踊るジャパニ4月18日

朝、中庭のテーブルでDさんが待っていた。ここで食事をすることにする。夕べおいしそうだったのでヌードルスープを頼む。ヌードルは日本の素麺のようなもの、それのトマト味。それからムスリというナッツ類を砕いた食材にミルクをかけたもの。ピーナツと胡桃とレーズンなど色々入っている。いける。もちろんネパールティーも忘れない。

体格が良いと言われたので、昔空手をやっていたからと答える。「でもこの腹はビールで出来てるけど」「ははは」冗談が冴えてきたぞ。Dさんはボクシングをやっていたそうだ。形が決まってる。Dさんはその場で着替え始める。グレーのTシャツに迷彩模様のパンツ。リュックは本格的に大きい。

9時にホテルを出発する。いよいよトレッキングの開始だ。今日はダンプスまで行く。麓のフェディまではタクシーに乗る。真っ直ぐな田圃の中の道。舗装路の両脇は1mくらいずつ土のまま。裸足で人が歩いている。土の上の方が歩きやすいのだ。

30分ほどで到着。小屋がありミネラルウォーターや杖を売りに来る。Dさんはなじみらしいが、買えとも買うなとも言わない。「ゴッドハンドね」杖はいらないぞ。Dさんに着いていくと、小屋の裏薪置き場のような部分が登山道の入り口だった。いきなり急な石段が始まる。石段と言っても厚さ5cmほどの自然石を並べてあるだけ。うっかり踏み外すと危ない。手すりも当然無し。3分とたたずに足に来た。きつい。自転車での疲れがたまっているようだ。

休み休み登るしかできない。「この上に行けば休憩所があります」上ってどこ。ゴッドハンドがほしい。ふう。上から降りてくるヨーロッパ人の団体。「ナマステ」下るのは楽そうだ。はあ。

30分ほど登ると石垣が見えてきた。あの上が休憩所だろうか。手前に分かれ道がある。足下の石の上に朱色のペンキで矢印と行き先が書いてある。うっかりすると見過ごしそうだ。休憩所は石のベンチに木のテーブルがあり、飲み物も売っている。土産物を地べたに広げた人もいる。アクセサリーやマニ車等、金属ものだ。ちょうど日本人の4人連れが下りてきた。土産物を覗いている。「これ幾ら」「たかーい」「昨日見たのはもっと安かったよ」熱心なのは女性のほう。連れの男性の方はあまり興味なさそう。わたしは日本人でない振りをしよう。

その上はなだらかになり、畑の間を歩く。民家もちらほらある。子供たちが道で遊んでる。「ハロー」「ナマステ」口々に呼びかけてくる。この道は生活道路なのだ。村を抜けるとまた急な坂。行き止まりのように石を積み上げた柵がある。脇の方に越えるための段がある。「牛が通らないようにしてます」放し飼いの牛用だった。Dさんは、さすがにプロのガイドで、先を歩きながらもこちらの調子に合わせてくれる。足を踏み外しそうになると後ろに廻ってくれた。

石を積んで段にし、その上に大きな菩提樹が枝を広げている。チョウタラという、昔ながらの休憩所だ。石段は背中に背負った荷物を置くのにちょうど良い。菩提樹は植えてから何年も何十年もたつとちょうど良い日陰を作ってくれるのだ。ちょうどDさんの知り合いが通りかかる。3人でしばらく休む。タバコと喉飴を勧める。靴を脱いで石の上に足を置くと汗で跡が付く。日に当てると直ぐ乾いていく。風が心地よい。この辺りは石が豊富で薄く割れやすく加工が簡単なのだろう。道には石が敷かれているし、その両脇も石で柵になっている。地元のおばちゃんがやってくる。大きな荷物を帯状の紐を額にかけて頭でささえて背負っている。ちょっと休むと直ぐに下りていく。

きらきら岩が光っている。「銀?」「そう」そうかな。こんなに沢山あっていいのかな。パイのように薄くはがれる。違うよきっと。森の風景は日本で見るのとあまり変わらない。植生が近いのだろう。頂上付近に村がある。ここがそうかな。「もう少し先です」ちょうど峰のような部分に道があり、両脇に家がある。レストランもある。きれいな村だ。石畳の道にはゴミ一つ落ちていない。おじさんが何事か怒っている。もう一人のおじさんに向かって盛んにまくし立てている。数人が回りを取り囲んで聞いている。ジャパニって言わなかったかな。日本人が何か関係あるのだろうか。柵の中に茶色の牛がいる。目があった。愛嬌がある奴だ。

見晴らしの良い芝生の空き地があり、子供たちが輪になって座り、トランプで遊んでいる。その脇に腰を下ろす。その空き地の先は急に落ち込んでいて遥か下の方まで見渡せる。有刺鉄線は牛が落ちないためだろう。端の方にお菓子などのビニールのゴミが少し吹き寄せられている。こういうところの生活で、たいていのゴミは自然に帰ってしまえば汚くない。プラスチックはどうにも始末が悪い。

寝ころんで空を見渡す。こういうところで、こんなにのんびりした気分になれるなんて、幸せなことだ。

頭の方で声がしてきた。そこには5mほどの木の丸木が数本と、電線のようなものが転がしてある。邪魔になるといけない。出発しよう。もう殆ど登りはない。霧が出てきた。左には山の木々、右には家がありその先は畑だ。杖をついて観光客らしきおばあさんがいる。ネパール人と話している。「ガイドしましょうか」「大丈夫よ、こう見えても慣れているんだから」

