フィッシュテイル4月17日

朝、5時前には目が覚める。でも体がだるい。5時半過ぎて起きあがり、シャワーを浴びて荷物をまとめる。思いの外時間がかかり、下に降りたのは6時10分過ぎ。きょうはポカラへ行くので6時半には出発なのだ。7時のバスに乗る。フロントには2人の日本人の若者がいる。一緒に行くらしい。それからガイド。長い髪を後ろで縛り、見かけはチベット系だ。つまりモンゴロイド。戻って来るつもりだけれどチェックアウトになる。手持ちのルピーとドル現金をそっくり払ってしまう。どうせすべての料金は前払いしてあるからポカラでは不自由しない。

ホテルを出ると丁度スタッフの友人が車で通りかかり、バス停まで乗せてってくれる。座席はバスの最後尾。ちょっとまずいんじゃない。揺れるよきっと。日本人2人は同じく2日泊まっていたそうだ。全然会わなかった。彼らはポカラへ行くだけで、ツアーを組んではいない。ガイドはわたし専属なのだ。名前はDさん。歳はよく分からない。若そうだけど。

バスは7時過ぎに出発する。ヨーロッパ人が多い。多分日本人はわれわれ3人だけ。斜め前には子供づれのアジア人。わたしは右の窓際でとなりにDさん。日本語が少し話せる。街中を抜けると直ぐに山道になる。といっても舗装されているので思っていたほど揺れない。牛に引かせた車が通る。すぐに人も家も少なくなる。道は新緑の山々の間を縫うように延びている。トラックやバスがかなりのスピードで追い越して行く。追い越すバスには人が大勢乗っている。

このバスはツーリストバスらしく、比べてみればきれいだし、遅いのも安全運転なのだろう。前の席から紙が回ってくる。パスポート番号や国名を記入するものだ。前に座った2人づれの女性はドイツ人だ。

山の中腹辺りから下は段々畑になっている。かなり急な斜面にあるので幅1mもないくらいで段になっていたりする。見える山はまだあまり高くない。といってもここらの標高は1400mのカトマンドゥより高いはずだ。

ガイドのDさんは口に出来物があるらしく、あまり喋りたがらない。「ちょとすみません。ホントはもっと日本語できます」喋ると痛そうだ。込み入った話は英語になる。

2時間ほど走ると休憩になる。道端にちょっとした小屋があり、その前がささやかな駐車場になっていてバスが2台ほど停まっている。小屋には入り口近くに5、6種の料理が盛られた大皿と、粥のような物の大鍋がある。食べたい物をステンレスの仕切の付いた皿に入れてもらう仕組み。腹がすごく減っている。粥と煮豆とポテトカリーと春巻きみたいのとチャパティ。Dさんがあきれる。小屋は片側が開け放たれた構造をしていて、中にテーブルが並んでいる。外を見ながら食べる事になる。粥はココナツミルクで煮た米で、甘いがとてつもなくおいしい。ふと見ると、向かいに座ったDさんはお茶しか飲んでいない。「食べないんですか」「いいの」何でこんなにおいしいんだろう。そういや夕べ食べていなかった。山盛りの料理を平らげた。

バスはまた山道を進む。といっても上がり下がりはあまりない。腹がふくれたらお喋りになる。日本語とむちゃくちゃな英語で、かなり一方的にDさんに話しかける。自分でも変な英語なのはわかるけど、喋らないのはもったいない。昨日の体験や、日本のことなど色々話す。前の席のドイツ人が笑っている。ほんとに変な英語喋ってる。

