雷雨4月19日

当然早起きしたのだが、窓から見えるのは雲ばかり。緑の山の向こうにあるはずなのに。おや、雲の影にしては角張ってる、ん、あそこに薄ぼんやりとあるのは、アンナプルナか。段々はっきり見えてくる。ずいぶん高い位置にある。標高1800m近いここから見上げるような角度にある。まだ雲が邪魔をしていてすっきり全部は見えない。

さて、歯磨きにトイレだ。洗面所はトイレの隣のドア。ここはシャワー室でもある。といっても冷水だけど。目の高さあたりに水道のパイプがあり、そこにちょこんと小さい蛇口がある。トイレはネパール式。床に長円形の窪みがあり、傾斜があって丸い穴へ落ちていく。どっちが前だか分からないが、たぶん直接穴に落とした方がいいのだろう。奥の蛇口の下に金属の水溜があり、そこに大きめのアルミのマグカップがかかっている。これで汲んで使うのだ。紙は流せないようだ。ドラム缶を半分に切ったようなゴミ入れがある。わたしは当然、紙方式。水で洗うとそのままパンツ履いてしまうのかな?ブツは汲んだ水で流す。

トイレとシャワー室の屋根はスレートだが、ホテル側からは簡単に上れる。傾斜があるので座るのにちょうど良い。ガイドの人や宿の人が起きてくる。「ナマステ」いつでもナマステでいいのだ。Dさんがネパールティーを飲んでいる。わたしはブラックで頼む。日が昇ってくるとフィッシュテイルも見えてきた。薄い雲が懸かってはいるが。そのまま屋根の上で朝食にオムレツを食べる。

カメラを持ち出し、記念撮影を始める。部屋から出ると夕べわたしを写したお姉さん。こんどは写す番。ガイドの人たちや宿のお姉さん。キッチンまで行って写す。いい男のネパール人はガイドだった。歌のお姉さんと仲がよい。2人を撮影。写真が出来たらDさんに送って、皆に配って貰うように約束する。

ぽつりぽつりとそれぞれ出発して行く。ドイツ人の団体の所に座っていたきれいな人はアメリカ人かな、ガイドを連れて1人で来ていたようだ。男2人はアイルランド人。陽気なお姉さん2人はイギリス人だった。Dさんはダンスがうまかったのですっかり人気者だ。

われわれも8時半には出発する。予定ではポカラに戻る日だが、Dさんと個人的に交渉して、一日延長してサランコットへ行くことになっている。サランコットはここよりポカラに近いヒマラヤの絶好のビューポイントだ。行きとは違う道を下りていく。下り坂はずいぶん楽だ。途中分かれ道も多く、Dさんも現地の人に確認したりする。簡単なトレッキングとはいえガイド無しじゃおぼつかない。できたてのチョウタラがある。まだ植えたばかりの菩提樹を牛に食われないためか丸く石で囲いをして守っている。使われるのは十年以上後なのだ。

やはり所々銀色に光った岩がある。どうやら雲母のようだ。これを砕いて溶けたガラスに入れるときらきら粒が光るきれいなガラスになる。ガラスの溶ける温度では本物の銀は溶けてしまって使えない。オパールの原石のような、乳白色の部分を含んだ岩もある。もちろん、きれいなオパールが取れる可能性はほとんどないだろう。

例の陽気な2人が後ろから追いついてきた。重い荷物はガイドに背負わせていて身軽だ。一緒に休憩する。レッサンピリリの歌を歌い出す。すごい。完璧に覚えている。「夕べ一生懸命覚えたのよ」2人は風のように石段を駆け下りていった。これもすごい。

1時間ほどでバス通りに出た。ここから上までバスで行く。歩いていってもいいのだが、体力を考えれば楽をしたい。そこにはお茶屋のような所があって、椅子を借りて座って待つ。スプライトを飲む。コカコーラとファンタとスプライトはどこにでもある。バイクに乗った観光客が登っていく。ポカラで借りたのだろう。トラックも通る。40分も待つとやっとバスが来た。青い。このバスはローカルバスらしく現地の人たちばかり乗っている。乗り込むのは運転席のすぐ後ろ左側。そうそう、言い忘れていたがネパールは左側通行だ。インドの影響だろう。運転席とは電車のように仕切がある。助手席には助手。ドアの所には車掌がいて料金の徴収をする。座ることが出来たが満員に近い。かなり登ったところで陽気な2人が休んでいるのが見える。向こうは気づいていない。

20分ほどで山の上の街に着く。ノーダラだ。賑やかなところだ。食事をしにレストランに入る。入り口上にツバメの巣があり、雛がいて親鳥が盛んに出入りして餌を運んでいる。頼んだのはダルバート定食。スープと野菜の煮付けとお新香が店によって違うのだが、構成はいつも同じ。羊の肉を炒めたものと、生タマネギのスライスを追加注文する。タマネギがおいしい。苦くなくて甘みがある。薄紫色をしている。ダルバートはさすがに飽きてきた。胃に重い。夏ばてのように食が進まない。それでも無理して詰め込む。ここにいると残すのがすごく悪い気がしてできない。チベット人だと言う男が来て土産物を買わないかと勧める。「見るだけでいいですよ」Dさんは渋い顔をしている。男が行くと「チベット人は頭がいいから気を付けないとだまされます。ここら辺の人は悪い人多い」そうかな。観光客ずれは、してるかもしれないけど。