着いたのは2階建ての木造のホテル。そう、名前はちゃんとホテルなのだ。道から入るとテラスのようにテーブルが並び、中にも木のテーブルが沢山ある。「何か食べましょう」メニューもある。ダルバートを注文する。ここのお姉さんもDさんとは知り合い。とてもかわいらしい。さすがに英語は話さない。さっきのおばあさんもやってきて、テラスで食事を始める。レストラン兼ホテルってことだ。不思議なのは手で食べるDさん。皿もきれいに平らげるのだが、最後に手はどうしてるんだろう。謎。

泊まるのは2階。廊下の木の床には隙間があって下が見える。作りがかなり大ざっぱだ。部屋にはツインのベッドがあり、枕カバーには蝶の刺繍がしてある。窓は真ん中は填め殺しのガラス。両側が木の扉。涼しい風が入ってくる。向こうに山々が見渡せる。方角的に晴れていればヒマラヤが見えるはず。今は霧の中だ。

結局休み休みてくてく歩いてきて3時間ほどのトレッキングだった。これくらいでちょうどいい。今日はもうのんびりしていればいい。絵葉書でも書こう。

部屋の窓から近くの山が見える
(Photo: ホテルの部屋からの眺め)

よせばいいのにトレッキングをすることにして、今はカトマンドゥからバスで7時間半のポカラから少し登ったダンプスにいます。きのうは街からもアンナプルナがきれいに見えていましたが、今は夕立のような雨が降っています。滞在しているのはホテルとは名ばかりの小屋ですが、個室だから十分でしょう。とても静かなところです。では、また。

強い雨が降ってきた。で、雨に降られたのか、かなりの人数がこのホテルに入ってきたようだ。両隣の部屋にも人が来た。言葉からしてドイツ人だろう。とても騒がしい。

うとうとと眠っていたようだ。雨はまだ降っている。ドイツ人たちも部屋で昼寝しているようでおとなしくなった。下におりてみる。ドイツ人のお姉さんがストレッチをしている。相棒にもうひとり女性。ガイドのネパール人たちと大きな声で話している。こちらは少し離れたテーブルでタバコを吸う。その2人は声を揃えて歌い始める。オーソレミオのメロディーで。「アイスクリーム食べた〜い。イタ〜リアの」「メニューにありますよ」「ほんとー」「たべよたべよ」すごく陽気な人たちだ。

なんかちょっと仲間に入りづらいので、また2階にあがる。外をただ眺めているだけでも気持ちいい。

薄暗くなってきたので再び下におりる。すでに食事の時間らしい。大勢のヨーロッパ人がテーブルに着いている。Dさんの前に腰を下ろす。このテーブルはネパール人ばかり。ガイドやポーターの人たちだ。「なにしてたんです。もう食事ですよ」とDさん。

宿のお姉さんがトーチランプを持ってきた。すごく明るい。食堂の真ん中の柱に掛けると、それだけで充分だ。電気は無いのだ。奥の方にはドイツ人の団体が10人ほど、結構年輩の人達だ。一人若いきれいな人がいる。それからさっきの陽気なお姉さんたち。若い男性2人づれ。どうやらドイツ人ではなさそうだ。立体五目並べをしている。見ているとお姉さんの方と目があった。にっこり挨拶。

宿の主人だろうか、ネパール人だが見かけはイタリア人のようないい男。「アンナプルナ・ベースキャンプまでのトレッキングはすばらしいですよ。今度ぜひどうぞ」体力があれば行きたいところだ。「Dさんは優秀なガイドだから、彼と行けばいい」やっぱりDさん。ただ者ではない。「写真いいですか」と陽気なお姉さんの片方。「いいですよ」カメラを受け取り撮ってあげようとする。「あなたの写真ですよ」えっ。わたしを撮ってどうするの。ま、いいか。アルバムに「変な日本人」とかってキャプション入れないでよ。Dさんが冷やかす。

しばらくして、歌と踊りが始まる。ちょうど良い空間があるのだ。宿のお姉さんが歌い、いい男のネパール人が踊り出す。Dさんも実は踊りがうまい。「チキンダンス」と自称しているが、手を鳥の翼のように動かし、とても表情がいい。「レッサンピリリー、レッサンピリリー、サムタイムトレッキン、サムタイムドリンキン、レッサンピリリー」

お客も皆手拍子を打ち盛り上がる。例の2人連れお姉さん達はもう最高に陽気に茶々を入れる。宿のお姉さんは歌がうまい。レパートリーもかなりある。踊るのはもっぱら男達。独特のステップと独特の手の動き。と、突然わたしが連れ出される。「わたしが教えますから、その通り踊ってください」う〜む。誘われちゃいやといえない、体育会系のわたし。やんやと喝采を浴びて登場するハメになる。うまく踊れた。ことにしよう。しっかし、たった一人の日本人。こんなんでいいのか。

ほかの客達も誘われるが、なかなか出ていかない。乗りの良いお姉さん達だって、かなり渋ったあげく、とうとうかり出される。踊りゃうまいじゃない。しまいには殆ど全員踊ることになった。で、一回りしてまたわたし。2回目ならさっきよりもっとうまいぞ。と、ここでトーチが突然消えた。燃料切れ。あらかじめ1人1本の蝋燭を渡されている。照明が暗くなったのでダンスパーティーはお開きになる。年輩の人たちは部屋に戻っていく。

トイレは外にあって少し石段を下がったところにある。ミニマグライト、持ってきて正解だった。蝋燭でもいいけどね。なにしろ真っ暗。

明日は早起きして山を見よう。

(C) Toshiyuki Mori,1998,2000,2002