霧雨4月14日

夕べはかなり雨が降ったようだ。朝になっても霧雨のような細かい雨が降っている。おじさんとは朝食時に別れの挨拶をする。宿を出たのは9時頃。サイクリング日和ではなく、歩いて巡ることにした。まだ古墳を見たことがない。まず天武・持統天皇陵に行く。丘を登ると鳥居があって、中に入れないように柵があって、ただそれだけ。見応えのあるものを想像していたので気が抜ける。そこからは高松塚古墳へ向かう山道を選ぶ。誰もいない。雨はやんだようだが、雲の中にいるように湿度が高い。手に持っている地図もしおれてくる。途中に中尾山古墳があるがそこも石碑があるくらい。古墳に何か求めすぎていたようだ。少し下ると開けた場所に出る。丘の谷間に芝生が敷き詰められている。もとは水田だったに違いなく、とても平らだ。このあたりには丘が多く、ひとを暖かく包み込むような穏やかな雰囲気を持っている。

高松塚壁画館には古墳の壁画の精巧な模写があり、それも石の上に描かれている。描かれた当時の状態に可能な限り復元した絵もある。とても楽しそうな印象の絵だ。高松塚古墳そのものは、完全な空調設備に囲まれた上で土がかぶせてあり中を見ることは出来ない。想像よりもこじんまりとした塚だ。雨が降ってくる。

古墳
(Photo: れんげ草の咲く畑越しに見る古墳)

キトラ古墳を目指して天武天皇陵の脇を進み丘を下る。一帯は田畑で、稲の苗と、一面に蓮華草の花の咲く農道を歩く。30分も歩いただろうか、なかなか着かない。途中道を間違えていてずいぶん時間がかかった。キトラ古墳は農道の脇の斜面に突然現れる。下から3m位まで長い芝が植えてあり、回りを竹の柵で囲まれている。そこには壁画の写真と説明がぶら下がっている。上方の入り口らしきところは竹で足場が組んであるが、黒いビニールシートで塞がれている。誰もいない。缶ジュースの自販機と丸太で作ったベンチが2組。そこにずっと座っていても何も始まらない。

猿石がふたつ
(Photo: ひっそりと猿石)

飛鳥駅前に着く頃には空が明るくなってきている。雲が流れていく。自転車を借りることにした。前の篭にショルダーバッグで背中にはリュック。軽快にとは行かないが、さすが自転車は速い。欽明天皇陵で初めて教科書に出てきたような堀のある前方後円墳に巡り会った。そう、ぜんぽうこうえんふん。猿石というのを探していたら、謎のおじさんが「ここですよ」と教えてくれる。観光客には見えないし地元風でもない。鬼の雪隠といわれる石をみていると、またさっきのおじさんに会う。最近近所に越してきて、当分仕事も休みなので散歩しているそうだ。次の古墳まで自転車を押すことになる。天武・持統天皇陵。ちょうど一回りだ。ここおじさんと別れ甘樫丘へむかう。

5年前、蘇我入鹿の首塚の前で感慨に耽っていたとき、向こう側の丘の上に人影が見えていたのを覚えている。それが甘樫丘だった。自転車でなければ丘の上に向かって散策道があるのだが、展望台に一番近い登り口まで自転車で進む。下の駐輪場に自転車を置きかなり急な石段を上る。2時間も歩いたし、荷物が重いのもあるが、途中で息切れするのは体力がないからだろう。困ったもんだ。展望台といっても石のベンチがあって回りが見渡せるようになっているだけだ。小学生の団体がいて先生に説明を受けている。ここからは大和三山、といっても大きめの丘なのだが、を見ることが出来る。橿原方面は市街地で意外に住宅地も多い。反対側には首塚もその向こうの飛鳥寺も見える。中年の夫婦に首塚の場所を聞かれる。やはり想像と違うらしくなかなか見つけてくれない。「その向こうの飛鳥寺の大仏はなかなか良いですよ。お坊さんが説明してくれるし」首塚も悪くない。

男女の像の噴水
(Photo: 男女が抱きあう石像・レプリカ)

奈良国立文化財研究所飛鳥資料館は民宿のおばさんお奨めの場所だ。先に向かい側のレストランで食事をする。カレーライスにアイスコーヒー。何処かでも食べたね。強い雨が降ってきた。資料館の庭には猿石や石人像のレプリカが置いてある。花崗岩だ。これって何百年かしたら本物と見分けがつかない。二人抱き合って口から水を吹き出している像もある。

抱き合っていたのもレプリカだった。男女が抱き合っているそうだ。しかもオリジナルもちゃんと噴水だった。ダンスにしては足が絡まってるし。面白い。山田寺という日本最古の寺の回廊の木材がそっくり出土して、それを復元したものがこの資料館にある。ニュースになっていたので覚えがある。一部屋そっくり充てられていて、回廊の長さは20mほど。鉄骨で組んだ外枠を支えに綺麗に組まれている。水分を樹脂と入れ替えていて、もはや木とは言えないのだが、それでもその存在感が訴えてくる。年月の長さが不思議に心に響いてくる。

資料館を出ると雨はやんでいた。一気に橿原駅に向かう。ここのレンタサイクルセンターに乗り捨てればいいのだ。難波に戻ってくるとホテルを探した。日本橋って言うのはあの電気街の日本橋だろうが、ここらへんはいろんな街が隣り合っている。東京は秋葉原と浅草だってかなり離れているのに。

ホテルにチェックインしてシャワーを浴びると、もう5時半になっている。旅行会社に電話する。まだチケットを持った人が戻っていない。結局6時半近くになって帰ってきた。旅行会社に行くとTさんがにこにこチケットを手渡してくれる。「今度こそ乗り損なわないでくださいね」「こんどはね」安心感とともに今日一日の疲労感がおそってくる。言葉少なにそこを出る。

帰り道、床屋に行くことにした。ビルの地下。もう7時近いので客はほかにいない。椅子に座るときに靴を脱いだり、頭を洗った後で自分で顔を拭くのは不思議だ。これが関西式なのか?この店のローカルルールなのか?電気式の強力マッサージのおかげで少し元気が出た。明日はいよいよ出発だ。早く寝よう。

(C) Toshiyuki Mori,1998,2000,2002