11時に出発。ここからは僅かずつの上り坂だ。道はむき出しの赤土で石が多く雨で流れたのか所々道が削れ、埋設してある水道パイプが見える。幅はトラックが通れるくらいはある。右に山の斜面。左は畑が多い。相変わらず足が重い。リュックにショルダーバッグという変な取り合わせだが、ショルダーバッグのストラップにタオルを巻き首にかけ尻の方に回し、その上にリュックが乗るスタイルが確立した。これは存外背負いやすい。理想を言えば一回り大きなリュックと、ごくコンパクトなショルダーバッグならばよかった。

しばらく行くと溜池がある。そこで休憩。人通りもある。道沿いの家には子供が多く、われわれを発見すると「ハロー」とか「ナマステ」とか呼びかけてくる。こっちもそれに合わせて挨拶を返す。Dさんはいちいち答えない。道に牛がいる。黒くて大きな奴だ。市街にいた野良牛とは雰囲気が全然違う。とても肥えていて元気そうだ。わたしが無警戒に近づこうとするとDさんが制する。と、突然何かに驚いたように2頭の牛が走りだす。あぶない、あぶない。田舎の牛は恐ろしい。

4、5才の子供を連れたおかあさんが通る。こちらを見ると何事か子供にささやく。「ハロー」あんな小さい頃から挨拶させている。英語が出来るようになればそれだけ収入の道があるからだろうか。所々開けた場所では右手に湖が見える。ポカラのペワ湖だ。畑の中に草で出来た直径2mほど、高さ4m程の塔がある。地面からは少し浮かせている。Dさんに聞くと牛の餌だそうだ。

日本の寄付で出来たという、小学校の前に着く。そこの道端に座り、畑の方を向いて足を出す。段々畑だ。その学校の先生らしき人がノートを持って現れる。そこには沢山の名前と金額が書いてある。寄付を求めに来たらしい。とは言ってもその主旨がよく分からない。断った。Dさんも「わたしもわかりません」その先生は嫌な顔もせず立ち去る。

相変わらず民家の前の子供達の挨拶は続く。「ハロー」ばかりじゃつまらない。「こんにちは」と日本語で返す。と、「コンニチハ」知ってるじゃん。Dさん笑う。道端にヨーロッパ人のカップルが休んでいる。チョウタラのような石の段の所。「ナマステ」。

3時間くらいかかったろうか、サランコットの町に入る。道の突き当たりの少し下がったところにレストランがある。とても見晴らしのいい場所に丸いテーブルが出ている。日除けのパラソルまで付いてる。なんと、陽気な2人連れが座ってる。いつの間に。もちろん、連れのガイドもいる。「ノーダラからどれくらいかかりました」「1時間くらいかな」そ、そりゃすごい。「このためにエクササイズしてたから」鍛え方が違うってわけだ。

ここからはペワ湖がよく見える。ファンタを飲む。「どこから来たんですか」「2人ともロンドンよ」どうりで。そのべらんめい調の英語、下町の雰囲気だ。VさんにJさん。2人は会社の同僚で、イベント関係の企画をしている。写真を撮ったのはJさんのほう。ネパールで買った編み込みのバッグを持っている。店の人に針と糸を借りて直している。Vさんはカトマンドゥからさらにチベットのラサに飛ぶそうだ。うらやましい。Jさんは「お金がもうないの」「彼女は買い物しまくりだから」「ここよ」Tシャツをまくり上げ、腹に巻いた貴重品入れを見せる。気さくで話しやすい人だ。

雨が降ってくる。屋根のある所に移動。そこにもう1人女性が来る。「こんにちは」ドイツ人だ。「みんないいわね、すぐわかる場所で。わたしなんか田舎だから」たしかに言われても分からない街から来ている。本を取りだし読み出す。「なに」「7イヤーズ・イン・チベット」「それ読んだ」わたしも直前に読んだばかりだ。考えることは同じ。ネパールにチベットの影を見てくるのだろう。実際はかなり違うんだけど。Vさんは絵はがきを買ってきて書き出す。「もう何十枚も書いたわよ」

そのレストランが実は宿泊するホテルだった。2階の部屋に案内される。こじんまりした可愛い部屋だ。カーテンがピンク。窓からは湖が見おろせる。ベッドに横になると眠ってしまった。

目が覚めるともう夕方だ。下に下りるとさっきのメンバーがそのまま建物の中のテーブルにいる。ちょうど食事を始めるところだ。わたしもモモとヌードルを注文する。モモは小さい肉まんのような形、中華で言う小龍包だ。まずまず。中身はなぜか野菜とチーズ。ヌードルはカップヌードル。宿はおじさんとお兄さん。それに小さい女の子が2人。すごくかわいい。6才と8才くらいかな。愛嬌もある。

雨は土砂降りになる。雷も光出す。表の方に行き空を眺める。稲妻が走る。すごい轟き。下にはポカラの街の明かりが見える。すごく幻想的な景色だ。ドイツ人の彼女がすごく感動している。Jさんは表に向かい歌い出す。ホイットニーヒューストンかな。すごくうまい。ほれぼれするようないい声だ。

DさんのちょっとHな話もおもしろい。Dさんが日本語でわたしに話しかける。と、「Dさん日本語出来るの」「わたしの英語よりうまいかも」「すごい」。「どういうタイプが好き?」Vさんに聞かれる。そういわれても困るな。う〜ん。「髪は長い方?」「何人が好み?」「日本人がいいかな」「どうして」どうしてって言われても。「性格が合うのが一番いいよ」「そうよね」「えらい」とりとめのない話が続く。

サランコットの夜は長い。

(C) Toshiyuki Mori,1998,2000,2002