のおどろおどろしい昔の物語に興味があるそうだ。わたしも何冊か本は読んでいるし、祟りや首塚の話をしてもりあがる。飛鳥にある蘇我入鹿の首塚は、なんで、ってくらいにそっけなく、畑の真ん中に石が数個積み上げてあるだけなのだ。「平将門の首塚が東京の大手町に今もあるんですが、明治になってから大蔵省を建てるために移動しようとしたんです。そしたら、その祟りがあって何人も怪我をしたものだから、とうとう移動することはできなかったんです」こういう話は得意なのだ。

料理は鮭の切り身に刺身、てんぷら、煮物、漬け物と目新しくはないが、とてもおいしい。結局若者と白髪のおじさんは先に部屋へ戻ってしまったが、このおじさんとは2時間くらい話したろうか。「この歳になると国内のひとり旅くらいの緊張感がちょうどいいんです」たしかに、宿も決めていないネパールのひとり旅、結構緊張感はある。

人との出会いが新鮮だ。順調にいっていたら会わなかったはずの人たち。この旅のテーマは「出会い」にしようかな、などと思う。

(C) Toshiyuki Mori,1998,2000,2002