11時にはムグリンという街に着く。ここは街道から大きな橋で川を越したところにあって、2階建ての建物が立ち並び、その前がバスやトラックの駐車場になっている。大きなドライブインといった風情だ。なんと、ここでもう昼食になる。バスが止まった前のレストランに皆入っていく。ダルバートという定食の専門店らしい。ステンレスの皿に大盛りのご飯、茶碗3杯分はありそう、野菜の煮物、かぶのお新香のようなもの、それにボールに入った緑のスープがでる。そのスープはご飯にかけて食べる。さすがに腹が全然空いていない。といっても残すのは悪いので、少し無理して詰め込む。さっき加減しとくんだった。定食はなんでもお代わり自由らしい。外国人にはちゃんとスプーンが出るけれど、Dさんは手で食べている。ご飯とスープと野菜をお代わりしている。ステンレスのコップに口いっぱいの水が出てくるが、生水を飲むわけにいかない。「何か飲みますか」「スプライトがいいな」頼んでくれる。「後でわたしに払ってください」こういう物は別料金らしい。

バスに戻ると2人の日本人と話をする。「あのホテル幾らでした」む、安い。やっぱり失敗したか。値切らないとね。

ここからしばらく右手に100mくらい下に川を見おろしながら進む。かなり大きな川だ。両岸の岩の間を薄緑色の水が流れている。滔々と。水量が多く流れも速そうだ。「ラフティングが見れます」ラフティングとはゴムボートでの川下りのこと。インディージョーンズの2作目かな、全くあんな感じ。やってるやってる。実際に人が居ると風景のスケールの大きさが伝わってくる。川の曲がり角、砂浜になったところにテントも見える。グレーのテントが6つくらいある。今度来たらやってみたい。

ドゥムレという街は通り過ぎただけだが、Dさんの実家がある。「あそこ。あの山の3軒家が並んでいるのがわたしの家」Dさんは独身でひとりカトマンドゥに住んでいる。ガイドのライセンス証も見せてくれる。「ははは、変だよこの写真」「似てない」「というより、恐い顔してる」「ははは」パンチパーマみたいだ。

ここを過ぎると未舗装路になった。結構揺れる。とはいえ天井に頭はぶつけない。とばしている一般バスならどうだかわからないが。

今度の休憩所は飲み物とお菓子くらいしか置いてない、小さいところ。持参したオレンジ色の携帯灰皿を使っていると、珍しそうに覗きに来る人が居る。「灰皿だよ。きれいにしなくちゃ」ふつうネパール人は吸いがらはそこらに捨ててしまうらしいが、そういわれてその人はちゃんとゴミ箱に捨てた。「グリーンピースじゃないの」違うってば。

ダウマリに着くとバスの1/3くらいの人が降りる。ここからもトレッキングコースがある。飾り付けをした車を中心に2列に並んだ人々が通る。先頭には直径1mくらいの半円に曲がったラッパを吹いている人が2人。「結婚式です」「うん」

「ほら」「あっ」山があって、空があって、その上? 白く見えるはヒマラヤだ!「フィッシュテイルです。ちょうど魚の尻尾の様でしょ」「その横がアンナプルナサードとセカンド」おおおおお、これがっ。まるでラピュタみたく空に浮かんで見える。憧れ憧れ、この時をずっと待っていたような気がする。夢にまで見たヒマラヤ。

ポカラに着いたのは2時半頃、他のバスの人と待ち合わせだという2人の日本人とは別れ、タクシーで宿に向かう。ここのタクシーがまた古い。日本のカローラなんだが30年くらい前のタイプ。どのタクシーも同じ。ホテルはこじんまりしたもので、2階建て、ずっと奥の方の中庭の向こう、階段を上った2階の部屋に案内される。ここは広い。卓球でも楽に出来そうだ。しかし鍵はドア内蔵ではなく、外から大きな南京錠で止めるもの。内側からは木の棒を横にわたしてロックする。バスルームは洋式でシャワーのみ。床はコンクリートだ。窓から見えるのは隣の家。

Dさんは常連らしく、ホテルの人と仲良く話している。「ちょっと出かけてきます」「ガイドがいなくても平気なの」と宿のおばさん。この人サリーを着て太った良いおかあさんて感じ。「平気です。地図とコンパスがあるし」「これ持ってらっしゃい」名刺を渡される。

地図で見るとペワ湖は直ぐそば、近くに銀行もある。まずは銀行に行くことにする。ホテル前の通りは幅10mほど、真ん中だけ舗装してあり、奥まって店が並んでいる。服を売る店が多い。それからお菓子屋、レストラン。少し行くと4叉路で左に曲がると銀行があった。なかは5、6の窓口があるが、1つを残して皆閉まっている。そこには7、8人のヨーロッパ人が並んでいる。パスポート番号などの記入用紙があり、それに書き込み並ぶが10分以上待たされた。「TC20ドル両替お願いします」「えっ、最低200ドルだよ」ありゃま。そんな大金いらない。

しかたなくそこを出て他を探す。手頃な両替屋があった。カウンターにはおばさん1人。「40ドルにしない。手数料同じだし」「じゃあ40で」「千、2千、1、2、3、4、5百、十、2十と2」ちょ、ちょっと待って。そんなに速く出されても確認できない。ゆっくりと自分で数え直す。「いーち、にーい、、」「さん、し」日本語!でもよけいなこと言わないで、もう。おばさん笑ってる。

街にはヨーロッパ人ばかり歩いている。地元の人が殆どいない。さすが観光地。湖には少し張り出して展望台のような物がある。少し高くなっていて階段で上る。コンクリート製で5m四方くらい。鉄柵が囲んでいる。ネパール人が話しかけてくる。「日本人ですか」「そう」そのままそこにならんで腰を下ろす。天気が良くかといって暑くもない。湖はかなり広い。芦ノ湖くらい有りそうだ。回りは全部山。日が傾きかけている。岸には貸しボートがならんでいる。静かだ。

「わたしガイドやってます」「ふ〜ん」とくに商売っけもないのでいやじゃない。湖を見ながらカトマンドゥの話やポカラの話をする。「きのうは疲れたんだ。自転車で見て廻ってたから。だから今日はもうのんびりするのが一番なんだ」「もうふらふらになってね。まるで牛状態だった」「はははは」受けた。ネパール人にも冗談が通じてうれしい。しかも英語で。靴も脱いでしまう。「ネパール人も家では靴脱ぐよ」と彼も脱ぐ。

ぼーとしている。アメリカ人の若者がやってくる。疲れた顔してる。というより話しかけられたくないのかな。みなでぼーとする。太陽が向こう岸の山に近づいていく。人が増えてきた。4、5人の女性ばかりのグループが来る。きゃっきゃいって楽しそうだ。チマチョゴリの様な物を着ている。「どこの人?」「彼女たちはチベット人」

日没までいるつもりだったが、雲で隠れてしまった。「わたしの家は直ぐそこのレストランだから、お茶飲んでいって」お言葉に甘えて寄ることにした。すると、なんだか地図を出してきた。ビジネスを始めたいらしい。で、飲み終わると早々に退散する。

トレッキングには帽子が必要だと言われたので買うことにする。あのブッダの目が刺繍してあるような派手な物ばかりだ。「もっと単純なのないの」やっと出てきた白い帽子。250ルピーと言われたが、150に値切る。「150で仕入れてるんだから170でなくちゃ」とは言うものの、不満な顔してたら150になった。

宿は、入ってすぐが食堂になっていて大きなテレビも置いてある。インドの映画をやっている。Dさんはすでにヌードルスープなるものを食べている。どうも口の調子が悪くて固い物はダメらしい。「何食べますか。好きな物選んでください」メニューを持ってきて貰う。オニオンスープとよくわからないが薄いパンのような物を注文する。と、出てきたのは固くて甘い、乾パンを大きくしたような丸い物。まいった。でもゆっくりと全部食べる。

サリーを着た宿のお姉さんがすごく美人だ。4才くらいのテレビを見ている子供を何事かしかっている。母親だろうか。

「あの人日本人ね」ちょうど帰ってきた若い女性。Dさんチェックが早い。「日本人同士仲良くなるといいね」ふむ。グループでヨーロッパ人も沢山来る。

部屋に戻り電気を消すとギターが聞こえてくる。誰かが歌ってる。「ミッシェル」ヒッピーの聖地だったころのネパール。

(C) Toshiyuki Mori,1998,2000,2002